誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

大学の2021年度がスタートしたのでちょっとだけ覚え書き

2021年度が始まって,私が勤務している筑波大学でも例年と同じスケジュールで授業が始まっています。2020年度がコロナ禍への対応があって4月末開始だっただけなんですがたった1年とは言えこの1年のインパクトが強すぎてなんだか懐かしい感じさえあります。ハイブリッド授業などについて具体的な話はまた改めて書こうかと考えていますが,ここまででもメモしておいた方が良いかなということが出てきている気がしますのでざっくり書きます。

ここへきてまた感染状況は順調に悪化しており,このまま行くと4月末あるいは5月の連休明けからまた今対面でやっている授業もオンラインに移行するのではないかというぼんやりとした心配があります。

1年前の同時期はかなりの緊迫感があったかと思うのですが,やっぱりあのテンションは長くは続かないですよね。続いたら続いたできつい気もします。

dlit.hatenadiary.com

新型コロナウイルス感染症について少なくとも1年前よりは理解や対策が進んだということもあるでしょうけれども。単純に感染者数だけ見ても,そのほか色々な数字を見てもよろしくない数値が並んでいますし,1年前は東京など特定の地域について心配されていたのに比べて,今は心配な地域もだいぶ増えたかと思います。

大学での「対面」

webやニュースではオンライン授業のことがよく話題になっているように見受けられますが,2020年度は,オリエンテーションをはじめ授業以外の多くの活動についても対面での実施が避けられました。入試はさすがに対面がメインでしたけどね。年度が新しくなったので書きますが,実はオンライン入試にもいくつか関わりました。関わり方にもよるのですけれども大変でした。ワクチンの接種状況も不安な現状では2021年度はさらに厳しい状況にならないとも限りませんし,大学関係者の皆様には具体的な方法などについて早めの検討をおすすめします。

一方,2021年度はオリエンテーションなどは基本的に対面で実施されました。ただ筑波大では対面で行う授業をかなり絞っているからなのか,コロナ禍前の恒例だった春のキャンパス大渋滞は見かけないように思います。

私自身はオンラインにはある程度耐性もあると思っていて,またこの1年で慣れたつもりでいましたがこうやってやってみるとできればいくらかは対面での活動が続けられると良いなと感じます。もしかしたらオンライン以外に選択肢がないってのがつらいのかもしれないので,対面とオンラインどちらも選べると良いのかな。

2020年度との違い(授業)

細かい違いを挙げると切りがないのですけれども,2020年度はすべての授業がオンラインだったのに対して,2021年度は学部で1つ,大学院で1つ対面で行う授業があります。正確に言えば学部の1つはオンラインとのハイブリッド授業です。

大学院の方は基本的に講義なのでオンラインに切り替えられなくもないのですけれども,学部の方の授業は演習(隔年開講)なのでできれば完全オンラインにはしたくないなと考えています。まあ状況次第ですね。一応完全オンラインになった場合の案も考えてはあります。

大学院の方は形態論の授業なので張り切っています(こちらも隔年開講)。ただし張り切りを授業の質に繋げるための時間を確保しなければなりません。厳しそう。前期は屈折形態論を中心にやる予定で,ある程度イントロやった後,syncretism, suppletion, periphrasisなど形態論で面白い/重要なトピックをやって,morpheme-based/paradigm-basedといった理論/モデルの話までできれば良いなと考えています。どこまでやれるか。後期は派生形態論をやる予定です。

ハイブリッド授業

ハイブリッド授業はハイフレックス型などと呼ばれる,対面で行う授業を同時にオンラインにも配信するタイプでやっています(配信は録画して視聴できるようにもする)。

使用している教室の設備に不具合があってプロジェクターが使えなかったのでスライド等の共有はせず(むしろ教室にいる人が見られない),今は私が話している様子をカメラで配信しているだけという簡単な形です。2020年度に購入した骨伝導ヘッドセット(AfterShokzのOpenComm)とウェブカメラ(LogicoolのSteramCam)ががんばっています。

元々こういう形でやる予定で準備していたのですが,複数の受講生から事情があるのでオンラインで受講できないかという問い合わせがありました。今は対面で受けている学生もオンラインで授業に参加したい/しなければならない状況になる可能性は十分にありますよね。私の授業ではどちらで受けても良いということにしているのですけれども,今のところ対面で受けている受講生がほとんどです。

受講生からのコメントをどうもらうかというのがけっこう難しいところで,結局音声で拾うのは諦めてテキストツールで書き込んでもらうという形でやっています。実はコロナ禍前にもこういうタイプのハイブリッド授業をやったことがあって,その時は受講生間でマイクを回して話してもらっていたのですが感染対策のことを考えるとそういうやり方は難しいです。

