誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

「理論言語学」と「生成文法」の関係に関するメモ

はじめに

 まず,この記事は専門外の方への概説というよりは自分用の整理という性質がふだんの記事より強いです。言語学にある程度触れたことがないと論点がよく分からないと思いますがちゃんと書くのはたいへんな内容なのでご容赦下さい。

 下記の記事の中では,「理論言語学」は明らかにいわゆる「(Chomskyanの/狭義の)生成文法」を指していて(もうちょっと正確に書くと生成言語学の中の生成統語論),「認知言語学」と対比されています。

lennonmccartney122620.hatenablog.com

言語学の研究をやっていても,こういう文章を読んで「認知言語学は“理論”言語学に含まれないのか」という疑問を持つ方は少なくないのではないでしょうか。

 実は,この記事の前提とされている他の記事の一番最後に

認知言語学も理論言語学の下位範疇の1つであるが,ここでは筆者の意図で敢えて認知言語学と理論言語学を分けている.
理論言語学と認知言語学の大まかな共通点と相違点 - まーじブログ

という注記がありますので,筆者は「認知言語学は理論言語学に含まれない」というように考えている訳ではないと思います。

この用語法はふつうなの?

 私もいちおう専門の1つに生成文法は必ず挙げますし,大学のサイトのプロフィールに「理論言語学」と書いてある人間なのですが,「理論言語学」という表現で「(狭義の)生成文法」を指すという使い方はけっこう見かけます。

 ちなみに,私が(日本で)自分の専門として「理論言語学」を掲げているのにはそれとは別の理由があるのですがめんどうなのでまた別の機会に書くことにします。

 ちょうどさいきん手に入れた衣畑智秀(編) (2019)『基礎日本語学』に「理論的研究とは?」 という章があって関連することが書かれていますので紹介しておきます。ちなみにこの本まだ隅から隅まで目を通したわけではないのですがおすすめです(山東功氏の日本語学史の概説が読める!)。

基礎日本語学

基礎日本語学

  • 作者: 衣畑智秀,大崎善治(ブックデザイン)
  • 出版社/メーカー: ひつじ書房
  • 発売日: 2019/02/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

言語を対象とする理論的研究,あるいは科学的な方法論に基づくアプローチは,広い意味では少なくとも19世紀の比較言語学にまでそのルーツをたどることができるが,現代的な意味での理論言語学はノーム・チョムスキーが1950年代に提唱した生成文法に始まると考えてよい。
(中略)
言語に対する理論的研究は(中略)音声研究から語用論研究まで,言語の共時的側面のすべてに関して行われている。また,何をもって理論的研究と言うかも難しい問題であるが,とりあえず,自然科学における方法論として確立している仮説検証の手法に従った研究が理論的研究であると考えておく。
(窪田悠介 (2019)「理論的研究とは?」『基礎日本語学』: 260)

さらに,次のページの囲み記事に補足があります。

 仮説検証の手法に従った研究だけを理論言語学と呼ぶことに抵抗のある読者もいるかと思う。たとえばこの規定では認知言語学研究の大半が理論言語学から外れてしまうが,果たしてそれでよいのか?本章では「理論的研究」というものをあえて狭く規定するが,これはあくまでも話を単純化するための便宜的なものと考えていただきたい。
(窪田悠介 (2019)「理論的研究とは?」『基礎日本語学』: 261)

 仮説検証法を採用しているかどうかを「理論言語学」を呼ぶかどうかの基準にするというのはここでも窪田氏が「便宜的」と断っているようにスタンダードな考え方というわけではないと思います。「理論言語学」が「生成文法」と結びつきやすいのは,どちらかというと研究史的な要因の方が大きいというのが私の印象です。

 ちなみに,窪田氏自身が主に研究で用いる理論は範疇文法 (Categorial Grammar)と呼ばれるもので,この引用部の辺りにもはっきり書かれているのですが,窪田氏本人は生成文法研究に対してかなり厳しい評価をしています。どのような問題点があるかについても具体的に述べられていますので,(広い意味で)理論言語学に興味がある方は読んでみて下さい。

私見

 ところで,私はこの「理論言語学」という表現で「(狭義の)生成文法」を指すという用語法は個人的にはあまり好きではありません。

 上の窪田氏の引用箇所でも触れられているように,「言語学」に限っても様々な理論があります。これは言語学の研究者なら言われなくてもそんなの分かってるよというところでしょうが,表現や用語の使い方でもそれを明示的に尊重するという立場を取りたいと考えています。といっても私も徹底できていないところはあるのですが…

