誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

【ネタバレあり】「才能」や「趣味」から見るマンガ『さよなら私のクラマー』(後半)

前半のタイトルは「「親」や「指導者」から見るマンガ『さよなら私のクラマー』」でしたので,テーマは変わってしまっているのですが,同じ作品のレビューの前後半ということでお許しいただければ。

dlit.hatenadiary.com

なんか記事を書くために読み直すと,ついついそこから読み始めちゃうんですよね。しかも読み直すとまた書きたいことが出てきちゃって。と言っても今回の記事もおそらくすでに語り尽くされてきたような内容でしょうけれども。ちなみに以下が最新刊です。

「天才」と「凡人」

「天才」と「凡人」,「才能」と「努力」,スポーツに限らず,マンガに限らず,さまざまな物語で取り扱われてきたテーマですね。ごくさいきんのものだと,2021年1月号の『アフタヌーン』に掲載の『ブルーピリオド』でちょうど取り上げられていました。タイトルもまさに「【38筆目】才能と努力」となっています。

『さよなら私のクラマー』でも,折に触れて「天才」「凡人」「才能」がキーワードとして登場します

alu.jp

ただ,上で紹介したブルーピリオドでも出てくる「努力する(できる)のも才能」というようなフレーズは出てこなかったように記憶しています。

あとは「情熱がある者」とそうでない者の対比,対立というのも描かれていますね。前半でも少し触れたようにワラビーズに3年生がチームから出て行くという出来事が出てきます。また,あまり具体的には描かれていないんですが,栄泉船橋もチームの分裂があったのかなと思わせる描写がありますね(6巻 p.137とか)。あと個人だと,周防すみれの回想にも「ついていけない」と言われるシーンが描かれています(1巻 p.34)。「才能ある者」と「情熱がある者」は人としては重なっていることもあるので,見えにくいかもしれませんが,ちょっと別の話だと思います。他作品で有名どころだと,『SLAM DUNK』の赤木と(元)チームメイトの対立などでしょうか。

この作品には,「天才」「才能ある者」として扱われているプレーヤーはたくさん出てきます。恩田,周防,伊藤,国府,藤江(妹),…特に興蓮館戦では藤江姉妹と来栖未加に関するエピソードを中心に,「天才」と「凡人」がテーマとして取り上げられます。その展開自体はそんなに変わっているというわけではないのですが,私にとって印象的だったのが藤江宇海が妹の梅芽を評する時の次のセリフです(「使えるコマ」になかったので引用で)。

サッカー界には天才って呼ばれる奴はくさる程いる くさる程!!
私も天才 あんた(dlit注:来栖のこと)と梶も天才
私は凡百の天才だけど 梅芽は正真正銘一握りの天才だ
(『さよなら私のクラマー』9: 123,強調はdlit)

私も小学生〜大学とそこそこ長くテニスという1つの競技をしていましたのでなんかそういえばテニスもそうだったなって気がします(ちなみに私はプレーヤーとしては凡人中の凡人でした)。ほんと,スポーツ界って「天才」がたくさんいるんですよ。特にサッカー界は競技人口が多いですし関わる大人やメディアが多いのでそういうところ激しそうです。

これもさんざん語られてきた話だと思うんですが,そもそも「天才」が何を指すのかっていうのが多義的かつ曖昧なんですよね。基本にはパフォーマンスの高さというのがありそうですが,時には「早熟」と同義だったり。

で,私が気になるのは,「子供」のプレーヤーを「天才」に位置付ける「大人」の存在なんですね。指導者だったり,保護者だったり,メディアだったり。もちろん同世代のプレーヤーから憧れとともにそう呼ばれるということも少なくないのかもしれませんが。

この作品での「天才」たちは,孤独だったりはするものの,そこまで悲劇的な立ち位置には置かれません(いや,伊藤や国府は指導者に好かれないという過去のエピソードもあるんですが)。指導者も才能ある者をうまく導けるような人が多く登場します。

alu.jp

でも,この作品を読んでいると,「天才」と呼ばれたために無理をし(あるいはさせられ),「潰れて」しまったプレーヤーたちのことを考えずにはいられません。ほんと,子供のスポーツに関わる大人ってひでーのもたくさんいるんですよ。少年マンガで描くようなことではないのかもしれませんが。

