誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

ゲーム言語における呪文名・魔法名と数範疇の形態論的類型論に向けて

はじめに

本稿はゲーム言語,特にRPG語における呪文名・魔法名の研究において「数 (number)」の範疇 (category)をどのように扱うのが適切か検討する。具体的には,呪文・魔法の効果が及ぶ対象の数を数範疇(以降単に「数」とする)と考えることを提唱し,その値としてどのようなものが考えられるか整理する。さらに,数がどのような形態論的特徴と対応するかによって少なくとも3つのタイプの言語があることを示し,類型論 (typology)研究の基盤整備を目指す。

本研究はあくまでも呪文名・魔法名を対象とした言語学的研究であり,呪文・魔法やゲームシステム等の研究ではないことに注意されたい。研究の方向性はケーススタディである田川 (2012, 2013, 2015)を見てもらえばおおよそつかめるであろう。ただし,形態論的な分析をする上でもやはり呪文・魔法そのものの効果を考えざるを得ず,このことが呪文名・魔法名研究における1つの問題になり得ることについては田川 (2018)で簡単に述べた。しかし,本稿では過去のケーススタディと同様,呪文名・魔法名とその効果のセットのみを対象として分析・考察を行う。

なお,「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」は名称が長いため以降それぞれ「DQ」「FF」の略称を用いる。

ゲーム言語における数とその値

何を数と考えるか

田川 (2012)およびその後の研究では,呪文名・魔法名に関わる文法的素性として《対象》,その値として[+単体][+グループ][+全体]を仮定した。本稿ではこれをゲーム言語の呪文名・魔法名における数 (number)として考えることを提案したい。

(1) ゲーム言語の呪文名・魔法名における数:その呪文・魔法が効果を及ぼす対象の数

より厳密には「対象数 (number of target)」という用語がふさわしいのではないかとも考えられるが,本稿では自然言語の研究を参照する上でややこしいので言語学の研究で定着している用語である「数」を用いる。

数の値

数の値としては主に次のようなものが考えられる。言語(ゲーム)によっては[+グループ]が採用されていない,味方全員に効果を及ぼす呪文名・魔法名の値を[+グループ]と考えるのか[+全体]と考えるのかといったいくつかの問題があるが,出発点としては十分であろう。

(2) ゲーム言語の呪文名・魔法名における数の値
 a. [+単体]:呪文・魔法の効果が及ぶ対象の敵あるいは味方の数が1
 b. [+グループ]:呪文・魔法の効果が及ぶ対象が同種の敵あるいは味方すべて
 c. [+全体]:呪文・魔法の効果が及ぶ対象が敵あるいは味方すべて*1

[+グループ][+全体]という名称を見るとゲーム言語特有だと感じられるかもしれないが,その性質を考えると決して自然言語とまったく異なるものというわけでもない。

印欧語によく見られる複数 (plural)が同種の個体による累加的複数 (additive plural)であるのに対して,たとえば現代日本語の接尾辞「-たち(達)」は同種でない個体もまとめることができる結合的複数 (associative plural)であることが知られている(Nakanishi and Tomioka (2004))*2。たとえば,下記の例文が示すように「-たち」は固有名詞にも付くことができ,山田以外のメンバーは山田ではなくても良い。また「先生たち」の場合も,先生の集合を表すだけでなく,先生と先生でない者から構成されるグループを表すことができるであろう。

(3) 山田たちが来た/先生たちが来た

このように,自然言語にも同種のもので構成される複数と同種でないものをまとめる複数があるのである。この点から見ると,累加的複数は[+グループ],結合的複数は[+全体]と似ている。もちろん,より厳密な比較・対照が可能であるかどうかについてはさらに検討が必要である。

そのほかの,たとえば自然言語の双数 (dual)に対応するような値の可能性については課題と展望において触れる。

言語のタイプ

本節では,前節でまとめた数がどのような形態論的手段によって表されるかによってゲーム言語の呪文名・魔法名が少なくとも3つのタイプに分けられるのではないかということを提案する。現段階ではあまり多くの言語について検討できていないので,研究の進展によって分類の修正や追加が必要になる可能性も十分にある。

総合的数言語 (synthetic number languages)

