誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

赤とんぼとかうなぎとか(言語学の話)

 いわゆる「赤とんぼ」の絶滅の危険性に関する記事を見る度に書こうと思いつつ,いつも通りなかなか手が付けられなかったのでごく簡単に。

webronza.asahi.com

言語学と生き物の名前

 言語学では,ある言語現象を指す際に生き物の名前が使われることがあります。

 日本語だと「うなぎ文」と呼ばれるものがありまして,うなぎの絶滅関係のニュースが出ると詳しい人が「うなぎ文の説明をする前にうなぎ自体の説明をしなきゃいけない時代が来るのか」みたいなことを言っているのを見かけたことがある方もいるかもしれません。英語だと「ロバ文 (donkey sentence)」辺りが有名ですかね。

赤とんぼとアクセント

 さて,「赤とんぼ文」といった用語や現象があるわけではないのですが,「赤とんぼ」という名前を聞くとアクセント研究のことが思い浮かびます。

 童謡「赤とんぼ」の冒頭部分の「赤とんぼ」のメロディーがかつての東京方言のアクセント(頭高型)を反映して最初の「あ」が高いパターンになっているという話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。検索してみたらWikipediaでも言及されていました。

ja.wikipedia.org

 私は音声・音韻はあまり詳しくないのでこの辺りの文献をいろいろ読んでいるわけではないのですが,以前の東京方言で5拍名詞に頭高型が多く「赤とんぼ」もそうだったこと,「赤とんぼ」がその調査語彙に含まれていることは事実です。たとえば,下記で紹介されている複数の調査でも実際に「赤とんぼ」が出てきています。

東京弁アクセントの変容

東京弁アクセントの変容

 ちなみに,いわゆる『アクセント辞典』の「アカトンボ」の項目では「(伝統 ア]カトンボ)」という頭高型に関する補足がありますが,

NHK日本語発音アクセント辞典 新版

NHK日本語発音アクセント辞典 新版

  • 作者: NHK放送文化研究所,日本放送協会放送文化研究所=
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 1998/04/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 4人 クリック: 62回
  • この商品を含むブログ (23件) を見る

2016年に刊行された『アクセント新辞典』の方ではその記述はなく,中高型(アカト]ンボ)のみが記載されています。

NHK日本語発音アクセント新辞典

NHK日本語発音アクセント新辞典

うなぎ文

 うなぎ文については妙に日本語特殊論に引きつけた言及がされることがあるので,何か少し解説でもと思っているうちにこれまたなかなか手が付けられずにいます。

 ある程度専門的に考えたい人は,ぜひ研究の出発点の1つである

「ボクハウナギダ」の文法―ダとノ

「ボクハウナギダ」の文法―ダとノ

を読んでみて下さい。記述や分析に初期の生成文法が用いられているのでとっつきにくいかもしれませんが,実はこの時点でかなり詳細な記述がなされています(日本語の研究者でさえ,この本自体は読んでないのではないかという人をたまに見かけます)。

 また,他の言語でも似たような現象はありそうだという点についても第2増補版では触れられています。この後いろいろ別の研究も出ていると思いますが,この本では英語,ドイツ語,フランス語,ポルトガル語,韓国語,中国語での可能性とさまざまな実例が紹介されています。

生き物の名前と言語学

 話を最初のポイントに戻すと,月並みな言い方ですが,言語学の話をするときに「○○という生き物が昔はいてね…」みたいな前置きはできるだけしたくないですね。

 ほかに似たような組み合わせは,と考えてみたところ「人魚構文」と「ジュゴン」というのを思いついたのですが,ちょっと強引すぎるでしょうか。

2018年度を振り返って

 2018年度は,3つの招待発表(関西言語学会,Morphology and Lexicon Forum,筑波大学応用言語学研究会)と日本英語学会シンポジウムでの発表があり,久しぶりにけっこう人前に顔を出したような気がします。あと久しぶりに海外での発表(Workshop on Altaic Formal Linguistics)もありました。これまで担当してきた中では一番自身の専門に近い「形態論特講」という博士課程の授業を担当するようにもなって,やってきたことを挙げてみると意外と研究に関することが多くてむしろ驚きがあります。