最後に「努力」について少し書いておくと,さいきんのスポーツ漫画は「とにかくがむしゃらに練習して」結果を出すという展開が減ったなと思います。たとえば野球マンガの『MAJOR』でも主人公は途中までかなり無茶な練習をするタイプですが,途中から科学的なトレーニングの話が出てきます。サッカーマンガだと私が練習しすぎだろと思ったのは『ホイッスル!』の風祭将ですかね。

あと,この作品に限らず,練習しないけど才能のみで良いパフォーマンスを出すキャラもあまりいなくなってきているように思います。才能がある者もない者もみんな,理に適った練習をたくさんやっていて,そこがスタートライン。そういう意味で現実的にはなってきていますが,才能もなく努力を継続するのもあまり得意でない私みたいな人間には時につらく感じられることもあります。

プレーヤーの覚醒

スポーツマンガにおいてプレーヤーの「覚醒」というのは盛り上がる要素の1つですよね。「覚醒」と言っても,上の「才能」や「努力」の話と通じるところもあって,そのベースには積み重ねられた努力や理に適ったトレーニングがあることが多いんですが。

私自身のことではないんですが,少なくとも若いプレーヤーって本当に「覚醒」と呼びたくなる,急に成長するということがあるんですよ。これが試合中だったりすると特に心を揺さぶられますね。ちなみに,こういう「覚醒」はスポーツに限らず,音楽とか研究とかでもあると思うんですが。

私が一番印象的だったのが,越前佐和の成長です。その描かれ方から,頭脳的なプレーヤーとして頭角を現すかと思いきや,フィジカル面のすごさがクローズアップされるという。おそらく戦術理解が高いという面もパフォーマンスに影響しているとは思うのですが,そこの具体的な話はあまりないように思います。下記のコマにあるように,仰向けのまま飛び跳ねられるぐらいのフィジカル

alu.jp

で,私はキャラとしても越前がたぶん一番好きなんですが,読んでいて一番涙腺に来たのは白鳥綾の「覚醒」でした。理由はよく分からないんですが。

alu.jp

「趣味」の描写

この作品の面白いところは他にもいろいろあると思うのですが,最後に「趣味」の描写を取り上げておきたいと思います。

たとえば,「オタク系」の曽志崎緑(と安達太良アリス)。

alu.jp alu.jp

御徒町紀子のメタル(下記コマの一番左)。

alu.jp

ところでこだわりが感じられるのが越前佐和のホラー映画?趣味です。おそらく作中で明確な言及はないと思うんですが。下記にTシャツシリーズのコマを列挙しますが,Tシャツはほかのキャラについても色々「遊び」が見られるのに対して,越前についてはTシャツだけでなく部屋の描写も凝っているのでなんか気になってしまいます。

alu.jp

以下Tシャツシリーズ(なんで使えるコマにこんなにあるんだ)。

alu.jp alu.jp alu.jp alu.jp alu.jp alu.jp

そのほか

スポーツマンガとしてあと気になったことと言えば,メディア関係車がほとんど出てこないということでしょうか。スポーツジャーナリストやカメラマンが試合の解説役を担うなんてのは良くあるパターンだと思うのですが。

一応,今回用意していた内容については一通り書けましたが,また思いついたことなどあれば追加で何か書くかもしれません。

ラーメンズ小林賢太郎「引退」に寄せて

「パフォーマー」としては引退,創作活動は続けるとのことですが,パフォーマーとしても素晴らしくまた大好きでしたので,残念であり寂しいです。

株式会社トゥインクル・コーポレーション|小林賢太郎 芸能活動からの引退及び退所のお知らせ

偶然見ていた爆笑オンエアバトルで知って好きになったのですが,ラーメンズを見るためにオンエアバトルを毎回見ていた頃がなつかしいです。ずっと好き好き言いながら公演は1回しか見に行ったことがないんですが,圧倒されました。