まず1つ目のタイプとして,数が接辞などによって標示される言語が挙げられる。これを総合的数言語と名付ける。

(4) 総合的数言語 (synthetic number languages):数の特定の値が接辞などの明示的な形態論的な手段によって表される。女神転生諸語など

典型的な例として女神転生諸語の魔法名が挙げられる*3

(5) 女神転生諸語における複数化接辞
 a. アギ[+単体] → マハ-r-アギ*4[+グループ]/[+全体]
 b. ブフ[+単体] → マハ-ブフ[+グループ]/[+全体]
 c. ジオ[+単体] → マハ-ジオ[+グループ]/[+全体]

この言語グループに所属するどの言語かによってどの値と接頭辞「マハ-」が対応するかは変わってくるが,異なる語彙素に対して同一の接辞が複数化を行っていると言えよう。より詳細に分析するなら,言語によっては対象が[+グループ]ではなく数体に限られるものもあるから,後で触れる「少数 (paucal)」の値を導入する必要があるかもしれない。

もう1つのこのタイプに分類される可能性のある大きな言語グループとしてウィザードリィ諸語が挙げられる。

(6) ウィザードリィ諸語における複数化接辞
 a. ハリト[+単体] → マ-ハリト[+グループ]
 b. モーリス[+グループ] → マ-モーリス[+全体]

一応,複数の語彙素にまたがって特定の接頭辞「マ-」が複数化の値と対応しているようであるが,女神転生諸語ほど体系的ではないようにも見受けられる。そもそもウィザードリィそのものにtrue wordという考え方があり「マ-」が切り出されているということは傍証の1つにはなるが,これが形態論的に複数化を担うということを示すためにはやはり個別の経験的議論が今後必要であろう。

なお,言語学における「総合的 (synthetic)」はややこしく(特にこの分野に詳しくないと)分かりにくい用語なので「形態論的数言語 (morphological number languages)」などとする方が分かりやすいかもしれない。

数語彙化言語 (lexicalized number languages)

2つ目のタイプとして数の区別はあるが主にその値がそれぞれの語に固定されている言語が挙げられる。これを数語彙化言語と呼ぼう。

(7) 数語彙化言語 (lexicalized number languages):数の特定の値がそれぞれの語に固定されている。DQ諸語など

典型的な例としてはDQ諸語が挙げられる。もちろん通時的な変遷や変種による違いはあるものの,この言語グループでは呪文名は形態論的に変化してもそれによって数の値が変わることがあまりない。

(8) DQ諸語における数の値の現れ方
 a. メラ・メラ-ミ・メラ-ゾーマ:すべて[+単体]
 b. イオ・イオ-ラ・イオ-ナズン:すべて[+全体]
 c. hyad-o[+単体] → hyad-aruko[+グループ]
 d. rukan-i[+単体] → rukan-an[+グループ]

(8a, b)に示すように,メラやイオといった語彙素によって数の値は決まっており,形態論的な変化と対応しているのは威力である。また,(8c, d)のような対応を見ると一見数の値の変化が形態論的に表されているようにも思えるが,総合的数言語と違って,同一の接辞がそれを担うことがないのである。

「ザラキ・ザラキーマ」「メダパニ・メダパニーマ」のような対応に現れる接尾辞「ーマ」は複数化の接辞と言って良いだろう。ただしこのような接辞はこのタイプの言語ではかなり数が限られているようである。DQ諸語において接辞がそれほど体系的になっておらず,文法範疇との対応もあまり見られないことについては田川 (2012)も参照されたい。

数自由言語 (free number languages)

3つ目のタイプとして,数の値が接辞のような形態論的手段によってもあまり変わらず,語による指定もない,どちらかというと自由に変えることのできる言語を挙げることができる。これらを「数自由言語」と呼ぶこととしたい。

(9) 数自由言語 (free number languages) :数の値が接辞や語と対応せず比較的自由に変化できる。FF諸語など

FF諸語内でももちろん通時的な変遷や変種による違いはあるが,その多くの言語においてファイア,サンダー,ブリザド,ケアルといった基本的な魔法はその数の値と語形が対応せず,接辞を付けなくても基本的に自由に変化する。

自然言語においては,数の標示が任意 (facultative)である言語に似ている(cf. Corbett (2000))。その類似性がより明確に示せれば,名称を「数任意言語 (facultative number languages)」としても良いのかもしれない。

なお,魔法によっては数の値が固定されているものもあるし(例:「レイズ」系),「ヘイスト[+単体]・ヘイス-ガ[+全体]」のように形態論的変化によって数の値が変わる対応もあるが,基本的に広くは見られない*5