 その割にはあまり研究ができたという実感はなく,保育園のお迎えまでの時間とか,こどもが寝付いてから自分が寝落ちするまでとか,そういう安定していない時間をかきあつめてなんとか形にしたという感じです。

 体感的には,2018年度は新カリキュラムへの移行に関する様々な業務および調整と,学内学会の業務に追われていた印象しかありません。詳細はあまり思い出したくないので書かないことにしますが,2019年度以降もしばらくこの状況は続くでしょう。

 研究費がなかったのもけっこう厳しかったです。2018年度は科研費が1つもなく,いわゆる個人研究費は追加配分を合わせても15万円に届きませんでした。これは着任後一番低い額です。

 新しい年度に関する希望や楽しみは特にありません。防ぎきれない事故や事件,トラブル等ができるだけ少ないように祈るばかりです。

「高輪ゲートウェイ」とか新しい名称のはなし

 下記の記事のタイトルに「日本語学者」と入っていたので気になって読んでみたのですが,

少なくとも下記の記事の該当箇所を読む限りではことばの面から見て問題があるとはっきり言うのは意外と難しいのかもと思いました。ちなみに私自身は「高輪」や「芝浜」といったシンプルで使うのにそれほど支障がなさそうな候補があるのにもったいないと考えています。

一方、日本語学者の飯間さんは、こう指摘する。
「たとえば東京テレポートは海の上につくられた新しい街だが、高輪は江戸時代から古い歴史を持っている街。ゲートウェイがつくことで、高輪といえばゲートウェイになり、泉岳寺などを持つ伝統的な街が発展する可能性を失ってしまう」
「それに、多くの人が嫌だと思いながら使うことは非常に不幸なことです。事実上高輪と呼ばれるようになるという意見も多い。みんなが愛する駅にするべきではないでしょうか」
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/kirakira-gateway

 前者については,後ろの部分が主要部として認識されやすいという話にすれば理屈は分からなくはないのですが,「ゲートウェイ」が固有名詞ではないのでほんとに「高輪といえばゲートウェイ」になってしまうのかなあという気がします。こうやって話題になったので「あの物議を醸した(悪名高き)」という形では「高輪といえば」と言及されるようになるのかもしれませんが。後者については,「事実上「高輪」と呼ばれるようになるなら形式的には「高輪ゲートウェイ」でも良いよね」と開き直られちゃいそうと思ってしまいました。

 下記の提言も呼んでみたのですが,それほど上で言及した話に関する新しい情報はあまりなかったです。

cek.hatenablog.jp

新しい名称

 地域に関係する新しい名称を付ける場合はいろいろ難しい要因があり特に市町村名等で問題が起きていると思うのですが,この手の話を見かける度に,学部生の頃に日本語学の授業で担当教員が言っていた「「更級(さらしな)」と「埴科(はにしな)」を合わせて「更埴(こうしょく)」になっちゃうのは残念だよなあ」という指摘をいつも思い出します。

 こういうふうに語の形や音,表記が変わる場合は問題が分かりやすいと思うのですが,「高輪ゲートウェイ」には「高輪」がそのまま含まれているので,ことばの面から問題点が指摘するとなるともう少し手間が要るのかなという印象です。

若手(研究者)だった時に考えていた「若手の会」や学会のこと

 今年,40歳になります。

 科研費の「若手研究」における「若手」の定義は「39歳以下」から「博士の学位取得後8年未満」に変更されましたが,

www.jsps.go.jp

もうどちらの基準でも若手ではなくなります。というか,実はこの3月で博士号取得からちょうど10年になるなのでこんな記事を書こうかと思い立ちました。それ以外のいろいろな基準でも他の研究者からの印象としてもあまり「若手」ではなくなってきたという実感もあります(院生の頃から態度が偉そうと言われたことは何度かあります)。人文系の研究分野だと50や60になっても「若い」扱いされるというような話もあるのですがそれはおいておいて。