「ラーメンズで言語学」も2までしか書けていなくて,このタイミングで3をすぐ出せたら良かったんですが,「次はこれ」っていうネタが決まっていたわけではないので難しいです(題材はたくさんあるんですが記事にする私の力量が…)。でもなんか考えます。

d.hatena.ne.jp

d.hatena.ne.jp

これからも動画などで見続けますが,たくさんの笑いをありがとう,ラーメンズ。

ちなみに,おすすめ動画の記事も書きましたので,多すぎてどれから見ようか迷うという方は参考になれば幸いです。

dlit.hatenablog.com

【ネタバレあり】「親」や「指導者」から見るマンガ『さよなら私のクラマー』(前半)

さいきん読んで面白かったので少し考えたことを整理しておきます。なんとなく読んでなかったのですが読んでなかったことを後悔しました。大人買いするマンガはたまにあるのですが,最新刊まで読んですぐにまた1巻が読みたくなったのは久しぶりです。

人によっては紹介ともレビューとも取れるかもしれませんが,基本的には自分の受けた印象や読んで出てきた思いを整理するものです。ほかのレビューや作品に関する情報等ろくに調べていませんので,すでにさんざん語られている内容ではないかと思います。

ちなみにサッカーは好きですが自分でちゃんとやったことはないです。ただ,以前フリースタイルフットボールをやっていたのでその時はサッカーやってる人との交流があったり,情報を調べたりということをそこそこやっていました。

追記(2020/12/02)

後半も書きました。

dlit.hatenadiary.com

はじめに

「熱狂」後の女子サッカーを描いていて,それに伴う独特のテーマ,たとえば「女子スポーツの扱い」,はあるのですが,展開や設定をパターンとしてみてみると実はスポーツマンガとしての「王道」なものが多いと思います。たとえば,部内トラブルにより上級生が離脱,才能ある1年生が弱小チームに集まる,無能に見えて実は有能な監督,新チーム始動直後に突然組まれる強豪チームとの練習試合(しかも全国一),…

しかし,そんなことどうでもよくなってしまうほど迫力のある描写とストーリーによって,ぐいぐい引き込まれる,非常に魅力的な作品です。この後ごちゃごちゃいろいろ書きますが,スポーツマンガに抵抗がなければ,サッカーのことをそんなに知らなくても楽しめると思います。戦術の話は分かったら面白いと思いますが,たぶんそこをぜんぶ流しで読んでも面白い。誉めてるように聞こえないかもしれませんが,これってなかなかすごいことだと思います。その点では『ヒカルの碁』を思い出しますね。

スポーツマンガでは動いている人の描き方が本当に重要でまた難しいと思うのですが,この作品では速さ(あるいは逆にゆったりした感じ),強さ,柔らかさ,なめらかさ,などが印象的に描かれていると思います。その視点からの見え方を描くのかと驚かされることもありますね。動きとともに重要な,表情の描き方も好きです。試合中の気付くか気付かないかぐらいの口元に浮かぶ笑みの表現とか。

さいきんのサッカーマンガでは『ブルーロック』,

サッカーに限らなければ『ワンダンス』が「動き」の描き方では特に好きなんですが,それぞれ違ったすごさがありますね。

ワンダンス(1) (アフタヌーンコミックス)

ワンダンス(1) (アフタヌーンコミックス)

  • 作者:珈琲
  • 発売日: 2019/05/23
  • メディア: Kindle版

ストーリーとしては,相手チームも含め多くの人の背景にも言及するのに,非常にテンポが良く感じられます。ただこれは私が単行本で読んだからということもあるのかもしれません。おそらく,必ずしも細かく描くだけではなく,断片的にしか描かないということもあるからだと思うのですれけども。たとえば,後でも少し触れますが,しばらくは深津監督の過去は印象的なシーン,コマが繰り返し挟み込まれるだけで,あまり具体的には語られません。

「敵」チームに魅力的なプレーヤーがたくさんいるのですが,「「女子サッカーに関わる者」としての仲間」としても描かれているように感じられるのが,「女子サッカー」をテーマにしているところに起因する独特さと言えるでしょうか。

言葉

職業柄,どんな作品を読む際もやはり言葉のことが気になってしまいますが,今回は言語学の専門的な話はしません。

まず全体を通しては,すごく「会話」「発話」をしているマンガだなという印象があります。読者には,印象的なセリフが多いと感じている人がけっこういるとすれば,はっきりと言葉を人に発しているシーンが多いからではないかなと思います。もちろん,心内発話の描写もあるんですけどね。

