誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

査読は分野外の人にとって1つの良い目安(今のところ)

 件の関連記事とか私が書いた下記の記事に対する反応を見てちょっと考えたことを整理しておきます。

dlit.hatenablog.com

dlit.hatenablog.com

専門の論文は良し悪しを効率よく判断できる

 査読に代表されるチェック制度がない場合の困難として,論文の良し悪しが事前にある程度判断できないという点が挙げられると思います。

 もちろん内容をじっくり読まないと判断できない論文もたくさんある訳ですが,「そもそも検討に値しない」「(その分野における)学術論文の水準に達していない」ものに時間を割くのはできるだけ避けたいですよね。

 たとえば私の場合,言語学の生成文法系の論文であれば,アブスト,例文,樹形図,引用文献リストをざっと見ればそこそこの水準でフィルターをかけることができるのではないかと思います。

 でも,自分の専門から遠い研究領域の論文は言語学のものですら判断に時間がかかります。紀要論文だと一目見て「この論文を書いたのは誰だあっ!!」が頭に鳴り響くレベルでひどいものもたまーにありますけどね。

 そう考えると,査読のようなチェック制度は,その分野の研究者にとってはそれほど必要もないのに手間はやたらかかるものに感じることもある一方,分野外の人にとってはある程度ダメ論文をはじいてくれるフィルターとして助かるものだという気がします。たとえば自然言語処理(基本的に工学)の研究者が言語学の論文を探さなければならない場合とか。

 ちなみに,下記の記事で紹介している授業では最初論文はどんな媒体でもありにしていたのですが,学生があまりにアレな論文をレビュー対象にするケースがあったので現在基本的には査読付き論文誌を対象にすることにしています。

dlit.hatenadiary.com

人文系では文献を探すのも研究能力

 これも一概に言えないことだと思うのですが,人文系の少なくない分野では「探しにくい文献を探すのも研究能力の1つ」だという考え方があると思います。

 もちろん探しにくい文献を研究会や学会で他の研究者に教えてもらうこともあるわけですが,それほど知られていない論文集に掲載されている論文とか本のタイトルや目次からは分からないような一節とかを探せたり知っていることが研究能力として評価される。

 研究者同士で話をしていると「もっと分かりやすいところに書いてほしいよねー」みたいなやりとりは珍しくなくてその分野の人も実際には困っていると思うのですが,一方でこういう制度というか文化のようなものがあるので,査読誌の整備とかの優先順位が高くならない(リソースが割かれない)という側面もあるのではないかと感じます。

 でもこれもやっぱり研究分野間の交流の障壁として機能してしまうと思うのですよね。自分の専門がある人はなおさら他分野の文献探しにそれほど時間を割けないでしょうし。理想的にはまずここを探せば良いという位置付けの論文アーカイブが整備されることなんでしょうけれど,現実的には各研究テーマやトピックごとの重要文献リストを簡単にアクセスできる形で作るとかでしょうか(今でも本がその機能を果たしているよと思う人は,分野外の人がその「良い本」にどうやってたどり着けるか考えてみて下さい)。

個人サイトをたたむためにYouTuberデビューした

 ほぼここ10年近くやってないのですけれど,実はこのブログはもともと「フリースタイルフットボール」という趣味が主なコンテンツだったのです。

 フリースタイルフットボールにはサッカー・フットサル,ストリートカルチャー,フリースタイルバスケ,フットバッグ,ジャグリング,等いろいろな要素が入り込んでいて面白いのですが,かなりマイナーなジャンルだと思います。

 ものすごく雑に言うとサッカーのリフティングだけを切り出してパフォーマンスにしたもの,という感じでしょうか。


2007/04/13 Challenge

これは私が撮影して未公開のままだった10年以上前の動画です。おおスリム…しかし最初からいきなり手を使ってますね。まあ実際はかなり何でもありです。

 さて,以前は個人サイトで動画もすべて公開していたのですが,運営が面倒になったのですべてYouTubeに移すことにしました。私の動画はどちらかというと辞書的な側面が強いので知らない人は見ていてぜんぜん楽しくないでしょうが,意外と資料的価値があると思うので…用語集もいずれどこかに移したいんですけど,手間がかからないところとなると考えどころですね。

