誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

クーラーを逃がす

沖縄に,「クーラーが逃げる」という言い方があります。「エアコン(冷房)の冷気が逃げる」ということで,私の体験では部屋の扉や窓が開いている時に「クーラーが逃げるから早く閉めなさい」のように使うことが多かったと思います(余談ですがこの「なさい」も共通語より柔らかい感じで使える気がします)。あまり詳しくないのですがこれはメトニミーと分析して良いのでしょうか。

webでも言及している人が多いので,沖縄出身でなくても知っている人はけっこういるかもしれません。下記のような本でも取り上げられているようです。

昨日,沖縄の実家と電話をしていて,COVID-19の対応のためなのかエアコンが入っていなくて暑かったイベントの話を聞きました。詳細は調べてみないと分からないのですが,おそらく換気を十分にすると「クーラーが逃げる」ということがあったのではないかと思います。

主にマスク関連で熱中症の心配がけっこう話題になっていますが,「窓を開けるからエアコンは使わない」という判断は沖縄に限らず選択されることがありそうです。

すでにNHKで下記のような記事が出ていますが,多少(あるいはたくさん)「クーラーを逃がす」ことになったとしても,エアコンは十分に使ってほしいです。

www3.nhk.or.jp

熱中症の怖さや対策についてはもう散々いろいろなところで説明されていると思いますが,今回は特にあの「気付けなさ」が怖いです。COVID-19への対応で無理をしている人も多いでしょうから,子供や高齢者だけでなく多くの人にとって重要な健康管理のトピックなのではないでしょうか。

ここ数年「夏に関東から沖縄に帰省すると避暑になる」ということをなかばネタにしていましたが,室内の暑さに関して言うとほんと関東の方が危ないと感じます。

学部生が買わなくて良い専門書はあるか(ある)

下記のまとめとその反応を見ていると,大学の授業の教科書に触れている人もいるけれど,どちらかというと小説とかいわゆる自己啓発本に言及している人が多いようだ。

togetter.com

ここでは,学部生が専門書(教科書や入門書を含む)を買うことについて考えたことを少し書いておく。大学院生なら迷うことはあるにしても,買わなくて良いかどうかの判断基準や迷った時にどうするかという手段は持っているだろう。

いつもいろいろな話題で書いていることだけれども,おそらく専門分野やテーマ,トピックによって事情がけっこう違うのではないかと思うのであくまで参考程度ということで。あとこの話題については研究者や教員によっても考え方が様々かもしれない。また,下記にたびたび出てくる「ダメ」の基準を具体的に書くのは大変すぎたのでわざと書いていない。あと,これもまたさいきん話題になっていた「授業で買わされる教科書」についても言及しようかと思ったけれども書き方が難しかったのと長くなりすぎそうだったので割愛した。

買わなくて良い専門書はある

まずタイトルの問いについて端的に答えると,(学部生が)買わなくて良い専門書はある。1. 内容に重大な誤りが含まれていて,2. それより良い内容の本がある場合,その本は買わなくて良いだろう。

そもそも内容がしっかりしたものしか「専門書」とは呼ばないという考え方もあるかもしれないけれども,「専門的なトピックについて論じている本」ぐらいの条件で見ると,内容に重大な誤りが含まれている本というのはそれほど珍しいものでもない(もちろん「重大」をどれぐらいの基準にするかにもよる)。専門的な知識や技術が身に付けば怪しい本の「怪しさ」が自分でもある程度判断できるようになるけれども,そうでない時期の貴重な時間をほんとうにダメな本に取られるのはもったいないように思う(これは単に私が貧乏性だからかもしれない)。