 また,たとえ仮説検証の採用とか形式的 (formal)かどうかというような基準で分類しようとしても,では範疇文法や形式意味論の各種理論はどうするのかとか,「生成文法」で区切ったとしてもHPSG (Head-driven Phrase Structure Grammar)やLFG (Lexical Functional Grammar)は?という問題が出てきます。もう今はHPSGやLFGの研究者自身も「生成文法とは呼ばないでいいよ」などと思っていたりするかもしれませんが。

 上と同様の理由で,「現代言語学」や「統語論」という用語で断りなく「(狭義の)生成文法」を指すような用語法も好きではありません。中には文脈を踏まえると問題ないこともありますが,個人的には「生成文法の研究者ってなんか偉そう」なんて言われる理由の一端ではないかと疑っています。

 これは邪推かもしれませんが,私の交友が少なくキャリアも浅い研究者人生でも,「生成文法の研究者は他の言語理論に対してリスペクトがない」というようなことを言われたことは少なくなく,個人でできる範囲ではそういうことがないようにしたいですね。

おわりに

 理論/モデル/枠組み(framework)の使い分けやいわゆる「記述的研究」との関係についても何か書きたかったのですが,力尽きましたのでこの辺りでこの記事は終わりにします。突然ですが,内容にどれぐらい賛同するかはおいておいて,Haspelmathの"framework-free grammatical theory"という用語の使い方はよく考えられているなと思います。

www.academia.edu

 ところで,私見のところを読むと苦言のようにも読めてしまうのですが,あくまで私の方針ということにご注意下さい。一番上で言及したブログのように,言語学のいろいろなトピック,領域に関する情報がもっとwebに増えると良いなと思います。

叱るのは難しい(できるだけやりたくない)

叱り方/叱られ方

 ちょっと前にNHKの下記の「叱られ方」に関するニュースが話題になっていましたが,

www3.nhk.or.jp

大学がこういうことやるのか,と暗い気持ちになりました。もっとはっきり災害対策,護身術,緊急避難のノウハウのような感じでやるならまだ分かるのですが…まあ大学ってダイバーシティやジェンダー関係の講演やイベントがあるところで就活のための化粧講座みたいなイベントもやっちゃったりしますから,そこまで驚きではありません。

 ときどき書いているように私自身大学で体育会の部活に入っていて,今も体育系の学生のクラスを持っているのですが,「私のためを思って叱ってくれているんだ」という学生に,私がこれまで見てきた(自身の経験から)体罰や暴力的な指導を肯定する,あるいは否定しきれない学生の姿が重なります。

叱り方は難しい

 そもそも「叱る」ってどういう行為を指すのかということを細かく考えないとあまり考えてもしかたないのかもしれませんが,私自身「叱る」というのは最後の手段にしたいと考えています。

 ちなみに,ここでの「叱る」は「叱責する」とか「恫喝する」とか「怒鳴る」とかを含む,「厳しいことを言う」にさらに発話の内容や様態の点で聞き手に攻撃的な何かが付け加えられている行為を想定しています。

 これは私が相手にするのが大学生だということが大きいです。大学生なら,相手の言い方とかではなく,言われた内容だけからたとえば自分が今厳しい状況にあるとか,良くないことをしたということをきちんと受け取ってほしいと考えています。この方針は卒論ゼミでは毎年最初に伝えます。

 でもですね…年末から年度末にかけては卒論提出から卒業判定まで特に気が休まらない日が続くのですが,もっと早い段階でもっときつい「言い方」をしておいた方がもしかしたら良かったんじゃないかと思ってしまうことがありまして。

 あ,きつくすると言っても,怒鳴るとか机を叩くとか発表資料を投げるとかそんなことはしませんよ(いずれも私が学生の頃に実際に見た行為)。

 命の危険があるとかそういうケースは別にして,日常の授業や研究の場面では,説明するとか説得するとか諭すとかそういう行為でなんとかしたいのですが,難しさも感じます。もちろん,内容として厳しいことはいろいろ言いますけど。

 実は,以前専業非常勤講師時代に1度だけ授業で声を荒げてしまったことがありまして,ものすごく後悔して2度とやらないと誓いました。今のところ破っていません。

 あと,こども(現在3歳)がもっと大きくなってくると,またいろいろ悩むんだろうなと思います。

ゼミの運営(ほとんど連絡)にLINEを1年使ってみた感想

はじめに

 今年度,ゼミの連絡にLINEを使ってみました。なのでタイトルには分かりやすく1年と書きましたが,正確には10ヶ月ぐらいですね。

 前提として,私のゼミは少人数であること(今年度は2人),私自身ふだんからLINEを使っている(家族とのやりとりだけですが)ということがあります。また,理工系の方などは「研究室」という仕組みはないと思ってください。つまり,私の他にゼミ生をサポートしてくれる院生等はいません。