あと面白いのは,サッカーに関する用語の説明・補足が少ないんですよね。場合によってコマ外に説明が入ったり,登場人物が説明することもなくはないのですが,かなりサッカーを知っていないと知らない表現にも説明がないのが普通です。思いつくだけ適当に挙げても,クリーンシート,リトリート,クラッキ(『ファンタジスタ』では確か説明があったような),ファルソ・ヌエベ(一応「偽9番」と付記されているがそれで分かる人ならそもそも知ってそう),ゴラッソ,「バスを停める」,…「ゴラッソ」はさいきんスポーツニュースなどでもけっこう使われるようになったでしょうか。しかしほんとに読んでても解説ないんですよ。でも,たぶん,分からなくても上に書いたように楽しめます。

これはあまり深く考えたわけではないのですが,1つは検索することや,分からないことで話題になることをある程度見越しているのかなと思いました。それぞれの表現が知らなくても非常に印象的になるように使われていますし,むしろ説明しないことが良い効果を生んでいるまであるかも。

語彙もいろいろ気になるのがありますが,多いので割愛。たとえば,作中での「フットボール」と「サッカー」の使い分けとか調べてみると面白そうです。

あと,「ぐう」ってかなり市民権を得たのかなとか(これは曽志崎のキャラもあると思いますけど)。

alu.jp

指導者と親

自分が教員という職業で,またこどももいるために,さいきんマンガを読むと「指導者」や「親」の描かれ方が気になってしまいます。

この作品に出てくる指導者は魅力的で言葉も印象的な人物ばかりですが,監督がなんというか「見守る男性」ばかりなのはちょっと気になりました。浦川茜ほどのプレーヤー兼戦術家(コマの左にいる選手)がいるなら,

alu.jp

女性の監督,たとえば能美奈緒子の同期や先輩世代の選手で指導者になった人物,が1人ぐらいいても良さそうです(これから出てくるのかもしれませんが…)。これは「そう描くべきだ」とかそういう主張ではないんですが,もしかしたら,女子サッカー界の現状を描くとこういう構図になるということなのかもしれません。

ちなみに,能見奈緒子は指導者としては徹底的にサポート役として描かれていますね。日常の練習やトレーニングを見ているシーンが断片的には出てきますが,元世界トッププレーヤーなのに,その経験を活かしてアドバイスをするような場面は出てこないんですよね。もう色々な選手が「覚醒」しましたが,今後能美の指導者としての覚醒はあるんでしょうか。

一方で,能美は深津を揺さぶる,動かすという点では非常に重要な役割を担っていますね。13巻で登場する,深津を動かした能見の一言「あのコ達こそ日本女子サッカーの未来だ その未来をダメにするのは無責任で無関心なあんた達だ」

alu.jp

が表現上対になっているのは,たぶん1巻に出てくる深津の一言「女子サッカーに未来はあるのか?」で

alu.jp

これだけでも印象的なんですが,能美のセリフが向けられているのが「あんた達」と複数なのがポイントですね。指導者としてはこれは読んでいて「刺さる」一言ではないでしょうか。

ちなみに上にも少し書いたように,深津の葛藤そのものは,象徴的なシーンがちょっとずつ繰り返されるだけで意外と描かれていないのも面白いところです。事実関係については,高萩数央による補足がありましたが,内面的な描写はあまり出てこないんですよね。

あと,「女子」が付いていない「日本サッカー」全体への言及も出てきて,使い分けが面白いところです。

alu.jp

「女子」と「男子」というところで言うと,男子サッカーのメンバーも出てくるのですが,少なくともこの作中ではかなり脇役に徹している印象ですね。たとえば,バスケですが『DEAR BOYS』とは対照的だなと感じました。

また,スポーツマンガとしては,親や家族が競技に関わる描写が驚くほど少ないなと思いました(藤江家など家族もプレーヤーの場合を除く)。合宿のエピソードで登場する周防すみれの親など,登場人物としては出てきますが,競技に対する干渉がないのです。

スポーツマンガでは,たとえば親の反対というのも1つのよくあるトピックだと思うのですが,そういう描写は出てこないのですね。来栖未加なんかいわゆる「お嬢様」として描かれていますが,それでもサッカーをすることに反対があったというエピソードは出てきません。

