誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

『日本語文法』に愚痴命令文の研究ノートが出ました

『日本語文法』は日本語文法学会の査読誌です。正式な題目は「独話に現れる愚痴命令文と反事実性」,掲載されたのは19巻2号です。目次はくろしお出版のページをご覧下さい。

www.9640.jp

Amazonでも買えます。

日本語文法 19巻2号

日本語文法 19巻2号

待ち合わせに遅れてきた友だちを遠くに発見した時に「もっと早く来いよ…」とつぶやく,ようなタイプの命令文の記述と分析案の提示を行っています。命令文というのは基本的に聞き手の未来(の予定)に干渉するというのが特徴なので,すでに確定していることがらについて,しかも独り言で使える命令文があるというのは不思議なのですね(上の例で言うと,この友だちは発話時点ですでに「もっと早く来る」ことを実現することはできなくなっている)。

「愚痴命令文」は私の命名で,正直査読で考え直せと言われるかと思っていたのですがそのまま通ってほっとしました。意味論的には,ノートの中でも触れている「反事実命令文 (counterfactual imperatives)」ではないかというのが重要で,この名称も気に入っていたのですが,こちらは残念ながら先に使っている文献(オランダ語の分析)がありました。文法的には,このタイプの命令文ではいわゆる終助詞の「よ」が(ほぼ)外せないというのが面白いところです。

今回は命令文の分析にフォーカスしましたが,独り言研究自体は,Twitterを対象にした言語学的研究ともつながるのではないかと考えています。ただこの辺りの研究成果が出せるのはいつになることか…

今回良かったなと思うのは,査読の助言によって,議論や構成等が明らかに改善したことです。私のこれまでの被査読の体験ではだいたい良いか悪いかがはっきりしていて,どちらにせよあまり大きな修正がないことが多かったのですが,今回は違いました。修正はなかなか苦労しましたが,査読によって論文の質が上がることも査読制の良いところだと思いますので,自身がその対象になったことを嬉しく思います。

「やさしい日本語」についてちょっとだけ

はじめに

下記の「やさしい日本語」に関するまとめが話題になっていて,Twitterでも少し関連することを書いたのですが,やはりこちらでも少し何か書いておくことにします。

togetter.com

東日本大震災の時にもそこそこ話題になったという印象があったのですが,それはやはり私の周囲に日本語学・言語学や日本語教育(日本語を第1言語としない人に日本語を教えること)に携わっている人,なじみのある人が多いからかもしれません。この話題に限ったことではないと思うのですが,機会があるたびに宣伝し続けるのが良いのでしょう。というわけである程度知っている方はいろいろなところで何か書いてみると良いのではないでしょうか。

私個人としては,東日本大震災の時に手話ニュースが叩かれたのを思い出しました。Twitterやはてブのコメントでも言及がありますが,こういう情報が助けになるのは「外国人」だけではないのです。

また今回,この話題に関して「想像力がない(のか)」というコメントをいくつか見ました。確かに「想像力」は知識や経験が及ばないところを補うという側面もあるのでしょうけれど,想像力の届く範囲はやはり何かしらの知識や経験をベースにするというところもあると思うので,いろいろな形でこの話題に触れる人が増えてくれると嬉しく思います。

庵功雄『やさしい日本語』の紹介

さて,いつものことですが私自身は日本語教育や社会言語学が専門というわけではありませんので,本を簡単に紹介するに留めたいと思います。

ちなみに,webで得られる情報源としてはやはり弘前大学の社会言語学研究室が公開している「やさしい日本語」のサイトが良いのではないかと思います。Q&Aに「やさしい日本語」の歴史をはじめ,日本語教育の初歩的なことについても簡単な解説があります。

human.cc.hirosaki-u.ac.jp

本としては,岩波新書の庵功雄 (2016)『やさしい日本語―多文化共生社会へ』がおすすめです。簡単な日本語学・言語学・日本語教育入門にもなっています。手に入れやすく安価で電子書籍もあるという点でも良いですね。