では何を参考にするか

大学であれば,授業で提供される推薦書のリストが基本的におすすめ。特に学部生向けのものは教員も吟味・厳選することが多いと思う(ただし担当教員が専門的に見て問題ありというトラップはある)。さいきんはwebシラバスが整備されてオープンになっていることもあるので,自分の所属先にはないタイプの授業や気になっている研究者の授業でどんな本が推薦されているかも見られる。良い時代だ。

webにおすすめの専門書に関する情報を提供している研究者や大学教員もだいぶ多くなったと思う。たとえば言語学だと松浦年男氏のリスト。

researchmap.jp

私も時々ここで読書案内を書くことがある。書くきっかけがいろいろなので基準がばらばらだが。

dlit.hatenadiary.com

自分の興味のあることについて,こういうリストのさらにまとめがある場合はラッキーだ。言語学関係ではないが下記のものなど。

kkawasee.hatenablog.com

ダメな専門書を読むのは良い経験か?

本を買う資金を気にしなくて良く読む時間がいくらでもあるという人は何でも買って読んでみるというやり方もありかもしれない。でも学部生はどちらかについて(あるいはどちらも)厳しい人が多いと思うので,できれば専門的な基準から見てしっかりした内容の本に優先的に触れてほしいと思う。

専門書に限らないかもしれないが,値段の高さと内容の確かさに相関があるとは言えないので,特に高価な専門書については慎重になって良いだろう。私が授業などで読書案内をする場合は,値段や手に入れやすさにもできるだけ言及することにしている。

確かにダメな専門書を読むことが良い経験になることもあるかもしれないが,初学者が独学で読む場合にはそんなに期待できないのではないかと思う。ある程度自分に専門的な知識や技術が付いた段階で批判のトレーニング対象にするとか,そのダメさが判断できる人が参加している読書会で検討するといったケースなら良いかもしれない。さいきんならTwitterやブログに感想を書いたり,評価を投げたりすると詳しい人からアドバイスがもらえることもあるだろう。

ただし,テーマやトピックによっては,問題がいろいろあってもほとんど本の選択肢がない(むしろ本があるだけありがたい)ということもある。勉強していて,自分が調べたいことについてちょうど良いガイドになる本がないという体験をすると,本のありがたさがまた実感できるだろう。さいきんならwebに良いガイドがあるということもあるけれど,webの情報は良く言って玉石混淆なのであくまでも1つの手段と割り切っておいた方が良いのではないか。

買わなくて良い専門書と読まなくて良い専門書は違う

買わなくて良い専門書と読まなくて良い専門書が必ずしも重なるとは限らない。一般的な基準で言うと買わなくて良い(かつ読まなくて良い)専門書でも,特定のトピックについて論じる場合,特に論文を書くような場合には読まなくてはならないということもある。なので,分野にもよるだろうけれども大学院生やプロの研究者・大学教員は「ダメな」本でもけっこう買って持っていたりする。

専門書とは言えないだろうし極端なケースだけれども,下記の「水からの伝言」の批判を書いた時には江本氏の著書を購入した。

dlit.hatenadiary.com

また,これも私が批判を書いている金谷武洋氏の著作は「買わなくても良い専門書」だと思うけれども,日本語研究における「主語」概念の取り扱いをまとめる場合は言及しておいた方が良いのかもしれない。

dlit.hatenadiary.com

ダメな専門書は上にも書いたとおり,詳しい人によるガイドがあれば良い勉強の題材になることもある。私が学部生の時に実際ある概説書の誤りを指摘するのが中心の授業というのがあって面白かったし勉強になった。

良い本がすぐ読めるとは限らない

最後についでに書いておくと,専門的に見て良い本であっても,すぐに読めるとは限らない。いわゆる研究書ならさまざまな前提となる専門知識が必要となることがほとんどだし,「入門書」という名前が付いているものでも別の「入門書」を勉強してからの方が良いことも珍しくない。さいきんは体感だと「それ自身に入門書が必要な入門書」の割合は減ったような気がするし,親切な読書ガイドが付いているものも増えたような気がするので良い世界になってきたと思う。webにも良いガイドが落ちていることがある。

