誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

大阪市の(いわゆる「都構想」)住民投票後雑感

住民投票の直後なので「都構想」という名称を使ってもそれほど問題はないでしょうか。今回の経緯が経緯なので次もあるんじゃないかと思っている人はけっこういそうですが。

これからいろいろ分析や解説も出てくると思いますがその前にTwitterのタイムラインを見ていて少し気になったことなど。

「分断」

この語の使用そのものが「分断」を招きそうという気がしてあまり好きではなく,ふだんあまり使わないようにしていたりするのですが(でもけっこう困る),今回の投票結果確定後のTwtterのタイムラインから感じた「分断」はけっこう印象的でした。こうやって記録しておきたくなるほどに。

結果がかなりの僅差で,かつリアルタイムの反応を見るという辺りがバイアスというかそう感じる要因なんだろうとは思いますけれども。時間が経って少し落ち着くと良いですね。

今からアメリカの大統領選の開票直前直後のTwitterのタイムラインがちょっと心配です。なら見るなって話なんでしょうが,知りたいことや読みたいこともたくさん投稿されるので…「キャラ」とか「芸風」で強い表現を使うことが分かる人はミュートしたり読み流したりできるんでかえって良いんですけどね。感情的になったり感情的な表現を使うことも大事ですし,批判や時にはケンカも重要なコミュニケーションだと思うんですが,やっぱりどうしても合わない表現というか,この人にこういう発言されると悲しいな,みたいなこともありまして。未だに気が重いので具体例は挙げません。

変わることは良いことか

今回深刻だなと感じた「分断」は(今回がはじめてというわけではありませんが)いくつかあるのですが,その中でも気になったのは若者と高齢者ですかね。

特に「老い先短い高齢者が変化を嫌ったことで若者の未来を潰した」的な言い方をいくつか見かけてちょっと危険なまとめ方ではないかなと感じました。

世代に関する話は慎重にやった方が良いと思うのでここでは詳しく書きませんが,「変化」についてもう大学院生の頃から「改革」が身近にあり続けている大学教員としては,とにかく変えようと言って変えたらさらに行き詰まったとか,元に戻せると思ってたけど実は無理だったとかってことは現実に起こりますし,今が底だから何かを変えてもこれ以上悪化することはないみたいな言い方/考え方はけっこうこわいこともあるということを書いておきます。勢いでなんかうまく変わって乗り切れることもなくはないとは思うんですけどね。

「外国人」

沖縄のことについて書く時に触れることが多いのですが,私は基本的にその地域のことはその地域に住んでいる人が決めるのが良いと考えているので,「外国人」と呼ばれるような人たちにもこういう問題については投票権があった方が良いんじゃないかと思います。

this.kiji.is

私のタイムラインではそれほど多くは言及されてなかったんですが,言及される場合は問題提起的な文脈がほとんどでした。でもちょっと検索してみたところ拒否反応もかなりあるようですね。

「沖縄」

これはけっこういろいろな人が言及しているように見えたのですが,沖縄の県民投票で示された「民意」もいつか何らかの形で反映されると良いですね。

もちろん問題の内容自体が今回の大阪の件は違うわけですが,沖縄の「民意」は県民投票だけでなく国政選挙や県知事選挙でも示されているにも関わらずなかなか希望が見えないというのが私の印象です。沖縄のような「辺境」と違って(念のため書いておきますけど皮肉です)大阪の「民意」は尊重されるのかもしれませんが,ちゃんとそうなるかどうかはしばらく見ておいた方が良いですよ。

dlit.hatenadiary.com

授業用音声付きスライドの例6:研究の手順と先行研究(関連ファイルダウンロード可)

久しぶりにPowerPointで作成した音声付きスライドと関連ファイルを公開します。

dlit.hatenadiary.com

日本語文章表現系の授業で文献の探し方の前に話す,先行研究の役割についての話です。今回の内容については言語学の専門の授業(特に演習)でもやっているのですが,その場合はもっと言語学に寄せた内容にしています。

スライド冒頭でも話しているように,クリエイティブコモンズライセンスを付けています。ダウンロードできるいずれのファイルも,条件を守っていただければ改変して使えますし,そのままお使いいただいても構いません。

各種資料,ファイル

動画


授業例:研究の手順と先行研究(音声付きスライド)

スライドショー形式(.ppsx)

(ダウンロードして)ファイルをクリックするとすぐにスライドショーが再生されます。

音声付きスライド形式(.pptx)

実際のスライドがどのようになっているのかという確認等にお使いください。また,上に書いてあるようにライセンスに従うという条件はありますが内容自体も自由にお使いください。

スクリプト(.txt)

