誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

0で割る割り算の思い出

今でもよく覚えている0で割る割り算に関する体験談を記録も兼ねて書いておきます。いつか書く予定ではあったのですが、ここ数日Twitter(現X)で学校教育における0で割る割り算についての発言をいくつか見かけたので良い機会かなと思いました。特に何か論じるとか主張があるというわけではなく、単純に思い出話です。

先日書いたように高校は沖縄県立球陽高等学校の理数科というところの生徒でした。

文転?の思い出 - 誰がログ

これから書くのは確か高校2年か3年のできごとなので今から30年近く前ですね。なので細部はだいぶ忘れてしまっていますけれども、今でも印象に残っています。

ある数学の定期試験のわりと大きな問題で、いくつかのステップを踏んで最後の答えを出す前の計算が0で割る割り算になっている問題がありました。

結果から先に書くと、それは問題の内容が間違っていて出題した教員は意図してなかったものだったそうです。終了後にすぐ解説がありました。

この問題に対してどういう対応が取られたかというと「0で割ると正答は「不定」となる。出題が間違っていたが全員を正解にするというようなことはしない(間違った答えを正解にはできないので)」というものでした。

確か正答者はそれこそ0だったんじゃなかったかな。当時かなり数学が得意な同級生もいたので誰かが正答していても不思議ではないのですが、それならそれも記憶に残っていそうです。

ちなみに私は「0」と解答して間違いという扱いになりました。「0で割ることはできない」という確信はあったのですが「不定」という表現は知りませんでした。記述式の試験だったので今思えば回答欄かその側に「0では割れないと思います」とか書いておけば良さそうなものです。でもそういうことに機転が利く生徒ではありませんでしたね(今でもあやしい)。「0」という解答はダメそうだと思いつつ可能性があるとしたらこれくらいかなという気持ちで書いたのだったと思います。これも今振り返ると受験生っぽい思考法だという感じがします。

さてこんな扱いを受けた私でも「教科の内容(数学的な正確さ)を重視して変な譲歩をしない姿勢は信頼できるな」という印象を持ちました。私の周囲でも文句はあまりなく「うちの学校(の数学の教師陣)っぽい対応だ」という感じだったと記憶しています。もちろん私の知らないところではもっとネガティブな反応があったかもしれません。

先の記事にも書きましたけど私は数学の教員にはあまり悪い印象を持った記憶がなく、こういうエピソードが思い出になっているというのは自分が考えていたより幸せなことなのかもしれない、とTwitterなどで学校教育に関する話を目にするたびに思います。

今さら?個人サイトを作りました

はじめに

新たに個人サイトを作りました。

ttagawa-dlit.info

さいきんこういうニュースを定期的に見るようになりましたので今さら感があると思いますが、

むしろこういう状況だから作ろうかなと思ったというところがあります。

経緯と作った理由

元々別のドメインで個人サイトを持っていたのですが、ドメインの更新をミスって(期限の勘違い)なくなってしまいました。

しばらくは、このはてなブログとTwitterでwebでのつながりはほとんどカバーできているのでもう一度新しく作ることもないかなと思っていたのですけれど、研究に関する情報公開の場としてはなんとなくどちらも使いにくかったという感触がずっとありまして。Academia.eduにもResearchgateにもアカウント持ってるんですけどどちらも微妙に使いにくいということもあります。researchmapも所属先との連携の問題なんかがあってやっぱり使いにくい。

あとは、ブログやwebとの付き合い方について、下記のような記事に共感したというところもけっこう大きいです。

私の場合はweb上の拠点としての個人サイトがほしいなというくらいのまだぼんやりしている動機でとりあえず作ってみたという感じではありますけれども。プロフィールにweb上のアカウントまとめページも作ってみました。

ttagawa-dlit.info

Fediverseの考え方にも共感しているのですけれども、このサイトはまだうまくFediverseに接続できていません。

余談ですが、Twitter (X)の良くないところの1つに人が集まりすぎちゃうことがあると思うんです。東京に住んでるんですが、東京のつらさの要因の1つにも人が集まりすぎることにあると考えていて、似てるなと感じることがあります。もうちょっとうまく分散できないかなあ(そんなこと言うならお前が出て行けと言われたらつらいところですが)。

