誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

ことば

「やさしい日本語」についてちょっとだけ

はじめに 下記の「やさしい日本語」に関するまとめが話題になっていて,Twitterでも少し関連することを書いたのですが,やはりこちらでも少し何か書いておくことにします。 togetter.com 東日本大震災の時にもそこそこ話題になったという印象があったのです…

『中動態の世界』の言語学的側面に関する雑感/違和感(文献紹介あり)

はじめに 私は言語学の研究者なのですが,「中動態」というキーワードにひかれて國分功一郎『中動態の世界 意志と責任の考古学』を読みました。気になった点について簡単に書いておきたいと思います(以下,「本書」と出てきた場合はこの本のことを指します…

野球の記事で使われていたラグビー由来の表現「ノーサイド」

ちょっと前に,ある分野で使われている表現の意味・用法が一般的に拡張される現象について少し書きました。 dlit.hatenadiary.com 球技で用いられる表現由来のものとしては圧倒的に野球が多いという印象だったのですが(他だと,たとえばサッカー由来の「イ…

赤とんぼとかうなぎとか(言語学の話)

いわゆる「赤とんぼ」の絶滅の危険性に関する記事を見る度に書こうと思いつつ,いつも通りなかなか手が付けられなかったのでごく簡単に。 webronza.asahi.com 言語学と生き物の名前 言語学では,ある言語現象を指す際に生き物の名前が使われることがあります…

「高輪ゲートウェイ」とか新しい名称のはなし

下記の記事のタイトルに「日本語学者」と入っていたので気になって読んでみたのですが, https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/kirakira-gateway 少なくとも下記の記事の該当箇所を読む限りではことばの面から見て問題があるとはっきり言うのは意外と難…

「理論言語学」と「生成文法」の関係に関するメモ

はじめに まず,この記事は専門外の方への概説というよりは自分用の整理という性質がふだんの記事より強いです。言語学にある程度触れたことがないと論点がよく分からないと思いますがちゃんと書くのはたいへんな内容なのでご容赦下さい。 下記の記事の中で…

麻雀用語と民間語源,あるいは電話のアイコンのはなし

一般化した麻雀用語 一般化した麻雀由来の表現が使われなくなりつつあるのかもしれない,そう思った最初のきっかけは授業で取り上げた例に出てきた正面に(座って)いる人を指す「トイメン」という表現を多くの学生が理解できないということに気付いたことだ…

叱るのは難しい(できるだけやりたくない)

叱り方/叱られ方 ちょっと前にNHKの下記の「叱られ方」に関するニュースが話題になっていましたが, www3.nhk.or.jp 大学がこういうことやるのか,と暗い気持ちになりました。もっとはっきり災害対策,護身術,緊急避難のノウハウのような感じでやるならま…

古典教育や国語教育に関する雑感

追記(2019/01/22) カリキュラムの話について少し補足を書きました。 dlit.hatenadiary.com はじめに いつも読んでいただいている方には今更だが,こういう内容を書く際には少し自分のことについて書いておいた方が良いだろう。 私は言語学・日本語学が専門…

短縮語として貴重な「増田」

なぜ「増田」? 下記の記事のはてなブックマークのコメントにも回答があるので書いて良いと思いますが,「アノニ“マスダ”イアリー」の途中を取って「ますだ」で漢字表記して「増田」というのが私の知っている語誌です。 anond.hatelabo.jp 日本語の短縮語 語…

3歳児のYouTubeからの言語習得と小笠原混合言語のあいさつ

3歳児のおやすみのあいさつ さいきんの我が家の3歳児の就寝時のあいさつが「おやすみバイバイまた見てね」になっています(私はこの後も起きることが多いため。寝室からの召喚はたまに発生)。 「バイバイ」の後に「また見てね」と続けるのは明らかにYouTube…

“man-spread” と「芝充」

はじめに 下記の記事,おもしろく読みました。私はふだんジェンダー言語学の文献も読むからなのか抵抗感無かったのですが,タイトルだけ見て読んでない,あるいは途中で読むのをやめてしまったような方もよければ最後の3段落は読んでみて下さい。 gendai.ism…

役割語(キャラクターとことばの結びつき)に関する簡単な読書案内

はじめに 今回の記事の直接のきっかけは下記のまとめへの反応を見たことですが,この話題は定期的に上がってきているような気がしますので,簡単に書いておきます。 togetter.com 基本 この手の話題に対する反応の中に「役割語」というキーワードがだんだん…

IDコールや「いいね」の廃止とコミュニケーション(の研究)

はてなブックマークのIDコール廃止(決定)のニュースとTwitterが「いいね」の廃止を検討しているというニュースを同日に見たので少しメモしておこうと思う。 bookmark.hatenastaff.com corriente.top CMC研究とサービスや機能の変遷 こういう機能と「コンピ…

猫に呼ばれるなら「ニンゲン-さん」「ニンゲン-ちゃん」どっちがいい?

