誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

文転?の思い出

はじめに

zu2さんのはてブ経由で沖縄県立球陽高校の学科統合のニュースを知りました。私はこの高校の理数科の卒業生です(1998年3月卒業、7期生)。というわけで、記録も兼ねた自分語りの記事を書くことにしました。

球陽高、理数科と英語科を「文理探究科」へ統合 理系・文系の対応は2年生から 学科と進路のミスマッチ改善へ | 沖縄タイムス+プラス

進学先は筑波大学の日本語・日本文化学類でしたから記事でも触れられている「学科と進路希望とのミスマッチ」のケースに当たります。

当時も理数科に来たのだから理数系のところに進学しなければならないという雰囲気のようなものはそれほどなかったように記憶しています(私が鈍感だっただけかも)。実は筑波大の体育専門学群への進学も検討していたのですが、体育の方が運動生理学とか動作解析とかあって「理系」っぽい感じがしますよね。

ちなみにどこかで書いたかもしれませんが、高校へも大学へも推薦入試で合格したのでペーパーテストの結果で合否が決まるのを体験したのは大学院入試が最初の体験でした。

数学の思い出

球陽高校の理数科を受けることにした理由として、明確な理数系への志向というのはなかったように思います。ただ学校説明会での理科(正確な担当教科は忘れました)の先生の話が面白くて興味を持ったのは今でも覚えています。

高校の頃は教科として数学の成績が悪いということもなく、理科も特に苦手というものはなかったです。一番成績が良くなかったのはむしろ英語でした。英語は高校以降、自信を持てた時期がまったくなく、今も苦手意識しかありません。

「文転」はもう2年生の時には可能性として考えていたものの、数学自体は楽しかったので(受験には使わない)数Ⅲにも真面目に取り組みましたし、確か当時は選択科目だった数Cもやりました。行列けっこう楽しかったですよ。あと理科の科目としては生物を選んだのですが、数学が苦手でなかったからか遺伝についてはけっこう難しい問題も解けたりしました。

ただ、当時難関校挑戦組がチャレンジしている数学の問題なんかには歯が立たず、定期テストなどの点が悪いわけではないものの数学に関する自分の能力にはかなり限界を実感していたというのをよく覚えています。

数学が楽しく、また好きなままでいられたというのはけっこう教員の存在が大きかったのではないかという気がします。数学は楽しい、という感じが伝わってくるのに押しつけがましくはなく、数学以外の、たとえば生活面なんかについての話なんかも信頼できる先生でした。こういう思い出を辿るたびに勉強・学問でもスポーツでもほんとうに師に恵まれたなと思います。

おわりに:言語学へ

なんで「文転」したかの理由について書いてませんでした。私は日本語・日本文化学類に入学した後に日本語教育・日本語教師を知ったという不届き者でして、何を目指していたかというと、実は国語の教員でした。

私が言語学に本格的にはまったのは学部3年生の時で、その時の動機は「科学」に関わることがやってみたいというものでしたからなんとも変な回り道をしたものです。ちなみに、この時は別に生成文法をやりたくなったわけではなく、生成文法に本格的に取り組むのは大学院入学後です。こうやって思い出すとなんだかいつも少しずれてんなという感じがします。

理数系の勉強が苦手でも嫌いでもなかったことは、言語学の道に進んでからもずいぶん自分を助けてくれているなと思います。自分ではそれほど使う方ではありませんが、論文を読むために知識が必要だったりしますしね。そもそも高校の時は数学自体けっこう好きだったので受験で使わなくても損したというようなことは一切思いませんでしたが、こんな形で付き合うようになるとは予想できませんでした(そもそも高校生の頃は言語学自体知りませんでしたが…)。

入試科目とか昨今の話題で「文理」に関係しそうなものはいろいろありますが、私からなにか新しい視点とか情報とかを提供できることはあまり思いつきませんので、思い出話だけにしておきます。

と言いつつ最後に1つだけ書いておくと、自分の観測範囲では人文系の、特に若手研究者(院生含む)には数理的なアプローチなどを使っておもしろいことをやっている人も少なくありませんし、数学やプログラミングなどにどんどんチャレンジする人文系の学部生もいますから、雑な対立煽りや一部のベテラン研究者のケンカなんかがそういう人たちへの悪影響にならないと良いなと思います。

小学校雑感(ランドセルのこととか)

はじめに

子がこの4月で小学校3年生になりましたので、そろそろ小学校についてのことも少し書いておきます。

コロナ禍と小学校

なぜいまさら書くのかというと、あまりその時すぐに書くのは良くないのではないかと感じることが多かったからです。

一番大きかったのはコロナ禍関係です。子は2022年度に小学校入学なので学校としては感染症への対応もけっこう慣れてきている感じで、混乱のようなものはありませんでした。

