誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

最近の小説読み

 そういえば、『邪魅の雫』が文庫化されたので手に入れて、ようやく読み終わった。

文庫版 邪魅の雫 (講談社文庫)

文庫版 邪魅の雫 (講談社文庫)

 まあ楽しめたけどそれほどはまらなかった。自分の慣れというか期待の大きさ、みたいなのもあるのかなあ。
 どっちが面白いという比較は難しいのだけれど、何回も読めるという点では巷説百物語のシリーズの方が好きな気がする。もう何周もしてしまっている。
 これも比較は難しいけれど、一気に読み切ってしまった、という点では最近読んだものの中では横山秀夫の『ルパンの消息』の方がはまった気がする。
ルパンの消息 (光文社文庫)

ルパンの消息 (光文社文庫)

やっぱりというか荒削りな感じ(特に終盤の展開)はあったけれど、横山秀夫っぽくて良かった。また色々読み返すかな。
 あと、貴志祐介の『新世界より』が未読なことを思い出した。読みたい。
新世界より (上)

新世界より (上)

新世界より (下)

新世界より (下)

 『硝子のハンマー』のシリーズ化も気になるところだけれど(確かあとがきにそんな話が載ってたはず)、また貴志裕介のホラーが読んでみたい。もうホラー色が強いものは書かないのかな。
硝子のハンマー (角川文庫)

硝子のハンマー (角川文庫)