あまり下記のまとめの本題とは関係ないんですけど,仮に猫に「ニンゲン」て呼びかけられたと想像してみてください。この表現自体になんか違和感がないでしょうか。 togetter.com その違和感の要因の1つに「-さん」や「-ちゃん」が付いていないことがあるので…

「(属性)は(属性)」タイトルの解釈

最初に謝っておきますが,解説記事ではありません。下記の記事を読んで気になったのですが, kido-ari.hatenablog.com この「(属性)は(属性)」タイプのタイトルの解釈ってどうなってるんでしょうか。 私が知っている作品はそれほど多くないのですが,解…

スターやお気に入りの使い方とコミュニケーションについてちょっとだけ

はじめに これまでブコメでIDコールをもらった時は,1) IDコール付きでそのままブコメに追記するかメタブで返事,2) 返信が長くなる場合はブログに新しく記事として書く,3) 返信が難しい,時間がかかりそうな場合はとりあえずスターを付けておく(そのまま…

「全員野球(内閣)」と野球を使ったたとえについてちょっとだけ

下記のような記事を読む度に思うのですが,こういう非常に広範な人(今回は国民全員のはず…)をターゲットにしている文脈で野球をたとえとして使うのってどうなんでしょうか。これってけっこう古い感覚なのではないかと考えています。 mainichi.jp ある特定…

野球関係?の表現についてちょっと補足

祝西武優勝 というわけでid:rosechildさんのブコメに少しだけお返事です。 dlit.hatenadiary.com ヒロイン=ヒーローインタビュー、は野球独特のclippingでしょうか。他のスポーツなんかでもいうのかな。打線がホカホカとかは微妙?冷え冷えはオノマトペかも…

野球独特の用法の偏りがあるオノマトペ

「ピシャリ」 野球ニュースによく触れている人ならかなり特定の場面が思い浮かぶのではないでしょうか。かなり場面限定的ではないかと思います。共起する述語は「抑える」,体言止めもけっこう見ますかね(「3人でピシャリ」)。実際には「起用法がピシャリ…

事象名詞としての「全裸」

Yahooマップのアプリに備わっている防犯マップ機能を使ってみて気になったのですが,下記のように「全裸が発生しました」という表現が現れることがあります。 警視庁によると、14日午前0時10分ごろ、品川区小山台2丁目の公園内で若い男性による全裸が…

呪文名を中心としたDQ語の時代区分の提案とRPG語研究の特性に関するノート

FC版DQ3発売30周年を祝して,私が細々と続けている呪文名・魔法名の言語学(形態論)的研究のネタ論文(研究ノート)を公開します。以前書いたメモを発見したのでそれにちょっと手を加えてまとめることにしました。 過去の研究については,下記の記事をご覧…

現代日本語の表現の意味・用法を調べる時にとりあえず当たってみる本のおすすめ

はじめに この記事では,現代日本語(共通語)の特定の形式の意味・用法を調べる必要が出てきた(例:「明日休講だっけ」の「っけ」の意味・用法が知りたい)時に,手っ取り早く調べることが可能で,それでもある程度はしっかりした記述がなされている本を紹…

「パワーワード」の文法的特徴と使用条件

はじめに こういうネタについて書くのはいつぶりかな。もしかしたら「激おこぷんぷん丸」(ATOKの推測変換候補ですぐ出てきた…)以来かもしれません。 「激おこぷんぷん丸」の形態的分析試案 - 思索の海 さいきんいわゆるネットスラング的な表現である「パワ…

日本語は特殊な言語である(かどうかWALS Onlineを使って調べてみよう)

はじめに 「日本語は特殊な言語である」系のお話には時々反応していて,下記のように記事にしたこともあるのですが, 日本語特殊論絡みで少しだけ - 思索の海 オノマトペと「日本語の脳」に関する日本語特殊論 - dlitの殴り書き 「言語を比べるのはなかなか…

「ら抜き」の記事に関してnano_hさんにおこたえ

おこたえというほどのものではないのですが、言及していただいたので私の記事について補足というか少し裏話的なものを。 便乗ではなく後出しじゃんけん - 柚の管理記録 上記記事にもリンクがありますが、私が書いたものはこちら 2017/1/13日付毎日新聞論点「…

2017/1/13日付毎日新聞論点「「ら抜き」言葉、多数派に」の記事に便乗してことばの規範性の話

下記の毎日の記事は、複数の立場からの見解を丁寧に載せていて良い記事であると感じました。以前からこの手のことばの規範性の問題については定期的に書き散らしてきましたので、今回も以前の記事の宣伝などしてみます。 論点「「ら抜き」言葉、多数派に」 …

日本語の「ん」の音の話と

下記のまとめとその反応を見てちょっと気になったので。 ドイツ人の日本語の「ん」の聞こえ方は3通りある⁉ - Togetter 日本語学概論で音声・音韻の話が入っていればかなりの確率で出てくる話だと思いますし、言語学概論で音素や異音の話の時に例として触れら…

ラーメンズで言語学(2):「熱が出ちゃって」「どこから?」述語と項のお話

ブログ開設10周年記念エントリの第二弾です。第一弾はこちら dlit.hatenadiary.com 結局2016年内には書けませんでしたが、一応ブログ開設日には間に合ったということで。 ちなみにラーメンズで言語学の第一弾は dlit.hatenadiary.com 5年以上前ですね…まあこ…

(スランプ?)専門家として何をどこまでどんな調子で書くか

最近、こちらになかなか書けていません。そもそも特に理由がなくても平気で半年ぐらいほったらかしにするブログではあるのですが… 別館やついったーを見ている方は「やっぱり育児大変なのね」とお思いになるかもしれませんが、主な理由は仕事量の増加です。…