久しぶりに教室で授業をやってみて思ったのは,一定の空間に声を届かせるためにある程度のボリュームの音量で長い時間話すというのをしばらくやっていなかったんだなということです(マイク使わなくても大丈夫なサイズの教室)。2020年度は同時配信型のオンライン授業もやりましたしオンラインでの研究会や学会に参加して発表もしたのですけれどもオンラインだとあまり声を張らなくて良いというかむしろ声が大きすぎると問題というか。

今年度はできれば対面とオンラインどちらも継続してできて,両方を比較しながらそれぞれの良さや問題点に向き合える1年になると良いなということを思いました。

オンライン授業だから受講者をたくさん受け入れられるわけでもない

下記のまとめに対して「オンライン授業なのになんで履修者数を制限するのか」という主旨のコメントが複数付いているのが気になったので少し私の知っている事情や体験について書いておくことにしました。

togetter.com

大学ごとに様々な違いがあるので私の話がどれくらい上記のケースの参考になるかは分かりません。原則論としてどんな事情があるにせよ学生があまりにも希望の授業を受講できないというのは教育機関として問題だろうとは思うのですが,まとめを読む限りでも大学,あるいは学部の事情がありそうですのでそこはあまり踏み込まないことにします。

ただ下でも少し書きますが決して他人事というわけではなく,私の担当科目の中にも抽選による履修制限をすることがあるものがあってそこで「ほかでも抽選で落ちまくったので落ちたらきつい」というコメントをもらうことがあり,身近な問題でもあります。

オンライン授業でも制限なく受け入れるのは厳しい

確かにオンライン授業だと教室の制限がありませんので,その点で従来より多数の受講生を受け入れることはできます。

ただし,これも上のまとめへのコメントで指摘がありましたが,評価に関する手間と時間を考えるといくらでも受け入れるというわけにはいかないことが多いのではないでしょうか。少人数の授業と大人数の授業でどちらが大変かというのは授業の種類や内容によるので簡単には言えないのですが,課題やレポートのチェック,テストの採点についてはやはり人数が多いほどきついです。

出席と各授業回に関する課題のチェックをLMSなどで自動でできるようにし,期末試験を自動採点可能なテストにすればかなりいけるような気がします(ただ私はやったことがありません)。しかし授業の性質や内容によってはそういう形式にするのが難しいものもあります。

あるいはもっと何でもアリで良いなら,評価を適当にすることで実現できるかもしれません。各回の出席を取らず,課題も出さない,期末試験はやらないか超適当でOKならなんとかなるのかな。ただ今そんなことができる大学はないのではないかと思います。

TAは?

TAを使えば良いじゃんと考える人もいるかもしれません。確かに,大人数の授業や運営が大変な授業に対して優先的にTAが配置されるということはあり得ます。

ただ,これも大学によって違うと思いますが基本的に日本のTAは薄給なので少なくとも私はTAがいるから何百人も受け入れようという判断はできません。実際にはどうもTAに非常に過剰な労働を課している教員もいるようではありますけれども。

また,TAのコーディネーター業務をやっていての実感としてそもそもTAの確保が難しいという問題があります。これは予算の問題はもちろんとして,予算はあってもTAをお願いできる大学院生がなかなか見つからないということもあるのです。

抽選

私が担当しているいわゆる日本語文章表現系の科目(レポートの書き方とかそういう)で,どの学部・学科(筑波大だと学群・学類)からでも受講できる位置付けのものがあります。つまりは「必修」ではないのですが,意外と毎年受講希望者が多いので履修者数を制限しています。方法はやはり抽選です。

こういうタイプの科目だと毎回の課題とレポートのチェックがありますので人数が多いとほんときついんですね。この科目だけなら良いんですけど,ほかに各学部・学科で指定されている必修の科目もあるのでどうしても労働力と時間が足りません。ちなみにこれはコロナ禍前からある状況です。

ただ2021年度はコロナ禍以外にもいくつか特殊な条件が重ったので,私の担当する科目では履修制限はしないことにしました。細かいことを書き出すと長くなるのでやめておきますが,なんとか80人くらいに収まりそうでほっとしています(例年希望者が100人を超えることも珍しくなかったので)。大人数講義だと200とか300とか珍しくないと思うのですが,こういうタイプの授業だとどうしても講義だけというわけにはいかないのが難しいところです。この例年より増えた分の労働力と時間はどこから絞り出せば良いのか自分でも分かりません