また田川 (2015)でも少し触れたように「コメット[+単体]・メテオ[+全体]」のようなペアは補充法 (suppletion),あるいは語幹交替 (stem alternation)と考えることができるかもしれない。

分類の注意点

先にも少し述べたように,これはあくまでスタートポイントとしての分類であって,今後各諸語,あるいは各言語の研究の進展によって大きく分類が見直される可能性は十分にある。そもそも本稿単体では類型論と言えないほど少数の言語(グループ)しか取り上げていない。

また,これも形態論や類型論,あるいはそもそも言語を分類する際の常として,あるタイプに分類される言語がそのほかの特徴をまったく持たないわけではない。すでに個別の論で見たように,数語彙化言語や数自由言語でも総合的数言語に広く見られる接辞による数の値の変化は観察される。

おわりに:課題と展望

課題としては,それぞれの言語あるいは言語グループに対する個別の研究を進めることが第一であり,すでに述べたので最後に数のそのほかの値について触れて結びに変える。

自然言語には,単数 (singular),複数 (plural)ほどは広く見られないが,ほかにも双数 (dual),三数 (trial),四数 (quadral),あるいは少数 (paucal)といった数の値があることが知られている*6

ゲーム言語の呪文名・魔法名でもこれらに該当する値は見出すことができる。

まず,女神転生諸語では言語によって対象が2体に限られる魔法が存在する(例:ムド,ハンマ)。これは[+双数]として良いだろう。女神転生諸語ではほかにも1グループではなく敵数体に対象が限られる魔法があり,これらの値を[+グループ]や[+全体]と区別するなら[+少数]とするのが適切ではないかと考えられる。

さらに,この研究の対象を特技やアビリティといった語彙にも敷衍した場合には,DQ諸語の「はやぶさ斬り」は[+双数],同じくDQ諸語の「つるぎのまい」,あるいはFF諸語の「みだれうち」は[+四数]と考える余地が出てくる。ただし,これらの特技は必ずn体に攻撃するというよりは最大n体に攻撃するという性質のものなので,呪文・魔法の「対象」の概念の定義を再考する必要は出てくるであろう。

このような分析の拡大の是非については稿を改めるしかないが,呪文名・魔法名だけでなく特技名やアビリティ名,あるいはモンスター名,アイテム名といった語彙もゲーム言語研究においては重要だと考えられる(たとえば時代区分への応用については田川 (2018)がある)。これも今後の研究の進展を待ちたい。

参照文献

Corbett, Greville G. (2000) Number. Cambridge: Cambridge University Press.
Nakanishi, Kimiko and Satoshi Tomioka (2004) “Japanese Plurals are Exceptional,” Journal of East Asian Linguistics 13: 113–140.
田川拓海 (2012)「「ドラゴンクエスト」シリーズにおける呪文名の形態論的記述に向けて」(https://dlit.hatenadiary.com/entry/20120215/1329330135).
田川拓海 (2013)「「ヒャダイン」の消失についての形態論的一考察」『Semiannual Journal of Languages and Linguistics』1: 21-23. (https://dlit.hatenadiary.com/entry/20131119/1384817522).
田川拓海 (2015)「「ファイナルファンタジー」シリーズにおける魔法名の形態論的記述に向けて」(https://dlit.hatenadiary.com/entry/20150929/1443517410).
田川拓海 (2018)「呪文名を中心としたDQ語の時代区分の提案とRPG語研究の特性に関するノート」(https://dlit.hatenadiary.com/entry/20180213/1518516802).

*1:敵すべてかつ味方すべてが対象の呪文・魔法も存在するが,あまり数がないようなので専用の値を仮定するのが良いかもしれない。

*2:結合的複数の研究は日本語以外にもある。

*3:女神転生シリーズの魔法がこのタイプに該当する可能性は@aoi_yoshi_frfk氏の指摘による。記して感謝したい。

*4:rはaの母音連続を避けるための挿入音 (epenthesis)ではないかと考えられる。

*5:ただしFF12語においては接辞による数の値の変化が比較的広く見られる。

*6:双数,三数と比べると四数を持つ言語が確実にあると言えるかどうかは議論があるようである。Corbett (2000: 26-30)などを参照。

自由研究だけじゃない!ことばに関わる人へ『コトラボ』のすすめ

はじめに

松浦年男さんが書いたことばを題材にした自由研究に関する本『自由研究 ようこそ!ことばの実験室(コトラボ)へ』を簡単に紹介します。

ところで書名が長いので略称は『コトラボ』にします。著者の松浦さんも使ってるっぽいですし。

後で説明する通りもっと幅広く使えそうな本ですので自由研究に悩んでいなくてもことばに興味のある方,仕事などでことばに関わる方はぜひのぞいてみてください

ところでまだ自由研究って間に合うんでしょうか。この本を注文して届いて…という時間を考えると厳しいかな。書店ですぐ手に入れられたり夏休みが延長になった人は微かに可能性あるくらい?

