誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

【ネタバレあり】『ベルセルク』42巻を読んだ。すごい

ストーリーについて具体的に触れるわけではありませんが、絵やあとがきには言及しますのでネタバレにご注意ください。

楽しみにしていた『ベルセルク』42巻が出たので読みました(電子版)。今論文執筆に追われているのですが、これは後回しにできませんでした。ちなみに「原作:三浦建太郎、漫画:スタジオ我画(扉絵?には個人の名前も掲載)、監修:森恒二」となっています。

大変失礼なのを重々承知の上書くと、最初の感想は「予想していたより面白かった」というものです。あそこまで評価の高い作品を引き継ぐ(しかも今後原作者からの情報は得られない状況で)という決断だけでもすごい覚悟だと思ったのですが、ここまでのものにできるものなんだなと。やはりプロはすごいですね。マンガに詳しい人は予想できたことだったのでしょうか。読み終えるまであっという間ですぐに続きが読みたいとなってしまいました。もちろんもし時間がかかっても待ち続けますけどね。

あまり事前に情報を入れずに読みたいと思っていてどういう方針で42巻掲載分が作成されたのか(そういう情報が公開されたのかどうかも)ほとんど知らなかったので、まず画が41巻までのものから違和感ないほど受け継がれていることに驚きました。これは私が物語の続きが読めさえすれば画はかなり変わっていても良いと思っていたから余計にそう感じたのかもしれませんが、画はなんとかなるもんなんですかね。

上でも書いたようにストーリーについては触れません。しかしこの容赦ない展開は「ああベルセルクだなあ」という感じがします。

森恒二氏による「あとがき」がとても印象的で、特に「私自身でさえその気持ちがあります。」と「どうか許していただきたいと思います。」という表現が重い。このあとがきは必ず通して読んでほしい(部分的に取り上げてあれこれ論じるのはあまりよくないのでは)と思ったので、わざとこれだけ読んでは分からないところだけを短く引用しました。興味のある方はぜひあとがきまで読んでみてください。

Amazonのアフィリエイトを(アカウントごと)削除しました

はじめに

先日、下記の記事に書いたように10月1日からのいわゆるステマ規制法への対応でアフィリエイト(このブログではAmazonアソシエイトのみ)をどうするか検討していました。

dlit.hatenadiary.com

結論としては、アフィリエイト自体を完全にやめることにしました。もうここから先に書く作業は済ませてしまったので、今後このブログのAmazonリンクから収益が発生することはないはずです。従って、タイトルやブログ、記事に収益に関する表現を入れる修正もしません。

実は上の記事で書いた時からほとんどやめる方向に気持ちは傾いていました。今論文執筆に追われていていつの間にか10月1日を迎えてしまいそうですので早めに処置しておきました。

アフィリエイトをやめた理由と今後の方針

すでにいくつかのところでサイトや各記事に収益に関するメッセージ等を入れているものを見たのですが、なんか自分のブログでやるのは違うなと感じました。

そもそも、はてなブログをProにしている最大の(というかほぼ唯一の)理由は、広告なしで少しでも記事を読みやすくしたいからなんですよ。私の書く記事は内容がややこしかったり長いものが多いですからね。タイトルも(ネタ系以外は)できるだけ記事の内容を正確に反映するように付けています。それなのにタイトルや記事に収益に関する表現を入れるのはなんか本末転倒だなと考えました。

どんな本がどれくらい売れたかというのが見られなくなるのはちょっと残念ではありますが、収益化はこのブログにとってはおまけみたいなものでしたので、特に専門的な記事を書く場合はできるだけ書籍に関する案内も載せるという方針に変更はありません。

Amazonアソシエイトの止め方

ところで、はてなブログでのAmazonアソシエイトの簡単な止め方がよく分かりませんでした。もしかしたら同じように困る方もいるかもしれないので、メモしておきます。

最初ははてなブログのアカウント設定にあるAmazonアソシエイトIDを消せばそれで終わりだと考えていました。

しかし、その後各記事のAmazonリンクを見てみるとアソシエイトIDの情報が更新されていません…試しに、一度編集画面から記事を更新してみたら自分のアソシエイトIDが外れました。しかしこれを全記事でやるのはとても面倒です。なお、編集画面で複数記事を選択してまとめてカテゴリーを追加するというやり方では更新されませんでした。

というわけで念のために、結局Amazonアソシエイトのアカウント自体を閉鎖しました。下記のページに説明があります。

affiliate.amazon.co.jp

本当はアソシエイトIDだけを消せれば良かったのですけれど、アソシエイトIDは増やすことはできても削除することができないそうです。残念(なんでそんな設計に…)。

ところでアカウント削除後に記事を見てみたらやっぱり旧アソシエイトIDが付いたAmazonリンクの情報が更新されてないんですよ。でもアカウントを消しちゃったので収益になることはないですよね…?