 ちなみに,いろいろ問題はあるでしょうが科研費のように年齢ではなく研究のキャリアによって「若手」の基準にするというのは良い考えだと思います。

 研究や教育に関することはTwitterなんかで多くの人が書いていると思うので,この記事では「若手の会」と学会のことについて少し書いて記録しておこうと思います。

 なお,私の専門分野は言語学で,ふだんはだいたい以下のようなことをやっている大学教員・研究者です。

dlit.hatenablog.com

「若手の会」の必要性と実現の難しさ

 さいきんはすっかり怠けてしまっているのですが,自然言語処理や哲学の若手研究者の方々との交流の中で,「言語学には「若手の会」」はないの?と聞かれたことが何度かあります。

 私は主に2つの理由から,言語学にも「若手の会」があった方が良いのではないかとしばらくの間考えていました。考えたり調べたりしている中でいろいろ難しさも出てきて実際ほとんど行動には移しませんでしたしそうこうしているうちに若手ではなくなりつつありますが,何かの参考になれば幸いです。

 なお,研究会とか研究者同士の交流が足りないというような話とは違って,「制度」「仕組み」「組織」が意外と重要なのではという話として読んでもらえると嬉しいです。

他分野との交流

 上に書いたように,他の研究分野で「若手の会」が存在しているところはいろいろあるようで,もし言語学にも「若手の会」があると,規模の大きな交流や,合同イベントの開催などがやりやすいように思います。

 他の分野の方から言われたことで印象に残っていることはいろいろあるのですが,「言語学の若手の研究者と話をしてみたいんだけどどこに行けば会えるのか」というのはその1つです。「学会に行けば」と思われるかもしれませんが,日本言語学会にだってみんな行くわけではありませんしね。今ならTwiterで探せばそれなりに出てきそうですが素性は明らかにしていない人も多いですし。

 それでも,個人,あるいは少人数のグループの交流はそれなりに実現できそうですが,ある分野に所属する若手研究者同士が広く交流できる場というのがあるとまた何か面白いこともあるのではないかと。

 また,分野の違う○○学会を同時開催というのは厳しそうですが,若手の会の研究イベントを複数の分野で同時開催というのはまだ現実味があるのではないでしょうか。それでもYANSなんかは規模が大きくて厳しいのかもしれませんが…

学会運営に関わって

 もう1つのきっかけは,はじめて学会の仕事に関わって総務や編集といった委員会や学会全体の運営に関わるやりとり,会議に参加したことです。

 あまり具体的なことは書けませんが,いくつかの問題・議論を通して「学会に対して,その学会に関わっている若手の意見や要望をある程度まとめて伝える仕組みや組織が必要なのでは」と感じたのですよね。

 中堅・ベテランの研究者の方々は「ふだんの指導や研究交流でいろいろ話は聞いているし,学会でアンケートなんかもやっているではないか」と思われるかもしれませんが,若手が主体的に意見や要望を集めたり議論したりするという点が重要なのではないかと思います。あと,そういう個人的なやりとりや情報収集も大事だとは思うのですが,個人対個人だとどうしても権力的なギャップの影響が大きそうで(それに自覚的でない研究者もそんなに少なくない気がしますし)。

 ただ,目的を考えると,これは「若手の会」を組織しなくても実現できるのかもしれません。

難しさ

 他の分野の方に話を聞いてみると,当たり前なのですが運営はなかなか大変なようで。

 院生もポスドクも若手教員もそれぞれ忙しく(それこそまさに学会運営などにも忙殺されたり),ある程度の規模の「若手の会」を立ち上げ運営するとなると何人の犠牲者が必要になるのか…若手の会の存在によってブラックな環境が強化されてしまうのはなんか本末転倒な気もします。

 あと,他の分野でもそうかもしれないのですが,「言語学」と言ってもかなりカバー範囲が広いのでどれぐらいの規模の組織が必要,あるいはできるのか見当もつかないということも考えました。