ほかにも色んな方が紹介を書いたりしてるのでそちらを読んだりTwitterで検索してみる方が良いかもしれないです。下記は読書案内が大変充実している現役の教師の方による記事。

www.s-locarno.com

松浦さんのサポートページにもTwitterの関連ハッシュタグへの検索リンクがあります。

researchmap.jp

目次・トピック

下記に一部の目次を載せておきます。項目が多いのでぜんぶ載せると長くなり過ぎちゃって…この本はAmazonの商品ページでも目次載ってますけど,ひつじ書房のページからは目次全体に加えて前書きも読めるのが良いです。ぜひどちらかでチェックしてみてください。

ようこそ! ことばの実験室(コトラボ)へ
コトラボの歩き方
コトラボでどうやって調べたい?
結果を発表しよう
1. 単語のしくみ(例:「ことばの意味」クイズを作ろう【レベル1、つくる】)
2. 音のしくみ(例:「名前を縮めると…?【レベル2、しらべる】)
3. 文・会話のしくみ(例:並べ替えられないことばを探そう【レベル3、かんがえる】)
4. さまざまな言葉(例:手話のことを調べよう【レベル3、しらべる】)
https://www.hituzi.co.jp/hituzibooks/ISBN978-4-8234-1108-3.htm

個人的には,手話も含めて言語のバリエーションをかなり取り上げていることと,あと文法も取り上げているのが素晴らしいと思いました。語彙などに比べて文法ってどうしてもこういう形に落とし込むのは難しいという印象があって。

本の特徴

ぜひまず前書きの部分を読んでほしいと思います。本の方針についての良いポイントは上で紹介したロカルノさんの記事でも丁寧に触れられていましたから,私はもうちょっと形式的なところを紹介しておきます。

私が考える本書の一番良い点は,具体的で取り組みやすい問いが設定されていることと,その問いに取り組むための具体的な方法や手順がガイドとして付いていることです。書籍が1,000円を超えるとそれだけで高いと感じる方はけっこういるようですが,この内容でこの価格はとてもお得です。

こういうセットをちゃんと準備するのはほんとうに大変なんですよ(教員をやっていての実感)。たとえば「漢字の成り立ちを調べてみよう」みたいな問題は誰でもすぐに思いつけると思います。でも端的な問いかけだけで投げっぱなしにせずに,児童・生徒や学生がきちんと取り組めるように適切な対象を選んだり,調べる手段を用意したり,自分で調べる時の注意点についてのガイドを整備する…となると一気にハードルが上がります。特にことばについてはただ単にネットで調べると間違ってる/怪しい情報がたくさん引っかかりますからね。

これから先の展開は分かりませんけれど,本書の登場をまず喜んでいるのは教員ではないかという感じがします(私の周りにそういう知り合いが多いだけかも…)。

さらに形式的なところをもう少し紹介しておきます。目次にあるように,「つくる」「しらべる」「かんがえる」という3つのタイプの問いが用意され,レベルも設定されていることに加えて,前書きの部分に取り組み方(頭で考える,本や新聞などから集める,回りの言葉を観察する,自分で作る,インターネットを使う)による分類も示されています。これを見て取り組む問いを考えるのも面白そうです。

あと,問いやその関連知識だけでなく,調べたことをまとめる方法や手順,もっと具体的なところではGoogle翻訳の使い方などに関する説明もあって,個別のスキルのトレーニングにもなります。

ほかの使い方,あるいはちょっと心配なこと

ちょっと心配なこととして,この本は国語に関する教材として便利すぎるので,国語(に関心の高い/が得意ではない)教員が授業などで使ってしまって生徒が自由研究で使えるネタが少なくなる,残されない,ということがあります。杞憂でしょうか。

せっかくここまでフォーマットが用意されているのですから,教員の方々にはできればこれをベースにぜひ新しい問いを設定してほしいなと思います。ただ多忙な教員の方々にそこまで要求するのは酷かな。