ざっくり書いて録音時にしゃべりながら変えたりしますので,実際に話しているものとは細部が異なっていることもあります。

「筑波大学学長選考を考える会」の公開質問状に賛同しました

公開質問状は下記のサイトで公開されています。また,関係者による回答なども掲載されています。賛同者一覧や賛同者からのコメントはサイトの下の方にあります(私の名前はまだ反映されていないようです)。

www.2020tkbgakucho.net

東京大学に比べるとそこまで話題になっていないのかもしれませんが,むしろ同時期に東京大学の学長選の問題があったので今ぐらい注目されているということもあるのかもしれません。

www.asahi.com

賛同者には,筑波大学の関係者だけでなく,他大学の教員等も見られます。

賛同者からのコメントの中にもすでに他大学での事例への言及がありますが,すでに他大学では起きている問題でもあり,またこれからほかの大学でも十分に起き得る問題なのではないかと思います。

上記サイトに賛同するしないに関わらず,大学をはじめとした高等教育,研究活動に関わる方々,そこに何らかの形で関わる方々(実はかなり広いのではないでしょうか)に広く知っていただければ。

私のそれほど長くない人生経験の中でも,対岸の火事だと思っていたらいつの間にか延焼していたとか,身近にも別の火の手が上がっていたということは,それほど珍しくありません。

はてなブログProを更新した(2年コース)

はてなダイアリーからはてなブログに移行したのをきっかけに,お試しではてなブログPro(2年コース)を使っていたのですが,さいきんまた2年延長しました。

Proにしている第1の理由は広告の消去です。私の記事は長いものが多いですし読む人(自分も含めて)が少しでも見やすいように。今は広告ブロック使っている人も多いのでしょうけれど。

それだけだともったいないのでほかのPro機能も,と思ってフリースタイルフットボール関連の情報を固定ページで作ってみたのですがなかなか作業が進まずしばらくほったらかしにしています。

さて,別館の方も結局うまく使い分けができずに更新停止していますし,はてなグループサービスの終了の際の移行も面倒でしたし,今後あまりほかのサービスに移ることは考えていないのですが(少なくともここを閉じたり消すようなことはありません),ちょっと何か書いてもいいかなと思ったサービスはありました。noteとresearchmapです。なんですが,結局以下のような理由であまり書くモチベーションが上がりません。

note

noteは専門的な内容のものを書いても良いかなと思っていたのですが,記事のエクスポートやバックアップ機能がないというのが一番のネックです。私は長文はほぼ必ずエディタアプリとかで下書きするので大きな問題はなさそうですが,ブログ系サービスは私にとって「webで(楽に)文章を置いておけるところ」という位置付けなので,やはり気になってしまいます。

フォローとかのためにアカウントは取ってあるので,ブログに一度 書いたことの修正版などを書いてみても良いかなとは考えていますが,今のところメインにはならないでしょう。

researchmap

元々,実は専門のことについては良い記事が色々あるのにあまり読まれていないという不遇なイメージがあったのですが,バージョンアップによってこれまで多くの研究者が蓄積してきた情報や文章の継続性にダメージを与えた印象が悪すぎました(ブログサービスだとこういう問題は避けられないという声もあるかもしれませんが,researchmap自体は継続しているわけで…)。

researchmap.jp

せっかくまた2年契約してしましたし,また細々と書き続けようと思います(実はこういうのも書くモチベーションの1つ)。

研究のアウトリーチ活動とか文理の対立とか(日本学術会議に関する記事への補足)

数日前に書いた日本学術会議に関する記事への補足みたいなものです。

dlit.hatenadiary.com

研究や学術のアウトリーチ活動

私が上の記事で言及した「研究や学術活動の社会との関わり方」については,かなり漠然とした表現であったために,受け取る人によって想起するものやリンクして考えることが色々あったように見受けられます。

もちろん,サイエンスカフェといったいわゆる「アウトリーチ」を明確に目的にした活動も重要だと思うのですが,私が考えている「社会との関わり方」はもっと広いです。まあつまり漠然としているわけで,それに対して具体的な例などを挙げて反応してくれた方には感謝です。

私が重要だと思っているのは,これも特別なことではありませんし,研究・学術に限定した話でもないでしょうが,(ある問題について継続的に取り組んでいて,そのための技術やノウハウを持っている集団がいることを)知ってもらうことです。

これは,研究者や専門家からしたら「そんなの「○○学者」っていう名前見れば分かるだろう」ぐらいに思う人もいるかもしれませんが,私の体感で言うと思ったより知られてないと思います。たとえば,ちょっと前に書いた「「を」の音の話」は,日本語学のかなり基礎的な話なんですが,

dlit.hatenadiary.com

web上のこの話題に関する反応やコメントを見ているとほんと知られていませんね(ほかの人文系の話題に強そうな人でも)。言語学,日本語学はそれだけ「マイナー」なんだよと言われれば返す言葉がありませんが…

