誰がログ

歯切れが悪いのは仕様です。

呪文名研究シリーズの「ヒャダイン」についての論考が出ます(紙で)

 以前ここで書いた「ドラゴンクエスト」呪文名の研究シリーズ

の第二弾となる、

  • 「「ヒャダイン」の消失についての形態論的一考察」

と題した論考をSJLL (Semiannual Journal of Languages and Linguistics)という雑誌に投稿しました(このタイトルの元ネタが何かについても書いてあります)。
 SJLLについては

Semiannual Journal of Languages and Linguistics(略称:SJLL)は、 Twitter Free University Pressから出版されている架空の論文誌です。(実態はTwitter上の言語クラスタが集まっていろいろ好き勝手書く合同同人誌です)
2013年夏コミ(コミックマーケット84 2日目 東地区“Q”ブロック−51aへ委託予定)にて創刊号を発売する予定です。
SJLL: Semiannual Journal of Languages and Linguistics - TwiFULL (Twitter自由言語大学) まとめサイト - アットウィキ

とのことです。
 僕自身は現状、夏コミに参加するのは大変厳しいスケジュールなのですが、結構貴重な論考も色々含まれるものになるようですので、参加される方は気にかけていただけると嬉しいです。
 今後も目次などの詳しい情報が出ましたら告知いたします。

追記(2013/07/22)

 掲載予定のタイトルについてはこちらに出ていました(僕はぎりぎりに出したので載ってません 現在は僕のタイトルも出ています)。