やさしい日本語――多文化共生社会へ (岩波新書)

やさしい日本語――多文化共生社会へ (岩波新書)

この本には,上のまとめや関連ツイートを目にした方が気になった多くのことがらについての情報や解説があります。他/多言語対応も必要だが限界があり「やさしい日本語」も必要であること(他/多言語対応と排他的な関係ではない),国内在住の「外国人」で第1言語以外の言語としては英語より日本語の方が分かる人が多いこと,さいきんニュースとしても定期的に話題になっている「外国籍の子どもたち」の言語の問題,ろうの子どもたちの問題,…そして,日本語そのものの語彙や文法,表記の問題にも具体的に触れられています。また,簡単ですが巻末に付録として実際に自分が使う時の指針になる〈やさしい日本語〉マニュアルも付いています。

最後に,少し長めですが重要な引用を1つ。

日本語を使った外国人とのコミュニケーションを普通のこととして受け入れる…(中略)…この場合の「日本語」は,私たちがふだん何の調整も加えないで使っている日本語ではなく,相手の日本語能力に合わせて調整した〈やさしい日本語〉です。言語を調整するという考え方が受け入れにくい読者もいらっしゃるかもしれません。しかし,そのように日本語を調整して,外国人とのコミュニケーションを遂行しようとすることは,実は,日本語母語話者に求められる日本語能力を高める手段として非常に有効です。
(庵 (2016): 13)

また,災害時のコミュニケーションや情報保証,日本語の表記の社会言語学的な問題について興味のある方は,webでは id:hituzinosanpo 氏のはてブやブログが参考になると思います。

余談

Twitterにも書きましたが,私は日本語学や言語学の概論に当たる授業や,文字・表記を扱う授業ではできる限り「やさしい日本語」や表記の社会言語学的な話題について触れることにしていて,時間があるとひらがなで書かれた論文を受講生に見せることがあるのですが,だいたいの人がかなりの拒否反応を示します。その前にある程度講義や予告をしておいてでもです。大きな違和感があるのは私も最初そうだったので分かるのですが,授業で要求しているわけではないのに漢字の必要性を正当化しようとする人もけっこういます。何か不安のようなものが生まれるのでしょうか。

今回は「やさしい日本語」の表記面が注目を集めたようですが,文法や語彙(外来語やオノマトペを極力使わない,とか)についても知っておくと会話でもけっこう色んな人とコミュニケーションが取れるようになりますよ。特に,大学事務の窓口や,接客業,公共交通機関のスタッフの方などにもかなり役立つのではないかと思います。「もう知ってるよ」という方も多いのかもしれませんが,私の生活で触れる範囲では,「やさしい日本語」も英語も使わずに「通常の」日本語で「外国人」に接している人がかなり多いという印象があります。

追記(2019/10/15)

やはり書き忘れたことがありました。下記のような記事にも書いたように私自身教育研究科(修士)という学校教育に携わる人が来るところで授業を持っていて,

dlit.hatenadiary.com

学部の授業にも教職希望者はそこそこいるのですが,国語教育や英語教育,小学校教育に興味のある人にも「やさしい日本語」はそこまで知られていないのではという実感というか不安というかがあります。杞憂だと良いのですが…一方で,国語の教員を目指している人が自主的に日本語教育の勉強をしたり他学科の日本語教育の授業を受けたりというケースもあるんですけどね。

関連記事

dlit.hatenadiary.com

40歳になりました

せっかくの機会なので少しだけ何か書いておくことにします。

ちょっと前に「若手」については少し書きました。

dlit.hatenadiary.com

研究

以前,ある先輩の研究者から「理論的な研究は若い内に1度突き詰めてやった方が良い」というアドバイスをいただいたことがありまして,ちょうど30歳の時に博士論文を書いたということもあり,30代のうちに理論面で何かひと仕事,と考えていたのですが,結局ぱっとしなかったなというのが実感です。