ここで個人的には,あまり「教養」とか「知っているかどうか」みたいな話にしたくないのです。私自身教養のない研究者だという負い目があるということもありますが,何より研究も日々進展・拡大しているので,何が教養なのかってのがそもそも難しそうで。「この分野を専門にする/していたならこれぐらい知っておいてほしい」みたいなものはあると思いますけどね。情報の探し方とか,文章の書き方とか論理・議論の組み立て方みたいな基礎的だと思われがちなものも実はけっこう分野依存的だったりしますし。

前に書いたことがあるのですけれど,研究や学術のアウトリーチ活動としてけっこう重要で貴重な機会でもあるのが,授業ではないかと思うのです。以下引用します。

僕は専門(言語学・日本語学)の授業では、講義でも演習でも「この分野に関係のある道に進まない人たちにも、この分野の理解者となってもらうにはどうすれば良いか」というポイントを忘れないようにしています。もちろん、研究者や高度な専門的知識・技術を持った人を育てる、というのも重要でしょうけれど、そういう道には進まなかった人たちが、日常会話やブログなんかで「そういえば大学でこんなこと習った」とか「言語学っていう分野があって」などと言ったり書いたりしてくれること、そういう人たちを少しでも増やすことも、重要な「専門家と素人のコミュニケーション」の一つなのではないかと思うからです。過激な書き方をすると、適当な授業をすることで、その分野にとって不要な敵を作ってしまうことが意外とあるのではないでしょうか。
人文(社会)系の必要性と「説得」の必要性 - 誰がログ

で,この考え方はたとえばSNSの発言にも適用できるのではないでしょうか。もちろんTwitterとかで常にいろんな人の目を気にしながら発言するというのは窮屈ではあるんですけれど,私は今の状況において,職業が研究者・大学教員でそれを明言して活動・発言している以上,思わぬ言動が自分の関わる分野へのネガティブキャンペーンになり得るということはある程度考えておかなければならないだろうと思っています(それが良いか悪いかは別にして)。私も昔は(?)けっこうひどい発言もしていたので「お前が言うかよ」と思われる方もいるでしょうが,そういう経験を通してこういう考えに至ったということでもあります。

ちょっと重いことを書きすぎたような気もしますが,アウトリーチ活動自体は,たとえば自分が専門の関係上たまたま知っている文献の情報なんかをTwitterに書くとかできることは色々あると思います。ただ「これ読んでみて」って言うメッセージ自体が「上から目線」のように言われることもあるようで,さすがにそれはつらいですね(言い方にもよるでしょうが)。

「人文」対「理工」みたいな対立

この問題が出てきたときから心配していたのですが,やはり「人文(社会)系は」「理(工)系は」みたいな対立の話が出てきているようです。

私は不毛な対立があまり好きではない質なので(平和主義というわけではなく,ケンカする技術やエネルギーはできるだけケンカすることが必要なことに費やしてほしい),折に触れそういう主旨のことを書いています。関連するものとして,「理系文系」についてはたとえば下記の記事など読んでみてもらえると嬉しいです。

dlit.hatenadiary.com

今回の学術会議絡みでも,たとえば業績評価の話題(Scopusのやつとか)では,理工系の人たちからも問題の指摘や批判がされていましたので,「理工系は人文系のことを知らない(で文句を付ける)」みたいな話で一般化しない方が良いと思うのです。そういう人が実際にいたというのは事実であったとしても。

「人文」や「理工」と括ったとしても,各分野によってさまざまですよね。時には「○○学」の中でも研究の方法論や対象によって研究手法とか業績の形が異なっているなんてこともあります。そういう事情を分野外の人向けに発信するのも,アウトリーチ活動の一環なのではないでしょうか。

dlit.hatenablog.com

「人文」「理工」の対立とは違う話ですが,今回はふだん政府や自民党に親和的だったりほかの問題では「サヨク」「リベラル」*1と呼ばれる人たちに対して厳しめな人たちでも日本学術会議の問題に対する政府の対応や姿勢を批判したり説明は必要と言ったりしているのを見かけます(私の観測範囲では)。そういう人たちたその態度(だけ)をもって「サヨク」「リベラル」といった扱いを受けているのを見ると心配になりますね。そういうことが起きてしまうぐらい今回の件は明確に問題だということだと思うのですが。

*1:ふだんはできるだけこういう名称を使うのを避けているのですが今回はほかに書き方がありませんでした。