誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

大学の(授業の)オンライン化+保育園休園で1ヶ月

筑波大学は4/27日にオンラインでの授業が始まりましたので,そろそろ1ヶ月経ちます。

私が住んでいるところ(東京)はずっと保育園が休園なので週の半分は育児という感じです。

やっぱり時間がないのが一番の問題です。
今日は私が育児担当日なのですが,授業はあるので朝方までオンデマンド授業の準備をしていました。明日も授業があるので,今日の育児が終わったらまた授業準備です。もう少し時間が取れる曜日もありますが,基本的にはこんな感じの毎日です。

こどもがディズニーアニメなどを視聴している時間にちょっとした作業ができることはあるのですが…と書いていたら,今日は一緒に見たかったらしく,これを書いている途中でやめて数時間経って続きを書いています。

授業はすべてライブ配信ではなくオンデマンドでやることにしたのは時間割通りに配信できなそうだなという予測があったからなのですが,実際厳しいです。がんばって調整すれば一部なんとかなるものもありそうですが…ちなみに明日は非常勤の授業でライブ配信型の授業をやる予定です(これは先方の事情で授業スタイルが元々指定されていたので調整済み)。

この厳しさにさらに追い打ちをかけているのが,振替授業です。 筑波大学では,夏休み前までの授業時間を確保するために,すべての土曜日でどれかの曜日の振替授業が行われるスケジュールになっています。私は月,火,金に授業があるので,実質的に土曜日もほぼ毎週授業があります。

さいきんだと土曜日に授業をやること自体はそれほど珍しくないと思うのですが,厳しいのは振替だということなんですよね。土曜日に月曜や火曜の授業があると,次の授業日がすぐ来てしまいますし,金曜日の振替が入ると2日連続で同じ授業です。授業準備が大変なのはもちろんのこと,課題間のつながりや期限の設定が難しかったりします。

私の授業はそもそも対面でやっている時から授業時間内に何らかの課題をやるスタイルが多かったので,課題の設定自体はそれをほぼ移行するだけで良いのですが,その分「今回は大変そうだからやめることにしよう」とはできないものもあり,調整が難しいケースも出てきています。特に今後来る金曜授業2日連続はどうしようか迷いますね。

パートナーも大学教員なので保育園の送り迎え等である程度授業日の調整はしていたのですが,さすがにここまでの事態に対応できるようなパターンにはなっていませんでした。時期的にもう変更が無理なタイミングでこんな状況になりましたしね。ただそもそも私の担当科目のうち多くを占める日本語文章表現系の授業は必修科目が多く,ほぼ時間割が固定で私の希望ぐらいでは動かせないという事情もあります。

関連

dlit.hatenadiary.com

『コウノドリ』最終話に寄せて(ちょっとだけネタバレあり)

マンガ『コウノドリ』の「最終話」が先週の『モーニング』に掲載されました。

morning.kodansha.co.jp

私は,このマンガのものすごく熱心な読者とは言えなそうなのですが,複雑な気持ちでいます。

まず先に断っておくと,ものすごく好きなマンガです。こんなに難しい題材を,よくここまで,こんな形で書き切れるものだなと。

一方で,私にとってこれは常に読む前に覚悟を求められるマンガでした。自分自身にこどもがいるからなのか,読んでてつらすぎることがけっこうあって。今回も,実は読み始めるまで一週間近くかかりました。

でもやっぱりこのマンガはあってくれて良かった。気になる方はいつでも,少しでも良いのでぜひどうぞ。

最終回に関して少し書いておくと,少しまとめっぽいことは語られていましたが,さらっとした感じでした。最終回に人工子宮の話を入れてきたのはさすがだと思いましたけどね。

私は,マンガに限らず物語は終わらせ方が難しいよなと思うんですが,あれだけのことを書いてきた作品には特別な終わりは必要ないんだなという感想を持ちました。

ところで,『モーニング』ではすでに別の「読むのに覚悟が必要なマンガ」の連載が始まっています。『リエゾン ―こどものこころ診療所―』です。こどもの障害を中心に,虐待等さまざまな家庭に関する話題を取り扱っています。

morning.kodansha.co.jp

まだしばらくは構えて『モーニング』と向き合うことになりそうですが,そんな『モーニング』が好きですよ。

授業用音声付きスライドの例4:形態論超入門(関連ファイルダウンロード可)