ただ、子自身が入学式の次の日から濃厚接触者のため出席停止でいきなり学校に行けないというなかなかイレギュラーなスタートだったり。幸い本人は発熱など症状が出たわけではなかったのですけれど、学校に慣れる期間が短くなってしまったのは大変でした。でも、担任の先生も丁寧に対応してくれてとても助かりましたし、その後もすんなり小学校の環境に入って行けた気がします。

大学も4月はじめはかなりばたばたしますので自分の身の回りのことで精一杯だったということもありますが、それまでコロナ禍下で感染症にかかった人や濃厚接触者になった人への反応などを見ていると、とても当時このことをここに書く気にはなれませんでした。今も詳細を書くつもりはないです。

小学校に関する「デジタル化」の体験についてはまた別の記事に書こうかと考えていますが、学校に関するさまざまな連絡、欠席の報告方法、Google Classroomの使い方など思ったより整備されてて助かるなと当時感じましたし、今も実感しています。発表会的なイベントとか保護者会とかをオンライン配信(ハイブリッド)でもやってくれたり。

ランドセルからリュックへ

うちはランドセルについては早めに決めちゃった方があとあと考えなくて楽、みたいなところもあって、入学前のけっこう早い段階で買いました。

後で書くようにランドセルはやっぱり1年生にとっては重いようではあるものの、本人は嫌がったりはしていませんでした。そしたら1年生の終わり頃に、江東区から小学校に持っていくかばんはランドセルじゃなくて良いものとしますみたいなメールが来たのです。

私自身はランドセルじゃなくて良いよなと考えていたので、この方針転換には賛成です。もうちょっと早く決まっていたらランドセル買わなかったかは子の気持ちのこともあるのでちょっと分からないですね。1学年下の保護者の皆さんには「それなら買わなかったのに」と思った人も多かったのではないでしょうか。もうあと少しで入学式というところでの通知でしたから。でももしかしたらその学年では情報が出回ってたなんてことがあったのかな。

子はランドセル以外のかばん解禁後しばらく、お出かけや習いごとの時に使うリュックで小学校に行っていました。ものによるのでしょうけれどやっぱりリュックの方が軽いですし荷物を入れるのも柔軟にできるような気がします(子もそう言っていた)。でも数ヶ月したらまたランドセルで登校するようになりました。また気が向いたらリュックで登校するようになるのかもしれません。

ランドセルの重さ

かなり軽いランドセルにしたつもりだったのですけれど(今はほんとにすごい軽いやつがありますね)、荷物を入れてみると小学校低学年生、特に1年生が持つ荷物としてはやっぱり重いと思います。

一緒に荷物を入れたりしてみると、重さの主要因はタブレット端末じゃないかなという気がしてきます。これは自治体によっていろいろ違うようですが、子の持ってるやつは「タブレット」と言っても1.5kg近くあるChromebookなんですよ。私がふだん持ち歩いているMacbook Air (M2) より重い。予算のこととか、小学生が長く使える頑丈さとか考えるとこうなっちゃうのは分からなくもないのですけれど。これだけサイズと重量があると変形させてタブレット端末として使うのもなかなか軽快にはいきません。

教科書とかは必要なやつだけ持ち帰れば良いという方針のようで、あまりかばんの重さに影響がある感じはしません。でもこのタブレット端末と筆箱と水筒を入れるともうそれだけでランドセルはもちろんリュックでもなかなかの重さです。

私もChromebookに慣れておくと良いかなと思って購入するためにちょっと探してみたのですけれど、毎日持ち歩けるようなサイズ・重量のもので手頃なものはなかなか見つかっていません。上にもちょっと書いたようにこのタブレット端末を使ってやっていること自体は良いのです。iPadを使っている自治体・小学校もあるようですけれど結局頑丈なケースとか付けるとそれほど軽くはならないのかな。

さて、子はタブレット端末は気に入っているようです。少し前はタイピングのゲームにかなり熱中していてびっくりするような速さで上達していました。子供ってうらやましい。私も頼まれてやってみたらそれなりのスコアが出まして、子が生まれてから一番の尊敬を得られたような気がします。

おまけ:みずほ銀行

小学校の1, 2年生に限定してもいろいろありましたがきりがありませんのでこの記事ではこれくらいで。デジタル化関係については気が向いたら別の記事として書きます。

最後に1つ。これまでみずほ銀行で口座を作る機会がなく、トラブルがニュースになるたびに大変だなあと思うくらいだったのですが、小学校の費用引き落とし口座がみずほ銀行の特定の支店限定だったので口座を開設することに。まさかこんな理由でみずほ銀行に縁ができるとは思ってもみませんでした。完全にその用途にしか使っておらず、残額をチェックしてたまに入金するだけなので今のところ困ったことはありません。

ゲームと言語研究会 第1回の発表スライドを公開しました

急な企画だったにもかかわらず思ったより人が来て驚きました。

dlit.hatenadiary.com

発表に使ったスライドを公開しましたので興味のある方は下記リンクからどうぞ。話す方でかなり補ったのでスライドだけではわかりにくいかもしれませんが、概要はつかめるかなと思います。

www.academia.edu