 Twitterなどではしかたなく導入したという教員の発言を見かけることもありますが,私は授業でLINEやTwitterを対象にした言語研究を取り扱っているということもあって,一度やってみたいという思いがありました。

 また,ゼミやアポの時間調整,事務的な連絡がもっと簡単にできないかという期待がありました。

連絡が楽になった

 結果として,良かったのではないかと思います。また特に困った問題というのも発生しませんでした。以下簡単に書きます。

 まず,連絡が簡単になりました。特に既読機能によって相手が見たかどうか確認できるのが思ったより良かったです。もちろん環境・状況によっては必ずしも「読んだ」かどうか分かりませんし,既読回避の方法もあると思うのですが,メールだとどうしても読んだかどうか自体不明でこちらのスケジュール調整等がスタックしてしまうということがありましたので,それよりは良いと感じました。

 特にスケジュール調整は場合によっては何回かやりとりをしないといけない場合がありますが,私にとってはLINEの方がメールより負担感が少ないです。

 学生によっては望む望まざるによらず,LINEがふだん頻繁に接するツールだということが大きいのではないでしょうか。自身の他の生活の側面と卒論・ゼミの距離が近くなってしまうことが嫌だという人もいるでしょうが,そこが学生に支払ってもらっているコストの1つだと思います。

 あとこれは使う前には想定していなかったのですが,画像を簡単に送ったりそれをアルバムでまとめたり,ノートに重要な情報を記載しておくというのも頻繁に使ったわけではありませんが地味に便利でした。今年度は広告を研究対象にしたゼミ生がいたのですが,街中で撮影した広告の画像を送ってもらったりとか。

難点

 難点というほどではないのですが,LINEだとメールより送信相手を間違えるということが発生しやすいという印象があります。

 幸い家族に送る文面をゼミのグループに投下するということはやらかさなかったのですが,スケジュール調整に関する文面を違う相手に送ってしまうということはやらかしてしまいました。

 あと,私はツールとしては使いましたがスタンプ等はぜんぜん使わず文面もLINEに慣れていない人が作成する文面的なスタイルにしていたのでかなり事務的なグループができあがりました。でも,人によっては(特にふだんからLINEで多くやりとりをしている人は)学生との距離の取り方が難しいと感じることもあるかもしれません。私はTwitterの運営でもその辺りかなり意識的にやっているので,慣れているということもあります。

おわりに

 卒論生は就職活動や試験(教採や院試),また卒論そのものに追い込まれるということが発生しやすく,精神的に参ってしまうなどの理由で連絡が取りにくくなってしまうことは珍しくありません(どんな学生にも起こりうると思います)。

 学生の方はどうもきちんとした内容のある連絡や報告,あるいは進捗がないと連絡できないと思ってしまうこともあるらしく,そんな時に「既読」だけでも付けてくれるとこちらとしては助かるということがあります。もちろんかなりつらい時はLINEというかスマホすら見られない状態になってしまう人もいるのでしょうけれど。

 来年度も(ゼミ生の了解が得られれば)LINEを使ってみようかと考えているのですが,ちょっと検討中です。

関連記事

dlit.hatenadiary.com

国語学史,国語の言語政策史に関する本をちょっとだけ紹介

 古典教育・国語教育関連で先日書いた記事にid:karpaさんから情報をいただきましたので,自分の知っている範囲で紹介しておきたいと思います。かなり専門からは遠いので読書案内というタイトルは付けませんでした。

dlit.hatenadiary.com

国語の言語政策史

 国語教師・日本語教師を含め一般的に広く知って/読んでほしいのはこちらなので先に載せておきます。

 言語政策については批判的な視点が重要なので,安田敏朗氏の著作をおすすめしたいです。

「国語」の近代史―帝国日本と国語学者たち (中公新書)

「国語」の近代史―帝国日本と国語学者たち (中公新書)

新書でkindle版もあり手に入れやすいのも良いですね。

 古典教育関係の文脈で漢字廃止/制限論も目にしたので下記も挙げておきますが,ちょっとハードルが高いですかね。新書の方でももう少し詳しく触れられていれば良かったのですが。

漢字廃止の思想史

漢字廃止の思想史

 あと,個人的なおすすめとして山東功氏の著作を挙げておきます。どちらかというと下記の国語学史の文脈で紹介した方が良いのかもしれませんが,「制度」という観点も出てきますので。こちらもkindle版ありです。