 上にも書いたように,ほとんど情報収集の段階でなかば諦めてしまったような話なのですが,いつか同じようなことを考えた人の参考になるようなことがあれば良いなと思います。といっても読み替えしてみるとほとんど具体的なことは書けてませんね。

学会

 ところで,ちょっと(国内)学会多すぎませんか…

 もちろん,現在の学会ができるまでの歴史的経緯についてはそれこそ学会の仕事を通しても色々話を聞きましたし,研究発表の場や研究論文掲載誌がたくさんあるのは素晴らしいことなのですが,若手研究者・教員だけでなく中堅・ベテランの研究者・教員の方々もかなり大変なように見えます。あといわゆる学内学会もごにょごにょ

 どうも話を聞いていると他の人文系の分野でも学会運営で若手が大変という話はいろいろあるみたいですね。

 なかなか学会を減らすなんてことはできないでしょうから,うまくメリットを生かしながら運営で対応(たとえば研究大会の同時開催とか)できると良いのでしょうけれど,今はもうみんな忙しすぎてとにかくルーティンをこなすだけで精一杯なのではないかと感じます。

 偉そうなことを言っておきながら,さいきん私自身いろいろいっぱいいっぱいでなかなか学会に参加できていません。残念です。

おわりに

 別にブログでなくても良いのですが,「今の属性や環境で考えたこと」を記録しておくというのはけっこう面白いし,自分にとっても良いことだと思います。数年前に書いた記事を読むと,新しく気付かされることや今では考えが変わったこともいろいろあります。

 その意味で,この記事は実は以下の記事の続編なのですね。次の機会は何になるのでしょうか。

dlit.hatenadiary.com

「理論言語学」と「生成文法」の関係に関するメモ

はじめに

 まず,この記事は専門外の方への概説というよりは自分用の整理という性質がふだんの記事より強いです。言語学にある程度触れたことがないと論点がよく分からないと思いますがちゃんと書くのはたいへんな内容なのでご容赦下さい。

 下記の記事の中では,「理論言語学」は明らかにいわゆる「(Chomskyanの/狭義の)生成文法」を指していて(もうちょっと正確に書くと生成言語学の中の生成統語論),「認知言語学」と対比されています。

lennonmccartney122620.hatenablog.com

言語学の研究をやっていても,こういう文章を読んで「認知言語学は“理論”言語学に含まれないのか」という疑問を持つ方は少なくないのではないでしょうか。

 実は,この記事の前提とされている他の記事の一番最後に

認知言語学も理論言語学の下位範疇の1つであるが,ここでは筆者の意図で敢えて認知言語学と理論言語学を分けている.
理論言語学と認知言語学の大まかな共通点と相違点 - まーじブログ

という注記がありますので,筆者は「認知言語学は理論言語学に含まれない」というように考えている訳ではないと思います。

この用語法はふつうなの?

 私もいちおう専門の1つに生成文法は必ず挙げますし,大学のサイトのプロフィールに「理論言語学」と書いてある人間なのですが,「理論言語学」という表現で「(狭義の)生成文法」を指すという使い方はけっこう見かけます。

 ちなみに,私が(日本で)自分の専門として「理論言語学」を掲げているのにはそれとは別の理由があるのですがめんどうなのでまた別の機会に書くことにします。

 ちょうどさいきん手に入れた衣畑智秀(編) (2019)『基礎日本語学』に「理論的研究とは?」 という章があって関連することが書かれていますので紹介しておきます。ちなみにこの本まだ隅から隅まで目を通したわけではないのですがおすすめです(山東功氏の日本語学史の概説が読める!)。

基礎日本語学

基礎日本語学

  • 作者: 衣畑智秀,大崎善治(ブックデザイン)
  • 出版社/メーカー: ひつじ書房
  • 発売日: 2019/02/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