Googleに見つけてもらえなくても良い

さて、上にも少し書いたように、個人サイトがGoogleで見つからなく(見つけにくく)なっているという話はここ数年何度か見かけました。

でもよく考えたら私の場合、ブログやサイトをなんとかして収益とか仕事につなげたいというわけではないので、web検索で見つからなく(見つけにくく)てもそれほど大きな問題ではないのではと思うようになりました。webで自分から「こんなの作りました」って宣伝したいときとかにurlがあれば良い。

ただ、研究・教育に関する情報公開は大学教員としての社会貢献の側面もあると考えているので、検索で探している人もたどり着けるようにできる範囲でのことはしています。Googleにインデックスされたくないとかそういうわけではないのですね。webサイトを運営する上でSEOやPVの優先順位を高く設定していないという感じでしょうか。実際もうGoogle検索で出てくるようにはなっているようです。

このブログとの関係(今後の方針)

ブログに書くようなことは今後もこちらで書くことにしています。

その上で、こちらのブログに記事として載せていたものの一部は個人サイトに移行します。ためしに「ら抜き」の文献リストを移してみました。

ttagawa-dlit.info

このページでやっているように、元々あったブログの記事を消すことはしません。ただ更新は個人サイトの方に一本化します。記事にも必ず書くようにしますが参照する際などにはご注意ください。

Wordpressのブロックエディタは使いやすいので何か記事を書いてみたい気にもなるんですけどね。今のところはサイトの更新情報の投稿しかしていません。

おまけ:Wordpress雑感

この前の個人サイトではベタにhtmlを書いていたので個人的にWordpressを触るのは初です(仕事ではときどき関わるけれどサイト自体の設計とかはしない)。

自分で現代のCSSとかをまた勉強してデザインするのは大変なのでほかの方が作成したテーマを使っています。全体としてはすごく楽で自由度も高いなと思うのですけれど、少し戸惑うこともありました。

1点目は、画像(アイキャッチ画像など)を載せることがほぼ前提になったデザインや設定になっているものが多いことです。確かに適度に画像があった方が良いというのも分かるんですけどね。今や画像なんてさくっと生成できちゃうわけですが、自分のサイトに関しては(今のところ)そこまでしてぜんぶのページや記事に付けたいわけではないので。

2点目はAmazonなどの商品(本)の紹介です。アフィリエイトとの連携ではとても簡単に商品へのリンクをきれいに作成してくれる設定がどのテーマでも用意されているのですが、Amazonアソシエイトのアカウントが必要なんですよね。Amazonアソシエントのアカウントは少し前にアフィリエイトをやめたときに削除してしまいました。

dlit.hatenadiary.com

収益はいらないのに商品を紹介するためにまたアカウント作ってページや記事に「広告」と書くのもなんか変な気がするので、別の形の見せ方を考えています。単純なリンクでも良いのかもしれませんが、本は表紙を見てほしいということもありますので。この点についてははてなブログが使いやすいですね。

おわりに

ある程度作ってみて、やっぱりそれなりに自由度が高いのは良いなというのを実感しています。今後、重要な(宣伝したい)更新についてはこちらでもお知らせします。

グロスに関する授業(言語学)の資料を公開しました

言語学のいくつかの授業でグロスに関する回をやったので、その資料をまとめたものを個人サイトで公開しました。Google Slidesを埋め込んでいるので直接閲覧できますし、PowerPointとpdfのファイルもダウンロードできます。利用法などについても詳しくは下記ページをご覧ください。

こちらではまだ紹介していませんでしたが、こういう資料や情報の提供はブログだけだとやりにくいなと感じていたので、さいきん個人サイトを作っています。

個人サイト作成についてはブログとの関係とかいくつか書いておきたいことがあるのと、単純にまだもう少し整備したいところがあるので、こちらでの紹介はもう少し先になりそうです。もちろん、今できているところは完全にオープンです。

どちらかというと教員とか説明する人向けの資料ですので、独学したいという方はスライド内でも紹介している下地理則氏のサイトを見てみることをおすすめします。