スターやお気に入りの使い方とコミュニケーションについてちょっとだけ

はじめに

 これまでブコメでIDコールをもらった時は,1) IDコール付きでそのままブコメに追記するかメタブで返事,2) 返信が長くなる場合はブログに新しく記事として書く,3) 返信が難しい,時間がかかりそうな場合はとりあえずスターを付けておく(そのままのものもあったかも…),4) 反応のしようがない罵倒等はリアクションせず,のように対応していた気がします。ただそもそもあまりはてブではネガコメ(懐かしい響き)やIDコールをもらった覚えがありません。

anond.hatelabo.jp

スターやお気に入りの「既読」機能

 さて,上記のブコメにも「読んだ/見たという意味でスターを付ける」というものがいくつかありました。この「既読」としての使い方は,Twitterの「お気に入り」でも見られるものかと思います。私はあまりFacebookでやりとりをしないのですが,あれの「いいね!」はどうなんでしょうか。私の感覚だと単なる既読よりはもうちょっとポジティブな意味合いが強い気がするのですが。

 ただ,ほんとうに純粋な既読マーカーとして使えるかというとやはり「スター」や「お気に入り」のような名前が付いていると難しいですかね。実際,罵倒や誹謗中傷,反応に困るような内容のコメントにはやらないという人もけっこういるのではないでしょうか。

 この手の「お気に入り」系の機能については人によって使い方や受け取る意味合いが違うこともあって,むかしからディスコミュニケーションやトラブルが絶えない気がします。私も “unlike” のような表現絡みで少し書いたことがあります。

dlit.hatenablog.com

 ところで,はてなブログでコメントにもスターが付けられるのは良いですよね。これは私が基本的にコメント放置気味の書き手だからそう感じるのでしょうけれど。

コミュニケーションとの関わり

 コミュニケーションを詳細に分析する上では,このような「お気に入りに入れる」系の操作も(日常会話の分析で身振り手振りや視線が分析対象になるように)考慮しなければならないのかなあということを以前からぼんやりと考えているのですが,どうデータを取るかがなかなか難しいというところがあります。

 平本 (2008)では「コンピューターを介したコミュニケーション (Computer-Mediated Communication: CMC)」の分析の手法として「視線を画面に」や「マウスを動かす」といったコミュニケーションの参加者の行為までを記述・分析の対象にすることを提案・検討していますが,実際やるとなるとかなり大変そうです。

 CMC研究はこういうサービスやツール独特の機能の取り扱いにいろいろ悩まされるのですよね。たとえばLINEのスタンプも言語学の枠組みで考えるとすると工夫が必要です。絵文字だと文字言語と併用されているものについてはこれまでの研究の延長で扱えるところがありますし実際そういう研究もあるのですが(たとえば文字言語では表せないパラ言語的特徴を担っているとか),スタンプは仕様上必ず1つの発話になってしまうので…しかも絵だけのものと中に言語が組み込まれているものがありますし。

おわりに

 研究ではこういう難しいところがおもしろさであったりもするので良いのですが,実際のコミュニケーションの参加者としては,ややこしいなあとかいっそ廃止してほしいとか感じるのも当然かと思います。

 たとえば誰かが使い方(の方針)を提案して,それが影響力の強い人によるものであったり,すごく理に適ったものであったりしても,すべての人がそれに従うわけではないというのがコミュニケーションや人間の集団(社会?)の常ですしね。

 もちろん,より良い付き合い方を発見できれば何よりなのですけれど。

引用文献

平本毅 (2008)「電子メディアを通じてことばはいかにして話されるのか」『メディアとことば3』, 174-200, ひつじ書房.

メディアとことば 3 特集:社会を構築することば

メディアとことば 3 特集:社会を構築することば

「全員野球(内閣)」と野球を使ったたとえについてちょっとだけ

 下記のような記事を読む度に思うのですが,こういう非常に広範な人(今回は国民全員のはず…)をターゲットにしている文脈で野球をたとえとして使うのってどうなんでしょうか。これってけっこう古い感覚なのではないかと考えています。

mainichi.jp

 ある特定の分野や知識に依拠したたとえは,それをある程度知っている人にとっては理解の助けになる可能性がありますが(ただうまく使わないと誤解や反発を招くことも),それ以外の人を切り捨ててしまう可能性もありますよね。

 「全員」が付いているから意外とある程度意味の推測はできるのでしょうか。でも下に挙げる「全員野球」のニュアンスは野球をある程度知っていないと意外と伝わりにくいような気がします。

もう少しくわしく

 さて,辞書には「全員野球」で項目がありました。

①野球で,正選手や投手など一部の戦力に依存するのではなく,チーム全員で一丸となって勝利に向けて力を尽くすこと。
②転じて,関係者の全員が一丸となって物事に取り組むこと。「—で政策実現に取り組む」
『大辞林』