全体として,これもスポーツマンガではよく扱われる「暴力」も出てこないんですよね。むりやり挙げるならラフプレーに関するエピソードが少しあるぐらい。過酷な練習のエピソードは出てきますが,「体罰」もない。ただ少年マンガということもあるからなのか,こういう描き方をするマンガというのはありますね。

おわりに

長すぎたので,ここで1回記事を切ります。後半は「天才と凡人」「趣味の描写」「プレーヤーの覚醒」などについてまとめる予定です(すでに下書きあり)。

2020年アメリカ大統領選雑感

ほぼ選挙結果は確定したと思いますし,webの雰囲気もだいぶ落ち着いたかなと思いますので,気は重いですが簡単に振り返っておきます。各種メディアやSNSでこの話題が減った(と感じられる)要因の1つとして新型コロナの感染状況の悪化がありそうなのがまた嫌な感じではあります。

事前の予想とトランプ氏の印象

私の事前の予想は,なんかこう選挙の動向がエンタメ的に報道され,候補者の趣味や「人柄」のようなものばかりがクローズアップされ(そういうのもあったっぽいですが),ネットでは政治や選挙に真剣に向き合おう的な論調のものが出てくるというようなもので,フェイクニュースや陰謀論がこんなに前面に出てきたというのはかなり予想外でした。多少はあるだろうと思っていましたが…

私は選挙に関してはバイデン氏が勝つと良いなと考えていました。下にも少し書きますが,私にはまずトランプ氏の特に排外主義的な言動や政策が支持できません。ただ,そういう個々の具体的な考え方やポリシーよりも私が最も懸念している(アメリカ大統領であり続けてほしくない)理由は,「(言動や考え方が)信頼できない」という点です。これは人柄とかそういう話ではなく,なんと言いましょうか,「予測不可能」なところです。

自分と考えが異なる人でも,その行動指針やポリシーが一貫していれば(それが表明されているとなお良い)どういう言動を取りそうかという点についてはある意味「信頼」できるのですが,トランプ氏はそういう人とは対極にあるように見えます。日本でトランプ氏を支持する人の理由の1つとして中国に対して強く出られるということがあるみたいですが,もし仮に今そのように評価できるとして,この先もそうだという信頼がおける人物なのでしょうか。個人的な利,控えめに言っても非常にローカルな利害関係などを理由にあっさり覆しそうというか,それならまだましで理由もよく分からず「やっぱやーめた」的な言動を取りそうな危うさが印象として強いのです。

「関係ない選挙」?

開票中やその後に日本語圏で「(日本に住んでいる)自分たちと関係のない選挙(なのにそんなに熱を上げてどうするの)」的な物言いをそこそこ見かけました。今の社会において日本にアメリカの大統領選の影響がまったくないと考えている人はさすがにいないでしょうから,それは置いておきます。文脈を考慮すると「もうちょっと落ち着け」という意味合いで発されたり,デマや誤情報へのカウンター的な発言の場合もあったように思います。

日本に住んでいる人には基本的にアメリカ大統領選の選挙権がないわけですから,結局は見守るぐらいしかできないというのはそうだと思うのですね。ただ,それを「関係ない」という表現で言ってしまうのには違和感があります。突き詰めると「関係がある/ない」の定義問題になってしまうのかもしれませんが。

私がバイデン氏を応援していたのは,トランプ氏が大統領になってから(そんなにたくさんいるわけではないのですが)アメリカに住んでいる友人や知人,特に大学関係者や研究者が大変だったという話をいろいろ聞いていたというのがまず大きいです。留学生の問題とか,ただでさえ不安定な「外国人」としてアメリカで暮らすことがさらに不安にさらされることとか。

院生の頃,1年弱アメリカの大学にvisitingしていたので,そこでお世話になった大学や地域のことが心配というのもあります。新型コロナウイルス感染症に対するトランプ大統領の向き合い方はとても感染をなんとかしてくれるようには思えません。

また,日本との関係ということで言うと,私の故郷の沖縄,特に基地問題にも必ず関係があるということもずっと気がかりでした。選挙期間中に「大統領+沖縄」でTwitterを検索すると,バイデン氏が勝ったら沖縄が侵略されるという論調の投稿ばかりで残念な気持ちになりましたが…