唱歌と国語  明治近代化の装置 (講談社選書メチエ)

唱歌と国語 明治近代化の装置 (講談社選書メチエ)

国語学史

 「学史」なので,なじみがない方はざっくり国語/日本語の研究史だと考えて良いかと思います。研究史といっても現代の「研究(者)」に近い形の話ばかりではなく、特に古い時代については人々がどのようにことばに向き合ったかの歴史なので、たとえば訓読の発生とか日本語史的な内容も含みます。

 特にいつもチェックしているというわけではないのですがkarpaさんが示してくれた古田東朔・築島裕 (1972)『国語学史』と馬渕和夫・出雲朝子 (2007)『国語学史』の2冊をちょうど持っていました。

 研究書の方では釘貫 (2013)*1や服部 (2017)*2が出ていたからか,国語学史関係の概説ももっと出ているだろうという印象を勝手に抱いていたようです。

国語学史

国語学史

 大学院生の頃に購入しました。当時はまずはこれという定番だったと思います。章立てが「上古・中古」「中世」「近世」と時代別になっているのが特徴的でしょうか。

国語学史―日本人の言語研究の歴史

国語学史―日本人の言語研究の歴史

 こちらは上のものと比べて「音韻研究」「仮名遣研究」のようにおおよそトピック別の章立てになっているのが特徴です。

 ちなみに明治以降の研究についてはどちらもあまりページを割いていませんね。

 こちらもできれば国語教育に興味のある方には広く読まれてほしいです。ただどちらも初学者にはちょっとしんどいかもしれません。

*1:

「国語学」の形成と水脈 (ひつじ研究叢書(言語編)第113巻)

「国語学」の形成と水脈 (ひつじ研究叢書(言語編)第113巻)

*2:

明治期における日本語文法研究史 (ひつじ研究叢書(言語編)第146巻)

明治期における日本語文法研究史 (ひつじ研究叢書(言語編)第146巻)

古典教育や国語教育に関する雑感

追記(2019/01/22)

 カリキュラムの話について少し補足を書きました。

dlit.hatenadiary.com

はじめに

 いつも読んでいただいている方には今更だが,こういう内容を書く際には少し自分のことについて書いておいた方が良いだろう。

 私は言語学・日本語学が専門の大学教員である。国語教育は専門ではないのでこれから書くことについてはできるだけ批判的に受け止めてほしい。ただ,自身の専門が国語教育の隣接領域の1つだということもあるし,教育研究科という名前の大学院(修士課程)で授業を持っていたりということもあり,いくつかの接点はある。利害関係者といっても良いのかもしれない。

 本来ならもう少し先行研究に言及しながら書いた方が良いのだが,あまりにも時間がないので中途半端な状態で公開する。どちらかというと半分ぐらいは自分のためのメモであって専門的なところの解説も特にしない。また,最初はいろいろな論点について自分の考えを書いていたのだが長くなりすぎたので自分の観測範囲で取り上げられることの少ない話を中心に書く。

参考

 問題点を端的にまとめてくれているのと,関連リンクがあるので下記の記事をおすすめしておく。

dain.cocolog-nifty.com

また,動画の簡潔な書き起こしとして下記の記事は助かった。

xiao-2.hatenablog.com xiao-2.hatenablog.com

論点で気になるところ

 中等・高等教育での古典教育が縮小・廃止されると日本の古典研究の担い手が育たないというロジックを時々見かけるが,では日本の古典研究は非常に重要なので大学の研究・教育では重点的に予算を配分します。どちらかというと専門的にやった方がいいので中等・高等教育からは減らしますと言われたら,どう反論するのだろうか。「古典のことばは現代日本語と似ているので英語などより学習しやすい」というロジックをすでにどこかで使っているとさらに分が悪いかもしれない。ドイツ語学・文学やロシア語学・文学といった領域では学部からその言語の学習を始める学生も多く,それでも研究者は養成しているのである。

 もちろんこれぐらい雑な話だと反論も色々考えられる。日本の古典に関しては非常に重要なので他の言語よりも裾野を広くしておく必要があるとか,「選択と集中」的な案は効果が薄いとか,そもそも大学政策自体信頼できないので任せておけないとか。

 日本の古典や古語に関する知識・技術は様々な資料を読解するのに必要なので,一部のエリートにその知識や技術を集中させるのは危険である(権力的な意味でも継承的な意味でも)というのが1つの論点にならないかと考えてみたのだがどうだろうか。これもあくまで雑なアナロジーだが,さいきん国がやっている統計に関する不正や問題について,もっとごく一部の人にしかそのことが分からなかったらというようなことを考えてみるとよいかもしれない。