学問にはもっと厳しい環境で臨むべきだと言う人もいるかもしれないけれども,良いガイドがあっても実際に読んだり勉強したりするのは大変なのが専門書なので,専門家の方々の読書ガイドがこれからも増えてくれると嬉しい。専門家の方々には,研究が進んで研究成果が蓄積されていくにつれて学生というか後進の人たちが勉強しなければならないことはどんどん増えるという事情も考慮してもらえるとありがたい。

追記(2020/06/13)

書き忘れていたことがあった。

専門書のタイトルと内容

専門書はタイトルから予測した内容と実際の内容が合わないことが珍しくない。これにはさまざまなケースがあって,専門的な知識や専門用語の不足により起こることもあるのだけれど,専門家でも判断が難しいことがあるので,事前に少なくとも目次だけでも確認した方が良い。さいきんは目次は出版社のサイトで公開されていることがほとんどだろうし,和書であっても本の一部を公開するということも増えてきた気がする(洋書はかなりの部分公開されていることもある)。

はてブコメントでも指摘があるように,図書館で内容が確認できるのがベストなのだけれど今はそれも難しい状況だし,そうでなくても図書館に所蔵がないということもある。大学図書館なら,時間があれば他の図書館から(複写の)取り寄せができることもあるし,教員に持っていないか聞いてみるという手もあるが,慣れるまではハードルが高いかもしれない。

6月1日,雨,緊急事態宣言解除後

時々書いているように雨の日は好きなのだが,今日はそれほど浮ついた気持ちにはならない。

東京も緊急事態宣言が解除され(こう言えるってことはやっぱり「宣言」だけどアスペクト的に「維持」っぽい扱い?),生活のいろいろなところに変化が見られる。「変化」と言ってもどちらかというと元の生活に近づいていると思うのだが,もはやCOVID-19問題以前にどういう生活をしていたのかよく思い出せない。それほどの衝撃だったということだろうか。

ところで,結局これの通称は(日本語では)「COVID-19」よりも「新型コロナ」かもっと短縮して「コロナ」に落ち着いてきたような気がする。

まず,保育園への登園の制限が緩和された。うちでも平日すべてというわけではないが,数日は預かってもらうことにした。ワンオペ育児日が1日減るだけでとてつもなくありがたく思える。もちろん感染の(再)拡大は心配なのだけれども,このままだと生活が立ちゆかないと思う。すでに限界をこえているという家庭も多いのではないか。

住んでいるマンションの共用施設も基本的に使えるようになった。こちらはそれほどないと困るというものはなかったのだけれど,やはり使えると便利。

スタバの店内使用が再開したのは,自分にとってはインパクトがあった。あまりニュースとかでは見なかった気がするのだが,私の観測範囲では,商品の提供方法の変更,店内のスペースや席の使い方,そして完全休業と,あらゆる対策において実行するのが最も早かった飲食系の1つではないかと思う。ただまだ店内利用するかは躊躇する。持ち帰りできるだけでもいろいろ助かる。

ここ1ヶ月ぐらい,自転車で走っていると自転車に乗っている人が増えたんじゃないかなと思うことがよくあった。公共交通機関を避ける人が乗っているとかそういうことだろうか。ランナーが増えたのと一緒で運動のためということなのかもしれない。駐輪場の契約を5月末で更新しなければないのをすっかり忘れていたが,事なきを得た。やはりタスク管理サービスは偉大。

今日気付いたところだと,近所はコンビニの店内に設置されているゴミ箱の使用がまた可能になったようだ。先週まではずっと使用できなかった気がする。

今後もこれで収まるということはまずなく,また厳しい状態になることは何度もあるのだろう(できるだけ少ないと嬉しい)。

自分の気持ちも状況もなかなか整理しきれないところがあるのだけれど,確実に言えるのは,3月末〜5月は地獄であったということである。あれをまたもう1ヶ月繰り返せと言われるとできる自信はない。