言語を対象とする理論的研究,あるいは科学的な方法論に基づくアプローチは,広い意味では少なくとも19世紀の比較言語学にまでそのルーツをたどることができるが,現代的な意味での理論言語学はノーム・チョムスキーが1950年代に提唱した生成文法に始まると考えてよい。
(中略)
言語に対する理論的研究は(中略)音声研究から語用論研究まで,言語の共時的側面のすべてに関して行われている。また,何をもって理論的研究と言うかも難しい問題であるが,とりあえず,自然科学における方法論として確立している仮説検証の手法に従った研究が理論的研究であると考えておく。
(窪田悠介 (2019)「理論的研究とは?」『基礎日本語学』: 260)

さらに,次のページの囲み記事に補足があります。

 仮説検証の手法に従った研究だけを理論言語学と呼ぶことに抵抗のある読者もいるかと思う。たとえばこの規定では認知言語学研究の大半が理論言語学から外れてしまうが,果たしてそれでよいのか?本章では「理論的研究」というものをあえて狭く規定するが,これはあくまでも話を単純化するための便宜的なものと考えていただきたい。
(窪田悠介 (2019)「理論的研究とは?」『基礎日本語学』: 261)

 仮説検証法を採用しているかどうかを「理論言語学」を呼ぶかどうかの基準にするというのはここでも窪田氏が「便宜的」と断っているようにスタンダードな考え方というわけではないと思います。「理論言語学」が「生成文法」と結びつきやすいのは,どちらかというと研究史的な要因の方が大きいというのが私の印象です。

 ちなみに,窪田氏自身が主に研究で用いる理論は範疇文法 (Categorial Grammar)と呼ばれるもので,この引用部の辺りにもはっきり書かれているのですが,窪田氏本人は生成文法研究に対してかなり厳しい評価をしています。どのような問題点があるかについても具体的に述べられていますので,(広い意味で)理論言語学に興味がある方は読んでみて下さい。

私見

 ところで,私はこの「理論言語学」という表現で「(狭義の)生成文法」を指すという用語法は個人的にはあまり好きではありません。

 上の窪田氏の引用箇所でも触れられているように,「言語学」に限っても様々な理論があります。これは言語学の研究者なら言われなくてもそんなの分かってるよというところでしょうが,表現や用語の使い方でもそれを明示的に尊重するという立場を取りたいと考えています。といっても私も徹底できていないところはあるのですが…

 また,たとえ仮説検証の採用とか形式的 (formal)かどうかというような基準で分類しようとしても,では範疇文法や形式意味論の各種理論はどうするのかとか,「生成文法」で区切ったとしてもHPSG (Head-driven Phrase Structure Grammar)やLFG (Lexical Functional Grammar)は?という問題が出てきます。もう今はHPSGやLFGの研究者自身も「生成文法とは呼ばないでいいよ」などと思っていたりするかもしれませんが。

 上と同様の理由で,「現代言語学」や「統語論」という用語で断りなく「(狭義の)生成文法」を指すような用語法も好きではありません。中には文脈を踏まえると問題ないこともありますが,個人的には「生成文法の研究者ってなんか偉そう」なんて言われる理由の一端ではないかと疑っています。

 これは邪推かもしれませんが,私の交友が少なくキャリアも浅い研究者人生でも,「生成文法の研究者は他の言語理論に対してリスペクトがない」というようなことを言われたことは少なくなく,個人でできる範囲ではそういうことがないようにしたいですね。

おわりに

 理論/モデル/枠組み(framework)の使い分けやいわゆる「記述的研究」との関係についても何か書きたかったのですが,力尽きましたのでこの辺りでこの記事は終わりにします。突然ですが,内容にどれぐらい賛同するかはおいておいて,Haspelmathの"framework-free grammatical theory"という用語の使い方はよく考えられているなと思います。

www.academia.edu

 ところで,私見のところを読むと苦言のようにも読めてしまうのですが,あくまで私の方針ということにご注意下さい。一番上で言及したブログのように,言語学のいろいろなトピック,領域に関する情報がもっとwebに増えると良いなと思います。