アカウントを閉鎖してしまうとこれまでの記録が見られなくなってしまうので、昨年と今年の今日までのレポートはダウンロードしておきました。でもなんかここまでやるのにいろいろなところで引っかかってつかれたので内容は確認してません。

これまでに売れたもの

これまで定期的にレポートを作成してダウンロードしておくということをぜんぜんやってなかったんですよね。こんなことならやっておけば良かったかな。

時々売り上げ自体は見ていたので記憶だけで書きますと、昨年一番売れたのは下記のレビューなどで紹介した鈴木エイト『自民党の統一教会汚染 追跡3000日』です。60冊くらい売れていたと思います。

dlit.hatenadiary.com

まあこれはそもそも多くの人が興味を持っているものを紹介しただけという感じですね。kindleセールの時も宣伝記事を書きましたし。

今まで紹介した中で、トータルで一番売れた言語学関係の書籍は黒田龍之助『はじめての言語学』でしょう。

dlit.hatenadiary.com

50冊以上は確実に売れていたと思うのですが、100冊を超えていたかどうかはちょっと自信がありません。ほかにもたまにけっこう専門性の高い専門書なんかが書いた記事を通して売れると嬉しかったですね。

おわりに

これでようやくすっきりしました。

専門家として専門書を紹介することとアフィリエイトの関係とかについての考えや感想はまた別に書いた方が良さそうですかね。でも特に紹介するための工夫とかはしてなかったんであまりノウハウ的なものはないんですよね。売り上げのことを優先して専門に関するところがおろそかにならないようにということだけは常に気をつけていましたけれど。

主に書籍の紹介記事についてステマ規制法への対応を考えています

追記(2023/09/29)

検討した結果、アフィリエイトをやめました。すでに対応は完了しています。

dlit.hatenadiary.com

はじめに

下記の記事でいわゆるステマ規制法のことを思い出しました。

suan.tokyo

正直、今まであまり自分のブログのこととして考えていませんでしたが、このブログもAmazonへのリンクはすべてアフィリエイトですのでどうするか考えなければならなそうです。

検索したらアフィリエイトを使っているブログがどう対応するかという方法についての記事はたくさん出てきますので、そういう情報が知りたいという方にはこの記事はおそらく役に立ちません。あくまでここのようなブログについてどう考えるかという記事です。しかも結論はまだ出ていません。

対応1:一律でどこかにアフィリエイトに関する説明を入れる

ブログのヘッダーとか各記事の冒頭とかに一律で「このブログ/記事ではアフィリエイトを利用しています」のような説明を入れることで対応できるならそれでも良いかなというのが1つ目の案です。

「一律で」というのがポイントですね。下に書く記事タイトルの話と一緒で、これまでに書いた記事を個別に編集する手間がかかるならアフィリエイト自体やめても良いかなというのが今の気分です。

対応2:アフィリエイトをやめる

特に、各記事のタイトルに必ず「PR」「広告」等の表現を入れる必要があるのであれば、Amazonのアフィリエイト自体を完全に外してしまうのが良いのではと考えています。理由はいくつかあります。

まず、前提としてこのブログでアフィリエイトを使っているのはブログで専門的な書籍を紹介してどれくらい買ってもらえるものなのかというのを試したいというのがそもそもの動機として大きいです。収入についてもはてなブログProにかかる分が部分的にでも補えれば良いなというくらいに考えていて、何かのあてにしているわけではないので外しても特に困るというわけではありません。

私の書く記事のタイトルは特に専門に関するものでは正確さを重視するために長くなりがちなので、その冒頭に「PR」「広告」等の数文字でも入れるのはちょっと抵抗があります。また、これまでに書いた記事のタイトルを修正するのはとても面倒です。今までに書いた読書案内系の記事は下記にまとめてあるくらいですが、

dlit.hatenadiary.com

ちょっとしたことば関係の記事でも関係する書籍を紹介していてAmazonへのリンクを含むという記事はほかにもけっこうありますので、それらを修正するのは大変そうです。

なぜ「PR」「広告」等を付けることに抵抗があるのか

ここで書くことはあくまで自分の感情を探っているのであって、それが妥当かどうかとか、正当化の理由になるかどうかというのはまた別の話です。

実はタイトルの長さ以外にも「PR」「広告」等の表現への抵抗に理由がありそうな気がしています。まず、下記のような書籍以外の自分で買ったものを紹介する記事タイトルに「PR」「広告」等を付けるのはまったく抵抗がありません。

あ、もちろん自分が書いた文章が載っている書籍ならこれももちろん付けるのに抵抗ありません。(ほかの方が書いた)専門書の紹介で抵抗があるのは何なんでしょうね。これまでのブログでの「PR」表示の文化(何らかの依頼を受けての宣伝等の場合に付ける)に感覚が慣れ切っちゃってるだけかなあ。字面だけで考えると専門家として専門的な書籍を買ってほしいというのはまさに「PR」であり宣伝なんですよね。

これは関係しているかどうか分からないんですが、労力の面から言うと専門的な書籍の紹介はこれまで私が専門家・研究者としてやっていくために膨大に費やしてきたコスト(時間や労力)がベースになっているので、Amazonのアフィリエイトで得られる収入と比べると手間賃以下くらいにしか感じられません(金額の多寡は問題ではないのでしょうけれども)。それとは別に各記事を書く時にも紹介する書籍も含めて関係する論文や書籍を調べたり読んだりしますしね。

専門家が専門的な知識を無料でwebに公開する場合はダンピング(不当廉売)の問題について考えておいた方が良いのではということは以前から問題意識としてあります。私の場合はいわゆる国立大勤務の研究者・教員なので一種の社会貢献として理屈が立つかなとは考えているのですけれど、正直あまり自信はありません。実際、ほかの研究者の方から「あそこまで書くなら本にするとか雑誌とかへの寄稿にした方が良いんじゃない」と言われることもたまにあります。

おわりに

最後はけっこう脱線してしまったでしょうか。

もう10月1日まで日がないので急いで対応を決めなきゃいけませんね。