なんとか乗り越えられたように思える/見える人も,相当のダメージを負っているのではないかと思う。緊張状態というか,一種の「ハイ」な状態で気付いていなかったりということもあるのではないだろうか。

次(と言っていいのか分からないけれども)が来た時に致命的なダメージにならないようにしなければならないのだろうとは考えるのだけれど,個人でできることにはやはり限界があるというのを思い知らされる日々だ。

思いつくままに書いてみて,「終わったわけではない」と自分に言い聞かせつつも「もう終わりになってほしい」と思っている自分に気付いた。

「ら抜き」の文献情報の記事は移動しました(はてなグループ廃止のため)

次の記事を見ていて思い出したのですが(個人的には「ら抜き」が今ここまで話題になったのに驚きました),

togetter.com

以前書いてその後も少しアップデートしていた「ら抜き」に関する(断片的な)文献情報をまとめた記事は次のurlに変更になっています。

dlit.hatenadiary.com

これは元々ははてなグループの日記にあったものなのですが,はてなグループ廃止に伴いこのブログに移動させました。

dlit.hatenadiary.com

記事に付いたコメントは残っているのですが,この記事に付いていたはてブはインポートできなかったので,結果として埋もれるような形になってしまいました。

この話題に気になっている人の何かの参考になれば幸いです。

大学の(授業の)オンライン化+保育園休園で1ヶ月

筑波大学は4/27日にオンラインでの授業が始まりましたので,そろそろ1ヶ月経ちます。

私が住んでいるところ(東京)はずっと保育園が休園なので週の半分は育児という感じです。

やっぱり時間がないのが一番の問題です。
今日は私が育児担当日なのですが,授業はあるので朝方までオンデマンド授業の準備をしていました。明日も授業があるので,今日の育児が終わったらまた授業準備です。もう少し時間が取れる曜日もありますが,基本的にはこんな感じの毎日です。

こどもがディズニーアニメなどを視聴している時間にちょっとした作業ができることはあるのですが…と書いていたら,今日は一緒に見たかったらしく,これを書いている途中でやめて数時間経って続きを書いています。

授業はすべてライブ配信ではなくオンデマンドでやることにしたのは時間割通りに配信できなそうだなという予測があったからなのですが,実際厳しいです。がんばって調整すれば一部なんとかなるものもありそうですが…ちなみに明日は非常勤の授業でライブ配信型の授業をやる予定です(これは先方の事情で授業スタイルが元々指定されていたので調整済み)。

この厳しさにさらに追い打ちをかけているのが,振替授業です。 筑波大学では,夏休み前までの授業時間を確保するために,すべての土曜日でどれかの曜日の振替授業が行われるスケジュールになっています。私は月,火,金に授業があるので,実質的に土曜日もほぼ毎週授業があります。

さいきんだと土曜日に授業をやること自体はそれほど珍しくないと思うのですが,厳しいのは振替だということなんですよね。土曜日に月曜や火曜の授業があると,次の授業日がすぐ来てしまいますし,金曜日の振替が入ると2日連続で同じ授業です。授業準備が大変なのはもちろんのこと,課題間のつながりや期限の設定が難しかったりします。

私の授業はそもそも対面でやっている時から授業時間内に何らかの課題をやるスタイルが多かったので,課題の設定自体はそれをほぼ移行するだけで良いのですが,その分「今回は大変そうだからやめることにしよう」とはできないものもあり,調整が難しいケースも出てきています。特に今後来る金曜授業2日連続はどうしようか迷いますね。

パートナーも大学教員なので保育園の送り迎え等である程度授業日の調整はしていたのですが,さすがにここまでの事態に対応できるようなパターンにはなっていませんでした。時期的にもう変更が無理なタイミングでこんな状況になりましたしね。ただそもそも私の担当科目のうち多くを占める日本語文章表現系の授業は必修科目が多く,ほぼ時間割が固定で私の希望ぐらいでは動かせないという事情もあります。

関連

dlit.hatenadiary.com