誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

2021年に書いた記事からいくつか紹介(+この1年の感想)

ここ数年毎年書いている,その年に書いたブログ記事の紹介です。被はてブ数やアクセス数に関わらず,書いた本人として読んでほしい記事をピックアップします。

dlit.hatenadiary.com

今年は週刊はてなブログへの寄稿というブログ書きとしては珍しいイベントがあった年でした。長くやっているとこんなこともあるんですね。

blog.hatenablog.com

その一方で,書き手としてはこれまで15年ブログを続けてきた中で,専門性とか専門家とか専門知とか,専門的な何かとそこに関わる人はますます尊重されなくなってきているなということをもっとも強く感じた1年でもありました。ここではこれ以上書きませんが,何かきっかけがあれば言語化するかもしれません。

ただ状況を見てみると,少なくとも言語学とその関連領域に関しては,Twitterやnote,あるいはYouTubeなどで専門性の高い人たちによる活動は増えているという印象がありますので,10年,15年前に比べてそもそも特に私が何かしなくてもということなのかもしれません。変に悩んだり考え込んでしまうのが私の性分なのでこれからも駄文を書き散らすとは思います。

言語学

三上章

今年はこの記事に尽きるでしょう。書き手としては,今年に限らず,このブログすべての記事の中でのベストという認識です。もちろん内容として物足りない部分はありますが,思ったよりがんばれました。

dlit.hatenadiary.com

三上章がフォーカスされ,また著書も売れているようなのは嬉しいのですが,妙に持ち上げられすぎているような気もしますので,こういう現代の研究との関係やほかの研究者の存在について書いておいて良かったと思います。

しかし書く前から予想はしていましたが,内容と労力の割に読まれてない度も圧倒的1位の記事ですね。多少詳しい人でも自分で調べるとなるとものすごく大変な情報もいろいろ入っていると思うのですが,まあそんな記事や情報はほかにもありふれていますので不思議なことではありません。

ゲーム言語研究

これも長らく構想がありながらなかなかアウトプットできていなかったものをようやく公開できました。

dlit.hatenadiary.com

ほんとうはもっと実際の自然言語の数の形態論辺りについて色んな言語を紹介しながら書くというのが理想だったのですが,力量不足でした。

スポーツ(オリンピック)

今年はオリンピックがあったのでスポーツについても色々書きました。中でも下記の記事に書いたように,その後の検証や振り返ること,思い出すことが重要ではないかと思います。

dlit.hatenadiary.com

あと個人的にオリンピック関連で改めて取り上げておきたいのは下記の記事でしょうか。

dlit.hatenadiary.com dlit.hatenadiary.com dlit.hatenadiary.com

研究・教育

オンライン授業

今年もコロナ禍下の授業はなかなか厳しかったです。来年も今のところあまり希望は持てませんね。いわゆるハイブリッド授業を本格的にやりました(コロナ禍前も非常勤で少し経験あり)。

dlit.hatenadiary.com dlit.hatenadiary.com dlit.hatenadiary.com

そのほか

dlit.hatenadiary.com dlit.hatenadiary.com dlit.hatenadiary.com dlit.hatenadiary.com

子育て・生活

今年は保育園が休園にならなくてほんとうに助かりました。一斉休園はなかったものの,個別には感染者が出て休園になったところも多かったようですので。

dlit.hatenadiary.com dlit.hatenadiary.com dlit.hatenadiary.com dlit.hatenadiary.com

ブログ

冒頭にも書いたように,週刊はてなブログへの寄稿は大変ありがたくまた貴重な体験になりました。記事にも書いたように依頼が来てブログ開始15周年に気付いたというキャラとかではなくほんとうにずぼらなブロガーです。

dlit.hatenadiary.com

noteで書く人はほんとうに増えましたね。宣伝くらいには使った方がいいのかな…と思いつつ,今のところ書く予定はありません。

dlit.hatenadiary.com

Notionに関する記事は継続的にアクセスがあります。書いたもの以外にもいくつか記事のアイディアはあるのですがまだ形にできず。

dlit.hatenadiary.com

付けてはみたものの,なかなか…

dlit.hatenadiary.com

2021年に買ってよく使ってるもの

さいきんあまりブログを書けない状態なのでリハビリも兼ねて今年のまとめ的なものから書いてみます。

生活編

水筒:THERMOS JOK-500

東京からつくばに通勤している,コーヒーをよく飲むということで,もう長いこと自分に合った水筒を探してきました。これまで試してきたものでそれなりに良いものもありましたが,もう買い替えなくて良いかもと思ったのははじめてかもしれません。

THERMOSのJOK-500の特徴はなんといっても食洗機対応ということでしょう。さいきんは対応のものも増えてきているのかもしれませんが,メーカーで公式に対応を明言しているものはこれまであまりなかったかと思います(子供用ならちょっと見つけたことあり)。

食洗機に対応していることで,私がこれまで求めてきた機能とお手入れの手軽さが両方手に入りました。シンプルな構造だと暖かい飲みものを入れた時の水滴問題がやっかいで(これはコーヒーだと特に),かといって構造が複雑だと洗ったり乾かしたりが手間…でも食洗機対応ならその手間がぐっと減ります。

軽さ,保温性なども十分満足で,表面が水を弾きやすい加工になっているのか簡単に水でさっと洗った時なども少し拭いただけで使えるというのも地味に便利です。

0.5Lの方はけっこう長いので,食洗機への入れ方によってはうまくきれいに洗えなかったり乾かせなかったり,場合によっては入れるのが難しいということがあるかもしれません。