補充法 (suppletion)に関するいくつかの成果は個人的には気に入っているのですが,インパクトという点ではうーん。あと,さいきん始めた外来語に関する研究はいくつかおもしろいことができるのではないかと思いますがこれもこれからの話ですね。

論文等の成果物については,これから来年にかけていくつか報告できることがありますので,その都度ここでも宣伝します。

生活など

計画していたわけではなかったのですが,大学院修了・博士号取得,専任職への就職,結婚,第一子誕生,東京への移住,といろいろあった30代でした。

もう無理と思った瞬間・時期が何回もありましたが,未来の自分にツケを回すような形でなんとか乗り切ってきたような気がします。もう少し無理しないで生きていける環境を作りたいのですが,なかなか難しいですね。

皆様もご自愛ください。

研究に対する評価の情報(学会の難しさとか)を書き記しておくこと

研究者・大学教員の皆様におかれましては,たとえば論文や書籍,学会発表等による研究成果の発表を評価される/することについて(さいきんの状況下では)いろいろ思うところがあるのではないでしょうか。特に評価基準や研究に関する制度・文化が異なる他分野・他領域とのすりあわせや情報交換はなかなか大変ですよね。

以前社会学における研究の評価の話がきっかけになって少しだけ下記のような情報の提供がありましたが,人文社会系だけでなく,いわゆる理工系でも分野・領域によって実はいろいろ細かい違いがあるのではないでしょうか。

dlit.hatenadiary.com

さて,私が見ている限りではあまり良くあることではないのですが,書籍の前書きにそのようなことが書いてある例を1つ紹介しておきます(著者とは別の人が書いています)。ちなみにこの本自体おすすめの1冊ですので,専門書ですが,気になっていて未読の方はぜひどうぞ。

認識視点と因果

認識視点と因果

彼女の研究の評価は非常に高く,博士後期課程の時に京都大学で行われた第16回Japanese/Korean Linguistic Conferenceで発表を行っています。この学会は採択率20%前後という非常に水準の高い学会であり,日本語で教育を受けた大学院生の論文が採択されるのは極めてまれであるといえます。
(田窪行則 (2013)「序」『認識視点と因果』: i,強調はdlit)

人によって評価は異なるでしょうが,私の体感にかなり近いです。私も1回だけポスター発表で通ったことがありますが(口頭は全滅),どうしても避けられない校務で断念しました。

こういう学会,特に国際学会・国際会議の難しさや関連研究領域における評価は言語学の研究者内でも共有されているとは言い難く,このような情報がどこかに書いてあると情報交換や評価のすりあわせの際に助かるということがありそうです。

ただ,もしこういう記述が過渡に重視されるようになると,自画自賛や「盛った」記述が増えそうな気もするので悩ましいところですね。

研究に対する評価については,そもそも評価がどれぐらい必要なのかという根本的なところから,細かい基準に関する具体的なところまで,できること・やるべきことがいろいろあると思いますが,こういう試みも1つの参考になるのではないでしょうか。

はてなグループ提供終了により日記の移行を考えています

以前,はてなグループのサービスが提供終了するという発表があったのですが,下記の記事で新規作成や投稿だけでなく閲覧そのものができなくなるとの方向がありました。

hatena.g.hatena.ne.jp

かなり前に作成してだいぶ放置したままの「linguistics ?」というグループがあるのですが,

linguistics.g.hatena.ne.jp

少なくとも私の日記(dlit@linguistics)については,何らかの形で各記事を移行することを考えています。下記の記事のように,消えるままにするにはもったいないと思うものもありますので。

linguistics.g.hatena.ne.jp

グループ内の掲示板にも書きましたが,参加されている方はどうするか考えてみることをおすすめします(消えるままにするのも1つの選択です)。