PowerPointで作成した音声付きスライドと関連ファイルを公開します。

タイトルで分かった方もいるかもしれませんが,以前TwiFULLという研究会で話した内容の一部に少し手を加えたものです。
当時の資料は今見ると自分の理解が変なところもあったり恥ずかしいものなのですが,その後授業でお使いいただいているという話も聞いたことがあり,今回の機会に少し修正しておくことにしました。

dlit.hatenadiary.com

スライドの中でも説明していますが,クリエイティブコモンズライセンスを付けています。ダウンロードできるいずれのファイルも,条件を守っていただければ改変して使えますし,そのままお使いいただいても構いません。

各種資料,ファイル

動画


言語学の授業例:形態論超入門

スライドショー形式(.ppsx)

ファイルをクリックするとすぐにスライドショーが再生されます。

音声付きスライド形式(.pptx)

実際のスライドがどのようになっているのかという確認等にお使いください。また,上に書いてあるようにライセンスに従うという条件はありますが内容自体も自由にお使いください。

スクリプト(.txt)

ざっくり書いて録音時にしゃべりながら変えたりしますので,実際に話しているものとは細部が異なっていることもあります。

授業用音声付きスライドの例3:言語学入門入門(関連ファイルダウンロード可)

PowerPointで作成した音声付きスライドと関連ファイルを公開します。
言語学関係でも公開できそうなものがあったので上げておきます。ほかのものについては下記の記事を見てみて下さい。

dlit.hatenadiary.com

スライドの中でも説明していますが,クリエイティブコモンズライセンスを付けています。ダウンロードできるいずれのファイルも,条件を守っていただければ改変して使えますし,そのままお使いいただいても構いません。今後も,提供できそうなものができたら公開する予定です。

各種資料,ファイル

今回は言語学入門の入門みたいな内容です。私が筑波大学で担当している「応用言語学講義」という文章研究を取り扱う専門科目の一部なので,かなり内容を絞ってあります。そのまま言語学概論などに使うのは難しいかもしれませんが,部分的にでもお使いいただけるところがあれば。

動画


言語学の授業例:言語学入門の入門(音声付きスライド)

スライドショー形式(.ppsx)

ファイルをクリックするとすぐにスライドショーが再生されます。

音声付きスライド形式(.pptx)

実際のスライドがどのようになっているのかという確認等にお使いください。また,上に書いてあるようにライセンスに従うという条件はありますが内容自体も自由にお使いください。

スクリプト(.txt)

ざっくり書いて録音時にしゃべりながら変えたりしますので,実際に話しているものとは細部が異なっていることもあります。

授業用音声付きスライドの例2:文書の種類(関連ファイルダウンロード可)

下記の記事に引き続き,PowerPointで作成した音声付きスライドを公開します。

dlit.hatenadiary.com

スライドの中でも説明していますが,クリエイティブコモンズライセンスを付けています。ダウンロードできるいずれのファイルも,条件を守っていただければ改変して使えますし,そのままお使いいただいても構いません。今後も,提供できそうなものができたら公開する予定です(どれぐらいできるかは分かりませんが…)。

各種資料,ファイル

今回も前回に引き続き,イントロのようなものですが,文書の種類と書き方の関係について簡単に説明しています。

動画


日本語文章表現系の授業例:文書の種類(音声付きスライド)

スライドショー形式(.ppsx)

ファイルをクリックするとすぐにスライドショーが再生されます。

音声付きスライド形式(.pptx)

実際のスライドがどのようになっているのかという確認等にお使いください。また,上に書いてあるようにライセンスに従うという条件はありますが内容自体も自由にお使いください。

スクリプト(.txt)

ざっくり書いて録音時にしゃべりながら変えたりしますので,実際に話しているものとは細部が異なっていることもあります。