教員の負担

 togetterの反応は勉強になるものもいろいろあったのだが,気になるポイントがいくつかあった。ここでは1つだけ取り上げておく。それは,現場の工夫(教材研究や授業のやり方)で対応できるという考え方である。これは,教員の現状を考えるとあまり良くない戦略であると感じる。それこそ環境や人によるだろうが,現場の教員にそういう余裕や基本的な体力があるのだろうか。

 下記で触れる,言語学の知識や研究成果にも触れながら情報発信をしている教員として,あすこま氏やs-locarno氏がいる。

askoma.info

www.s-locarno.com

個人的には他にも専門性の高い国語教員の顔がいくつか思い浮かぶし,全国にはけっこうな数そういう教員がいるかもしれない。しかし,比較的環境が良い教員ですら教材研究や授業準備に時間を割くのはなかなか大変そうである。

 教員の労働問題がようやくかなり広く認知され問題視されるようになってきたような状況で,現場の頑張りや工夫にフォーカスを向けること自体に敏感になった方が良いということはないだろうか。もちろんこの問題には大学に在籍する研究者が良い(副)教材を開発するという他の解決手段も存在する。

言語学・日本語学の不在

 すでにTwitterでも書いたが,こういう議論で言語学や日本語学の専門的な知見を見聞きする頻度が少ないのは残念に思う。なにも専門の研究者を呼ばなくても話として出てくればまだ良いのだが,今回のケースでもそういうことはなかった。

 たとえば「国語」の言語政策については,社会言語学を専門にしていなくても日本語学の概論や日本語史の授業でやらないのだろうか(シラバスによってはやらなくても不思議ではないが)。

 下記のような指摘も具体的になされており気になるところだが,

国語教育という領域に他の研究分野の成果を十分に反映させるには相当の労力が必要そうだというのが私の実感である。もちろんトピックにもよるだろうけど学位論文だったら博士論文レベルでないと無理ではないかな。あるいは影響力のある研究者がプロジェクト組んで長期的にやるか。個別にはいろいろ取り組みもあるみたいだし,学会のシンポジウムとかで取り上げられてることもあるんだけど…

 言語学・日本語学の研究者としては「言語・日本語の話なのに触れられない」というのはこのトピックに限った話ではないので慣れのようなものも諦念のようなものもあるが,なんというかとてももったいない気がする。

古典教育を保持するポジティブな理由

 言語の観点からは,古文に対しては自身の第1言語(母語)と似た言語の学習を通して言語変種の存在と実態を学ぶ,漢文に対しては訓読などの技術に触れることによって第2言語(非母語)と向き合わなければならないという事態とどのように付き合うか学ぶという辺りが重要かと思う。訓読文は日本語の言語変種の1つと言ってもよいぐらい独自の発展を遂げるし(日本語史に触れたことがあれば特定の言語現象が和文あるいは訓読文に偏るという話はどこかで耳にするだろう)。

 ただ,この理由はそれぞれ「必然性」というには少し弱い。たとえば,現代日本語(共通語)の言語変種ということなら地域方言でも良いわけである。もちろん,古典語と地域方言一緒にやった方が面白いだろう話は合拗音とか係り結びとか属格主語とかいろいろあるし(ついでに言うと係り結びや属格主語は日本語だけでなく類型論的に見てもいろいろ面白い話があるが国語で取り扱うのは無理かな),できればそっちの方向に話が行ってほしい。

おわりに

 そもそも問題視されずにさらっと変更されるよりは(いや実際はけっこういろいろ変わってしまったのだけれど),このようにいろいろ話題になるのは良いと思う。

 最後に1つに気になる話を書いておくと,大学教員が「こうすれば面白くできるのに」ということを言うのはもちろん良いケースもあるのだろうけれどちょっとアンフェアかなと思うこともある。大学の授業の内容は基本的にかなり教員の裁量が大きいので,「古典語の完了の助動詞「つ」「ぬ」の使い分けに関する条件とヨーロッパの言語の一部に見られるhave系/be系の完了の助動詞の使い分けに関する条件が一緒だという話があってね」なんて話*1もいろいろできるわけだが,高校までの教育はかなりいろいろな条件・制約の下でやっているので(もちろん,それ自体問題だとか,実際はいろいろできるという話はできるだろう)難しいこともいろいろあるのではないかと思う。

 そろそろ保育園のお迎えの時間だしこの辺りで。気が向いたらまた何か書くかもしれません。

*1:鷲尾龍一 (2002)「上代日本語における助動詞選択の問題ー西欧諸語との比較から見えてくるもの」『日本語文法』2(1): 109-131.