 「ストライク(ゾーン)」「直球」「変化球」等,野球発祥で日常の表現として定着しているものも多いのですが,この「全員野球」はどうなんでしょうか。

 試しにBCCWJ(現代日本語書き言葉均衡コーパス)で「全員野球」で検索したところ5件しかヒットせず,すべて野球に関する文脈でした。思ったより少なかったです。比較的新しい表現なのでしょうか。少なくともそれほどたとえとして定着している表現とは言えないような気がします。

 webでも少し検索してみたのですがどうも政治家が使っているという指摘が散見されます。上の大辞林の用例も政治の文脈ですね。

www.data-max.co.jp

おわりに

 先日も記事を書いたように私自身は野球が好きです。だからこそ気になるというか。もうとても「国民的スポーツ」とは言えないというのが私の実感です(そうあってほしいとも思いませんが)。

dlit.hatenadiary.com

また,以前自分でも野球のたとえを使ったこともあります。

dlit.hatenadiary.com

この記事にも書いたんですが,やっぱりこういうたとえって難しいなと思います。特定の人にだけ届けばいいやっていう場合は良いのでしょうけどね。

追記(2018/10/03)

 ブコメいろいろ面白かったです。ありがとうございます。

b.hatena.ne.jp

 コメントを読んでいて思ったのですが,むしろ野球にそれほどなじみのない方の方が「全員で一丸となって取り組む」というようなポジティブなニュアンスをすんなり読み取れるということがあるかもしれませんね。

 野球で「全員野球」という表現が使われる文脈には主に 1) 絶対的なエースなど飛び抜けたプレーヤーがチームに存在しない,あるいは個々の能力はそれほど高くない(のでチームワーク等でカバーする),2) いわゆるスタメンだけでなく控えの選手も多く試合に参加する,の2つがありそうです(この2つが重なることもありますし,もっと細分化できるかもしれません)。野球に詳しい方だと特に1)の文脈でネガティブなニュアンスを受け取ってしまうというようなこともあるのかもしれません。

追記(2018/10/05)

 ブコメで教えていただきました。

business.nikkeibp.co.jp

身近だった沖縄の基地の思い出とか

はじめに

 私は沖縄に生まれ18歳まで沖縄で暮らしていた人間なのですが(現在は東京在住つくば勤務),沖縄の基地に関する思い出について少し書いておこうと思います。 特に結論等はありませんので,体験談としてお読み下さい

 以前「殴り書き」の方では何度か沖縄について書いたことがあるのですが,

dlit.hatenablog.com

こちらでは実は5, 6年ぐらい書こうかなと思っては躊躇してきたトピックですので,個人的にはけっこう思い切りました。ほんとうは今回の沖縄県知事選前に公開したかったのですがなかなかうまく書けませんでした。ちなみに知事選の結果にはほっとしています。

 書く動機で最も強いものは体験談等のできるだけ具体的な情報が多くの人からアクセス可能な方が良いという(ニセ科学問題とか他のトピックについても重視している)方針です。

 一方で,躊躇してきた理由の最たるものは,私が現在沖縄の住人ではないということにつきます。沖縄に限らず,その地域のことについてまずはそこで暮らしている人たちのことが優先されてほしい。だからできるだけ現在沖縄に住んでいる人のいろいろな話がwebで(も)読めるのが良いと思うのですが,私がここで書く思い出ももうそろそろ30年前の話になってしまいますので,書いて残すのも良いだろうと。

 ちなみに知事選に関しては下記の記事がはてなブックマーク数こそ少なかったですがいろいろな声を載せていて(もちろんこれでも断片的で網羅的ではないでしょうが)良いなと思いました。

www.asahi.com

テニスコートの思い出

 これも何度か書いていることではあるのですが,小学生の頃から硬式テニスをやっていました。今から30年弱ぐらい前の話で今の状況からは想像しにくいかもしれませんが,こどもがやるスポーツとしては競技人口も少なく学校でばかにされたことなんかもありましたね。

 で,家族で週末に練習をするのですが,「キャンプ・シールズ」と呼ばれる米軍基地の中にあるテニスコートでやっていました。

FAC6032キャンプ・シールズ/沖縄県

 私が小学生の頃は基地に入ることがそれほど難しくなく,IDを持っているうちなーんちゅも多かったようです。そのテニスコートはゲートのすぐ側にあったせいか,IDがなくても入口で “We play tennis.” と言えば通してくれていました。いつもは親が一緒だったのですが,何度か兄弟だけで入らせてもらったこともあります。