スニーカー:MERRELL MQM FLEX2 GTX

子供と一緒に出かけると,予定してなかったけど公園に行くといったイベントが発生することも少なくなく,思わぬ形で水場や砂・泥と付き合わなければならなくなることがあります。

それならふだん履きのものから汚れや水に強いスニーカーにしてみようと思い立ち,ABC-MARTで見かけたMERRELLのMQM FLEX2 GTXを買ってみました。これが履きやすくまた防水性,濡れた地面での滑りにくさともにかなり満足で今年はもうほとんどこればっかり履いてます。

実際に購入したのは下記のものです(Amazonではこの色が見つからず)。

paypaymall.yahoo.co.jp

汚れのことを気にするなら白にするなよって話なんですが,白が結局色々使いやすいんですよね。でも汚れ自体付きにくいように思います。

難点は濡れた地面を歩くとかなり音がするので隠密性に欠けることくらいでしょうか。

ダンボールカッター:ミドリ ダンボールカッター

ミドリのダンボールカッターは有名なようなので知っている人も多いでしょう。子供がいるので元々宅配サービスを色々使ってきたのですが,コロナ禍でさらにダンボールを開ける機会は増えたように感じます。

切れ味,使いやすさともに素晴らしいです。切れ味がよいのでダンボールの荷物によく入っている空気で膨らませてあるタイプの梱包材の処理も簡単にできます。気に入ったので研究室用にもう1つ買いました。

かなり切れ味が良いのにセラミック刃であまり刃物っぽくない(+刃の部分が小さい)ので,環境によっては子供が気軽に触らないように注意が必要ではないかと思います。

仕事編

ディスプレイ:Dell U2720QM

「メモリは人権」なんて言い方がありますね。もちろん仕事にもよるのでしょうけれど,画面の大きさもかなり重要ではないでしょうか。

在宅勤務になっても,机の小ささとメインマシンがMacBook Proの16インチであることから,15インチくらいのモバイルディスプレイとiPad Proを併用することでしばらく誤魔化してきました。しかしやはりどうにもきついなと感じてとうとうDellのU2720QMを購入。快適です。

いやーしかしディスプレイも安くなりましたね。機能にそこまでこだわらなければ4Kの27インチでもっと安いのもいろいろありますもんね。さいきん増えてきたワイドのやつとかも試してみたかったのですが,自宅の環境ではちょっと難しく断念。

ちなみにMacBook Pro 16インチへの給電も十分できています。人によってはリモコンがないのは不便かもしれません。

リストレスト:サンワダイレクト デスク取り付け型リストレスト

在宅勤務で使ってる机は奥行きがあまりないのが難点で,それを補うために買ってみたら思いのほかよかったです。

ほんとうに机が少し拡張される感じで,小物や本,iPadを置いたりという使い方もできます。またタイプの時の手の位置が机から離れるので,ディスプレイからの距離も取れるようになりました。私はメッシュ生地,60cmで片方にしか肘置きがないタイプを使っています。

購入に当たっては,少し注意点があります。それは,このリストレスト自体高さがあるのでキーボードとの相性があるということです。具体的には,MacのMagic Keyboardでは低すぎ(薄すぎ)てこのリストレストと組み合わせて使うのは難しかったです。キーボードの高さを底上げするか,高さのあるキーボードを使うしかないと思います。私は研究室で使っていたArchissのMaestro2と組み合わせて使うことにしました。これだと高さが合っているように感じます。

あとこのリストレストの上でマウスを使う場合はマウスパッド必須ではないかと思います。少なくともメッシュ生地タイプではそのままだとマウスがうまく使えませんでした。マウスパッドを敷けば,マウスを使うスペースは十分あります。

アプリ・サービス・サブスクリプション:なし

今年についてはいろいろ記録を探ってみたものの,特筆するものはないみたいです。ほとんど以前から使用しているもので足りているという感じでしょうか。購入してみたもののレギュラーにはならなかった,というものなら色々あるのですが。

参考までに2019年の記事をはっておきます。

dlit.hatenadiary.com

dlit.hatenadiary.com

日本語文法学会でパネルセッション「「する」構文の核と周縁」をやります(12/11-12, オンライン)

来週末に開催される日本語文法学会第22回大会で臼杵岳さん企画のパネルセッション「「する」構文の核と周縁」に参加します。

大会の詳細は下記のページをご覧下さい。オンライン開催で学生の参加は会員かどうかに関わらず無料ですが事前申し込みが必要,締め切りは今日12月5日(日)です。少しでも気になる内容があったらとりあえず申し込んでおいてみてはいかがでしょうか。Goole Formsに回答するだけなのですぐに終わります。

www.nihongo-bunpo.org

パネルセッションの構成は下記のようになっています。要旨はこちらから読めます(pdf注意)。

  • 発表1:臼杵岳(京都産業大学)「擬態語動詞の再考」
  • 発表2:田川拓海(筑波大学)「動詞化要素としての「する」と「る」」
  • 発表3:岸本秀樹(神戸大学)「「青い目をしている」構文の意味と統語構造について」

私の発表では複数のタイプの「する」に加えてル動詞(例:事故る,タピる,…)も取り扱うので時間配分が厳しそうです。相変わらず分析は分散形態論の話ですが,理論のところをぜんぶ抜いても面白い話題を提供できればと考えています。

研究発表,もう1つのとりたてのパネルセッション,チュートリアル,シンポジウム,どれもなかなか豪華で面白そうな内容になっていると思います。おすすめです。くどいようですが申し込み締め切りは今日(12月5日(日))ですよ!