履修制限をやってみた感想としては,できれば授業に対する姿勢とか履修する意欲とか明確な目的のようなもので選抜したいのですが,やはり時間と人手が足りません。もうちょっと柔軟な履修システムにできないものかと思うのですが,これは制度的に解決する仕組みはあるのでしょうか。ただ以前あった履修登録期間後でも履修を取り下げられる仕組みも今はなくなってしまっていて(あとGPAもなかったので試してみてダメならやめるということが今よりもやりやすかった),むしろより厳しくなっている印象です。

対策(理想)は人を増やすこと

効果がありそうな対策としては人(教員)を増やすことがあります。こう言われた大学関係者の反応の大半はため息をつくとか「それができれば苦労はない」と怒り出すとかそういう類のものでしょう。多くの大学では人が足りず(かつ減り続けている),色んな問題に大体このことが絡んでいます。

人を増やせれば1つの科目に避ける労働力と時間が増やせますので,オンライン授業であることをうまく利用して受講者数(の上限)を増やすこともできるでしょう。私だって,担当科目が減れば今と同じ内容の科目でも100人を超えて受け入れられますよ。

ちなみに,私の担当科目はさいきん話題になった筑波大学の代替シラバスで「教員名」にチェックを入れて私のファーストネーム(拓海)で検索すると簡単に調べることができます。単純に担当科目の数で大変さを比較することもやはりできないのですが,この数を見て「なんだ多くないじゃないか」と感じる大学教員もけっこういるんだろうなと思わされる今の状況がつらいところです。

make-it-tsukuba.github.io

なお,ここで出てくる検索結果には人文社会学研究科(修士,博士)および教育研究科(修士)で担当している科目は含まれていませんので,担当科目の話に限ってもこれだけをやっているというわけではありません。

追記(2021/04/16)

下記のようなコメントをいただきました。

抽選による不公平性はしょうがないと切り捨てるのは一般的なんかな。応募回数の重みくらいあっていいとおもうが
cartman0のブックマーク / 2021年4月15日 - はてなブックマーク

このような問題を正式に取り扱う会議や委員会に参加したことがないのであくまで個人の見解ですが,抽選は最後の手段的というか仕方ない場合の措置であって,できるだけ避けたいものです。私の勤務先でも(この記事に書いた私の担当科目とは異なるタイプの科目に対して)できるだけ抽選等による制限を行わず受講生を受け入れるのが望ましいという方針が大学から出されたこともあります。

抽選に複数回落ちてしまうというのは希望する授業を受けられないということ以外にも,短期間で難しいパズルに取り組まなければならない履修計画に思いもよらない変更や修正を迫られるという点でも大きな問題で,指摘にあるような何らかの救済措置があるのが望ましいでしょう。

私の授業では初回の授業時に履修に関する希望や事情等を簡単に聞くようにしていて,前年度に抽選に落ちて受講できなかったので再チャレンジとか,同種の他教員担当科目で抽選に漏れた等の事情がある場合は優先的な措置を取ることもあります。ただこれは(事務と連絡は取りながらも)履修制限と抽選を私が自分でやっているからある程度柔軟にできることで,事務が一手に履修者の調整を引き受けていて特にその必要のある科目が多い場合は調整が難しいのではないかと推測されます(履修登録期間はだいたい短いので各教員と連絡を取りながらやるのは大変そう)。

一方で私のケースでは自分が担当する科目+同種の他教員の科目の抽選結果くらいは考慮できるのですが,他の学部・学科の科目や履修システムについてはよく分からないことも多く,何らかの措置を取る場合の理由付けにはしにくいです。この点では広い科目を事務等の組織が一手にカバーしているというやり方の方が調整がききそうです(もちろん関連する科目数や学生数が多いことによる難しさはある)。

こういう明らかに複数の学生に不利益がある場合,カリキュラム,履修制度や教員・職員数,あるいは定員等システムのどこかに問題があるのはほぼ間違いない(というかどの大学でも問題がないことはおそらくほとんどない)のですが,どれもずっと同じというわけではなくそれぞれが変化していくのでなかなかまとめてシステムをデザインしてそれを実現・実行するというのが難しいという実感があります。もちろん難しいと言うばかりではなくできる限り対応するのが望ましいと思います。

ブログのテーマを「Neumorphism」に変えました

ぱっと見て良いなと思ったのでテーマを変えてみました。「Neumorphism」というテーマです。気分転換に。

テーマストアはこちら。

blog.hatena.ne.jp

デモサイトはこちら。

neumorphism.fuji-blo.com

細かいデザインもそのうちいじってみるかもしれません。