怪しい情報とリテラシー

日本ではおそらく開票開始後から大きく話題になり,また今でも尾を引いている「不正選挙」関係の怪しい情報については,最初に書いたようにここまで日本語圏でも盛り上がるとは思っていなかったので驚きました。

個人的にはそういう情報に対するカウンターのおかげでアメリカの制度や歴史等についていろいろ勉強になった側面もあったので,情報提供してくださった方々には感謝なのですが,残念なこともありました。それは,ふだんほかのトピックについては陰謀論やデマの危険さやリテラシーの重要さについて言及するような人たちの一部(少数です)に,「真偽不明だとしても拡散するには一呼吸置いた方が良い」ようなタイプの情報や投稿を特に注意喚起等の情報を付けずに流すという行動が見られたことです(時には肯定的な場合も)。

今回,フェイクニュースや陰謀論について「(日本語だけではダメで)英語で情報を探せることが重要」のような指摘を複数見ましたが,私の上記の体験からはそれだけでは済まなそうだと言えます。なぜなら,そういう行動を取った人の中には,その気になれば英語の原著論文や英語のニュースに当たることができる(実際に過去にそういう経験がある)ような人もいたからです。もちろん,一口に「英語」と言っても得意分野や苦手なトピックとがありますので,簡単には言えないのかもしれませんが。

ただ,少なくとも私のTLを中心とした観測範囲では,不正選挙やデマ,フェイクニュースにこだわり続ける人は見かけず(ミュートしている人は確認していないので除く),時間が経ってから「「不正がある」というのは言い過ぎだった」のような訂正をしている人もいました。

偉そうに書きましたが,私も,事前の情報がなくフェイクニュース,デマ,陰謀論といったものに出会った時に自力で気付く自信があるわけではありません。だからこそ「不正選挙」なんていかにもな文脈では慎重になったり必要があれば調べたりすることが重要なのではなかったでしょうか。少なくとも,これは私がニセ科学問題や懐疑論に触れて学んだことの1つです。

関連記事

dlit.hatenadiary.com

dlit.hatenadiary.com

またしばらく出勤日を減らします

今でも週の半分ぐらいしか大学には出ていなかったのですが(東京→つくば),COVID-19の感染状況がとても嫌な感じですので,またしばらく出勤日を減らすことを考えています。

私の担当科目はすべてオンラインなのですが,今年は(私にとっては)不幸なことに大学に出ないと難しい業務が思ったよりあり,完全リモートワークはけっこう厳しいです。あと研究室の本や資料をすべて家に持ち帰るのも難しいですし…(単純に置く場所がない)

仕事のやりくりが難しくなると思いますが,この状況では仕方ないですね。私より出勤や移動を減らすことが難しい仕事,状況の人はたくさんいると思うのでできる人がやれるところからやるのが重要かなと思います。

「対策」やワクチンについてはまたいろいろ話題になっていますが,私は「体調が悪い人がすぐに休めること」も重要なのではないかと思います。また「自身の体調に関わらず休みたい人がすぐに休めること」も重要ですよね。たとえば,自身の体調が悪くなくても,こどもとか家族の体調が悪い時にすぐに休めるという状況が望ましいでしょう。

おそらく多くの人が「言うのは簡単だけど…」と思うのではないでしょうか。そう,実際にやるのは難しいでしょう。「経済」が明らかに悪化している状況ではなおさらです。だからこそ,国や各地域の自治体によるサポートが必要だと思うのですが,実際にはどれぐらいのサポートがあって,どれぐらいの効果があったのでしょうか。

企業や組織自身の取り組みによって,休みやすい環境やリモートワークしやすい環境が増えているということはあると思います。私の所属組織(大学)でも,書類の取り扱い方が変わったりしてリモートワークの日は増やしやすくなりました。

ただ,もちろん組織の規模や性格にもよるのですが,切迫した状況で緊急避難的な意味があるとしても,従来のやり方を変えるというのは本来余裕のある時にしかなかなかできないものだというのが私の実感です。余裕がない組織でもそういうことができるようなサポートをするのも政治の役割の1つだと思うのですが,今のところ十分ではないのではないかと心配が募ります。

関連記事

dlit.hatenadiary.com