 ちょっと話がテニスにそれます。ものすごくサーフェスが速いハードコートでした。その頃そこでよくテニスをしている大人のプレーヤーの皆さんは「シールズ」という名称で大会にも出たりしていてその後たしか具志川(現うるま市)に拠点を移していました。今でも続いているのかな。今思えば技術もなくでも強いボールは打ちたがるこどもともよく練習や試合をしてくれて,ありがたかったです。

 週末の練習はだいたい午前中で,終わったらゲートの外で売っているホットドッグが昼食でけっこう楽しみにしていました。基地関係者かどうかは分からないのですが(おそらく)アメリカ出身の方がやっている店で,注文等も英語。サイズが大きくてチーズが濃厚でした。そういえばたまに親が基地の中で買ってきてくれた大きなピザも美味しかったなあ。

 私にとっては,こういうところで,米軍基地って非常に身近なものだったのですよね。

 ただその後,国際情勢の変化等いろいろな要因があったのでしょうけれど,だんだん基地内に入るのが難しくなっていきました。なんの時だったかは忘れましたが,一度練習のためにゲート前まで言ったものの入れず引き返した時の緊迫感は今でも覚えています。「ああ基地ってこういうことなのかな」と。

身近な「あめりかー」

 私が沖縄に住んでいた頃は基地内で開催されるフリーマーケットに行った話とか,基地内のでバイトをやっているという話とかあって,自分とはそれほど直接関係がなくてもどこかで生活の端々に「基地」が登場するのですよね。

 もちろん,沖縄に住んでいる人でももっと違う関わり方をしている人もたくさんいますし,ぜんぜん関わりがないという人もいるでしょう。

 一方で,米軍・基地関係のさまざま事件・事故・トラブルも身近な出来事の1つでしたし,小学生の遠足は南部戦跡巡りでしたし,慰霊の日に関する特別な戦争関係の授業もありました(慰霊の日は今でも東京やつくばで黙祷しています)。沖縄市出身で「コザ暴動」で有名なコザは高校の通学経路でした。実家は上空を米軍機が通りその時にはまったく会話もできずテレビの音も聞こえないというのが日常茶飯事でした。

 私に関して言えば,小学生の頃から「基地」は「善か悪か」だけで捉えられるものをこえた複雑な存在でした。いくら強調して足りないのは,沖縄にもいろんな人がいて,基地への関わり方や思いもさまざまだろうということです。それでも沖縄のひとたちが選挙等で何度も何度も「基地はいやだ」という意志表示をし続けているということはやはり重いのではないでしょうか。

 もちろん具体的な問題は命に関わるものまでいろいろあるわけですが,この「基地」という存在が生まれた頃から身近にあり,それとの付き合い方について考えたり悩んだりすることに否応なく向き合わされるということも「基地問題」の1つなのではないでしょうか。もちろんこれは他の地域にも似たような問題があるのでしょうけれど。

dlit.hatenablog.com

 私は今は沖縄の住人ではありませんが,沖縄でそれなりに暮らした人間として,また定期的に里帰りする人間として,沖縄の人々が生まれながらに背負わされるこの問題から少しでも早く良い形で解放されることを祈っています(多少の行動もしていますししていきます)。

「ネット」での沖縄

 ところで,下記の2つの記事で「ネトウヨ」の話が取り上げられているのが少し気になりました(この表現は個人的にはあまり好きではないのですが…)。

www.buzzfeed.com

www.buzzfeed.com

私もけっこう昔からいわゆる「2ch」には触れていたのですが,こういう方向には行きませんでした。その大きな理由の1つに,その場で発される「沖縄ヘイト」に反発したということがあります。学部生の頃なんかは腹が立って自分で文献や資料を調べたりしたこともありました。

 私は大学教員・研究者として中国の方との付き合いも少しあるのですが,中国関連の話題でも感じるのは,webにある誤った情報に対抗するためにはいろいろ具体的な話にどこかで触れられるのが重要なのではないかということです。

 沖縄のことに限りません。自分の気になる話題について具体的な情報や体験談などがある人は,ぜひどこかで書いてみてほしいと思います。ただ単なる体験談ですら思いもよらないひどい言葉を浴びせられたりウソ認定されたりしてしまうのが「ネット」のつらいところですけれど。