ちなみにうちのこどももそろそろ小学生なので,この本を一緒に読める日が来ると嬉しいですね。

ところで本書を読んでいると問いというのは本当に面白いなと思います。この本で取り上げられている問いやトピックは,自由研究が大きな課題である小学校だけでなく,中学・高校でも十分面白い課題として取り組めるでしょう。それだけでなく,大学の日本語学概論のような授業で取り上げることもできそうですし,卒業論文のテーマにできるものもあります。もちろん要求されるレベルとか,条件設定とか,調べる時の方法などは変わります。

あと,たとえば日本語の授業で学習者と一緒に日本語のことを調べる時のテキストやガイドとしても使えるのではないでしょうか。

ちょっと過激な言い方をしておくと,この本で取り上げられている問いや知識を一見したところの易しさから馬鹿にするような人は,ことばに関することについて信用しない方が良いと思います。

その他の本

私もいろいろ紹介したい本が思い浮かばないではないのですけれど,選抜が難しいので,過去に書いた記事のまとめを紹介しておくにとどめます。ことばに関する,専門的に信頼できる良い本は実はたくさん出ているのです。

dlit.hatenadiary.com

サークル文化の記憶や記録は継承した方が良いかも

下記の辺りの流れを見て,ちょっと気になったことを書き記しておく。結論とか提案みたいなものはタイトルに書いたとおり。もうちょっと具体的に書いておくと,サークル文化の良いところも悪いところも後進に伝えておくのが良いのではという辺りが重要かな。

anond.hatelabo.jp

県人会とか

「サークル(文化)」というと,どうしても東京都内とかにある大学の華やかな,そして時には問題も起こすようなタイプのものを思い浮かべる人が多いのかもしれない。しかし一口に「サークル」と言っても多種多様なものがあり,また大学ごとに事情も違うだろうからあまり一括りにしては論じられないだろう。

私がサークル文化の継承というところで真っ先に思い出す身近な事例は,サークルとはまたちょっと違うかもしれないけれども,筑波大学(所属先)の沖縄県人会のこと。この県人会は学園祭(雙峰祭)でエイサーを披露するのが恒例だった(少なくとも私が学部生だった1990年代後半からずっと続いていた)。

あまり活動そのものに直接関わっているわけではないけれど,ここ数年この県人会が学内でエイサーを練習する場所の申請をするための書類に教員としてサインをしてきた。私は学部生だったときも体育会だったということもあって県人会にはほとんど関わることができず,ちょっとした罪滅ぼしのような個人的動機もある(三線とかでも貢献できないので…)。

ところがコロナ禍で2020年は学園祭が中止になった。もし2021年も開催できないということになると,活動の継続がけっこう難しくなるのではないかという心配がある。沖縄出身であればエイサーそのものはある程度練習すればできる人がけっこういると思うけれど,人を集めて定期的に練習してそれを学園祭で披露するといった手順やノウハウは一旦途切れると後からやろうとする人はなかなか厳しいのではないか。

ダメな文化の記憶を語り継ぐ

さて,こういう例を出すと「なるほど,良いものもあるのか,そういうのは残した方が良いかも」という人はけっこういるだろう。私はサークル文化のダメなところもきちんと語り継いだ方が良いと思う(ダメな風習や伝統,あるいは組織そのものはなくなっても良い)。

いったんサークル文化の継承が途切れることでダメな伝統がなくなったとしても,結局人が組織や集団を作る以上,同じことが繰り返されるんじゃないかな。特にハラスメントとか差別とかその辺りが心配。それなら,「むかしこのサークルではこんなひどいことがあった」という記録や記憶が継承される方が良いんじゃないか。

語り継ぐのが難しいなら,何かに記録しておくとか。あとサークルで使っていた資料とかミーティングなんかの記録を残しておくとか。

私は学部では体育会に所属してその後は研究の道に進んだけれど,体育会だろうがサークルだろうがアカデミアだろうが人がある程度集まって組織を作ったり一緒に活動をすると,ちょっとしたきっかけで変な伝統や人間関係,あるいはハラスメントが発生するんだなというのが強い実感としてある。

もちろん時にはどうしようもなく行き詰まって組織を解体した方が良い場合もあるだろうけれど(特に「伝統」ってのはほんとに厄介),じゃあまっさらにした後は素晴らしいものがスタートするかといったら,そんなに望みは持てないっすよ,たぶん。形はどうあれ,ダメだったことについても伝えていく方が良いと思う。

関連記事

dlit.hatenadiary.com